主婦をしながら副業ライターをしている人に インタビューしてみた

主婦業をしながら 副業ライターをしている人に インタビューしてみた
副業

こんにちは、タロウ(@syuty)です。

副業インタビュー第2弾!今回は僕がお仕事でお世話になっているライターさんにインタビューしてみました。

アフィリエイトやメディアサイトなど、有名無名問わずいろんなライターさんがいますが、その実態はよくわからん!という方も結構いるのではないでしょうか?一応僕自身もライター業をやっていますがあくまで業務の一部なんで、よくわからない部分もあったりします。

ということで今回は、

知ってるようで知らないライター業

について根掘り葉掘り聞いてみました!

今回、インタビューにご協力いただいた方のプロフィールです。

Sさん専業主婦をしながら、ウェブ上でライター業をしている。

きっかけは文章を書くことが好きなのと、家族の助言

タロウ本日はよろしくお願いします。

Sさんこちらこそよろしくお願いします。

タロウまずは、ライター業を始めたきっかけを聞いてもいいでしょうか?

Sさんはい。本当はパートに出ようと考えていたのですが、子供が病気がちなことが重なりパートに出るのは物理的に無理だと判断しました。
でも、収入が少しでも欲しいと思った時に主人に「文章書くのが得意なら内職とかライターやってみれば。TVで特集やってたよ。」と主人に教えてもらって、その時にクラウドワークスを同時に知りました。
「家で出来る仕事なら」とライターをしてみようとチャレンジしたのがきっかけです。

タロウご家族の方から助言があったんですね!
もともと文章書くのが得意だったとのことですが、以前もそのような仕事をしていたのですか?

Sさんいいえ、そういった仕事にチャレンジするのは初めてでした。
ただ、本を読むのが好きなことと、昔から文章を書くのはとても好きでしたし得意な方であると自分でも感じていました。書いてても全く苦痛に思ったりしなかったので、そういった事が好きだったのも始めたきっかけのひとつです。

タロウなるほど。
好きなことを仕事にできるのは幸せですよね!

Sさんそうですね、楽しく仕事ができます。

タロウちなみにライター業を始めて何年くらいですか?

Sさんライターとしては、今年で4年目になります。

タロウ結構長いことされているんですね。
1ヶ月の作業時間は平均してどのくらいですか?

Sさん家庭が第一と考えているので、作業時間はそんなに多くなくて1ヶ月30時間位だと思います。主に、朝か夜の時間に作業をしています。

タロウ平均して1日1時間くらいということですね。
主婦の副業と考えると、そのくらいがベストなんでしょうか?

Sさんそうですね、同じ主婦でもお子さんの有無や年齢によっても異なってくると思います。
子供が1歳と4歳では手がかかる時間も変わりますし、幼稚園や保育園に行ってる行ってないも関係してくると思いますが、私は色々と時間の調整をしてこれくらいがベストだと判断しています。

タロウ母親はやることが多くて大変ですね・・・
いつもありがとうございます!

Sさんいえいえ(´ω`*)

時給は1,000円を少し超えるくらい

タロウ1ヶ月30時間働くと、収入としてはいくらくらいになるんでしょうか?

Sさんそうですね、収入としては1ヶ月平均3~4万前後になると思います。

タロウ時給にすると1,000円は超えてくる?という感じですね。
ライター業って最初はかなり低い報酬で始める人もいるイメージがあるんですが、Sさんの場合はどうでしたか?

Sさんそうですね、最初はめちゃくちゃ低かったです…1本1000文字システム料引いて300円とか(笑)
でも、経験を重ねていくうちに段階的にステップアップはしていきました。「最初は安くても仕方ない、勉強料も含まれている」と腹を括って、書き方やノウハウを盗みながら徐々に単価の高い方に応募してシフトしていきました。

タロウ実質の文字単価が1円切ってたんですね・・・。
同じクライアントに報酬を上げてもらう交渉とかはしたことありますか?

Sさんクライアント側が最初の雇用の際の説明の時に「段階的に上げることもある」ということを聞いたりはありましたが、自分から報酬を上げる交渉はしたことはないですね。
報酬=その人が自分に対して考えている価値、その人は自分をそれくらいの価値しかないと思っている、と考えていたので、それだったら別のところで高く雇ってくれるようところにシフトした方が楽かなぁと…

タロウ報酬を上げる交渉ってなかなかしんどい感じもしますもんね
だったら、より高い報酬を始めから出してくれるクライアントを探した方が良いと・・・

Sさんそうですね、もし揉めて関係が悪化したらそこで居づらくなりますしね…

校正は別の日にやる!

タロウ1記事を書き上げるまでの工程を教えてください。

Sさん私の場合は、調べる→構成→肉付け→自分の意見→校正→完成ってところですね。
校正は必ず別日にするようにしてます。

タロウ構成が別日なのはどうしてですか?

Sさんずーっと記事を書いていると目が疲れて誤字脱字を見逃しやすくなるので…私の場合だけかもしれませんが(笑)
別日に頭をリセットしてから校正をすると文章の段落の取り方や誤字脱字、ここに少し加えた方が読みやすいかも…といったような案が沢山出てくるので、よりよい記事が完成しやすいので別日にしています。

タロウいろいろリセットしてからの方が、冷静に見直せるということですね〜
参考になるっす!

文章力はアップするが収入面は・・・

タロウライター業をやっていて何か良かったことはありますか?

Sさんそうですね。良かったことは、日常生活で物事を順序立てて文章を書けるようになったのでメールで用件を伝えるときに「見やすいし、分かりやすい文章だね」と言われることが多くなったことです。

タロウ褒められるのは嬉しいですね!
離れた人とのやり取りって電話もありますけど、メールやSNSとかになると伝えやすい文章って大事ですもんね。

Sさんそうですね、ちょっと込み入ったような要件でも1発で伝わるとやった!ってなります(笑)

タロウ逆に悪かったことはありますか?

Sさん悪かったこと…、うーん、やっぱり全体的に単価が低いのであまり稼げないのはデメリットかと。
良いクライアントが見つかるかどうかは本当に運なので。

タロウ確かに・・・時給1,000円も決して高いとは・・・
1時間に2,000文字分の記事が書けるよ!とかになれば時給も倍なんですけどね・・・

もともと文章が好きな人は向いてるかも

タロウ最後に、ライター業に向いてる方ってどんな方でしょうか?

Sさんそうですね、質も保たないといけないので経験を積めば大丈夫かもしれないですが初心者には厳しいと思います…。

Sさん文章を書くのが好き、自分の考えがある、小説などを読むのが好き、後はコツコツ努力できる人ですね。文字に対して抵抗がない人は楽しくお仕事できると思うし、向いている人だと思います。

タロウ文章自体をある程度好きじゃないと厳しいかも、って感じなんですね・・・

Sさんそうですね、多いものだと8000字くらいといったものもあるので抵抗があると厳しいと思います。

タロウインタビューはここまでです。
本日はどうもありがとうございました。

Sさんかしこましました、こちらこそありがとうございました

文章を書くのって意外に楽じゃない

ライター業って副業の中では比較的ハードルが低いイメージがありますが、いざやろうと思うと書き始めにつまづいたり、途中で手が止まったりと結構大変だったりします。

僕が今まで一緒に仕事をしてもらった方の中にも、正直う〜んとなってしまうような文章力な人もいて、誰でも簡単にできる!というような仕事では無いのかなと思わなくもないです。
(ある程度、読みやすい文章を書くテクニックとか勉強すれば無理じゃないとも思いますが・・・)

あとは収入面ですね〜。

ランサーズとかのサービスだと1文字1円を切るような案件もゴロゴロしていて、1時間で1000文字書けたとしてもその辺のアルバイトと同等です。手数料が引かれたり、細かいやりとりにかかる時間も合わせると時給換算したときにとんでもない低賃金になってしまうなんてことも少なくありません。

じゃあ時給を上げるためにはどうしたらいいのか?という話ですが、

  • 文章を書くスピードを上げる
  • クライアントと交渉する
  • 高額案件を探す

といった方法があるかと思います。が、正直この方法で劇的にアップするということはあんまり無いかな・・・。個人で営業したり、ブログやSNSを通じて直接クライアントとやり取りして高額案件をいただいているライターさんも中にはいます。

ただ、パソコンさえあれば誰でも始めることはできるので、とりあえずランサーズなどに登録して始めてみるのもアリだと思います。新規参入のハードルの低さはメリットの一つでしょうね。

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

東京のベンチャー企業で働くアラサー男子です。好きなものは音楽とウーロンハイ。今を生き抜くためのカギ、“副業”についてのアレコレを発信していきます。