• HOME
  • ブログ
  • 副業
  • 引き出物や豪華な料理!赤の他人の結婚式に代理出席する副業・アルバイト

引き出物や豪華な料理!赤の他人の結婚式に代理出席する副業・アルバイト

副業

このページを読むのに必要な時間は約 4 分です。

結婚式といえば親戚、友人や職場の人間など、たくさんの人を呼んで盛大に行われるイメージがありますよね。

そんな豪華な結婚式ですが、どこからあんな大人数集めてくるのでしょうか?

もちろん人望があって友人も多い新郎新婦であれば、結婚式の招待客も逆に優先順位をつけて選ばざるを得ないほど人脈が広いのかもしれません。

しかし中には、「こいつ、こんなに友人多かったっけ?」「あんまり人付き合い良くないヤツなのに・・・」と、不釣り合いなほどに盛大な結婚式もありますよね。

もしかしたらその友人の中には”サクラ“が潜んでいるのかも・・・。

ということで今回は、全然知らない赤の他人の結婚式に友人として代理出席するアルバイトを経験した人にインタビューしてみました。

詳しい仕事内容

–まず、仕事の内容を詳しく教えてください。

結婚式で友人や同僚のふりをする代理出席です。

そういった専門の会社があるんですよ。社名は伏せますが30人ほど登録していて若い子は19歳、上は62までいるので親の代わりで出席します。

–出席して、座っているだけでしょうか?

いや、自然に話しかけたり写真を取りに行かないといけないし、場合によっては友人代表スピーチなどもしなければなりません。

–参加者の中には本当の友人・同僚もいらっしゃると思いますが、話しかけたりはするのでしょうか?

あんまり無いです。

ほら、人には誰でもちょっと嫌な思い出の時期があるじゃないですか?いじめられていたり、あまり友達がいなかったり・・・。

それが人によっては大学だったり社会人生活だったり、なので代行を使われる際にはその〇〇時代の友人というテイで代理出席の人間が呼ばれることが多いんです。

だから全く知らない方に話しかけるというケースはあまりありませんが、親御さんに「おめでとうございます」という風に話しかけることはマストですね。

–何かトラブルが起こったことはありますか?

そうですね・・・。やっぱり経験していない質問を聞かれると固まってしまいますね。

例えば大学の友人役としてよばれているのに、「大学ではテニスサークルに入っていた」とか「〇〇ゼミに入っていた」ぐらいの軽い内容しか聞かされてない訳です。

それなのに親御さんに『大学ではどんなことをされていたんですか?』とか聞かれると・・・

–確かにそれは大変そうですね。その時はどうやって対応されましたか?

一瞬固まってしまうのですが、先ほども述べたように代理出席のサービスを使われる方は「〇〇時代」の友人を丸ごと呼ばれる方がほとんどですので、第一声を述べた人間の発言内容に全て合わせていくという感じです。

あとは発言内容が異なってしまった時は「そうだっけ〜」「ああ!そうだったね!」とその場で内容を合わせています。

ただ、代理出席する人間同士事前に集まって練習するのでだいたいの会話は想定済みですね。

–どんな練習をするんですか?

大変というわけでもないんですが、自分の名前と住所のの練習ですね。

–名前の練習?

はい。基本的に代理出席では偽名・偽の住所を使うのですが、いざという時に漢字が出ないとおかしいですからね。

スムーズにかけるまで繰り返し書いて、かつ当日の代理出席者との打ち合わせで何度か偽名を呼び合って練習しています。

–先ほどスピーチもあると仰っていましたが、実際にスピーチをしたことはありますか?

あります・・・笑

あの時は大変でした・・・というのも、まだ2回目だったにも関わらず代表挨拶をしたんですが、親御さんの目が気になりすぎて足がガクガク震えてしまって笑

司会の方に「大変緊張なさっているようですね笑」などと言われて・・・。

–その時はどうやって乗り切ったんですか?

一応、手紙のように読む内容は印刷していたのでそれをそのまま読んで、ほとんど棒読みですね。祝いの席だったので、緊張もなんとなく笑いに変わったので救われました・・・。

–スピーチの内容などは先方が決めるのでしょうか?

基本的にはスピーチの型がいくつかありますが、先方に希望があればそれを優先して話させていただきます。

引き出物やご祝儀はどうする?

-結婚式といえば引き出物ですが、もらったりはできるんですか?

毎回ではありませんが、基本的にはもらうことができます。

これは私の想像なのですが、おそらく結婚式場に「あそこのテーブルには引き出物はいりません」とは言えないんじゃないでしょうか(笑)

–また、これも結婚式といえばですが、ご祝儀はどうされるんですか?

空袋を提出させていただきます。

しかし、最近では万が一のことも考えてご祝儀にお金を入れてお渡しするケースも増えてきました。その場合はご祝儀代の分も振り込まれます。

だいたい3万円ですが、結局帰ってくるものなのででお互いの懐は特に痛まないですね。

–基本的に結婚式の始まりから終わりまで出席されると思うのですが、報酬はいくらくらいですか?

だいたい1現場5~6000円です。それに加えて交通費が支給されます。

あと、余興やスピーチをするとさらに給料がアップしますね。

結婚式のサクラをするメリット

–代理出席の副業のオススメのポイントはなんでしょうか?

引き出物がうれしいですね!

特に最近は引き出物を選べるギフトブックが多いです。予算の都合なのかあまり良い商品はないですが、それでも好きな料理など選べるのはうれしいです。

あとは高価な食事を食べれるのもうれしいですね。普段は食べられないようなフルコースが食べられるので満足します。

「人によっては感動したね〜」という人もいるのですが、個人的にはなんの思い入れのない人の結婚式を見てどう感情移入していいのかよくわからないですね・・・。

–代理出席の副業はどれくらいの頻度で行なっているんですか?

だいたい月2回程度でしょうか。基本的に土日なので、本業の邪魔にならないのはいいですね。

–月2回だと収入は月1万円程度ですよね。

そうですね、ちょっと物足りなさもあります。案件自体はたくさんあるので月に5回以上出席している方もいるようです。

–そのお仕事をするためにはどうすればいいのでしょう?面接などあるんですか?

面接は基本的にありません。

代理出席を請け負っている会社のサイトに申し込んで、自分の写真、年齢、住所などを書き込みます。ここは想像なのですが、おそらくあまり採用条件は厳しくないと思います。

おそらく最も重要なのは年齢ですね。結婚される方の年齢に近い方が友人として呼ばれやすいので、結婚が多い年齢20後半~30代前半の方が需要の多い仕事だと思います。

まとめ

最近では少人数で行う結婚式もありますが、どうしても盛大で豪華な結婚式がしたいと見栄を張ってしまう人もいるでしょう。

そんなときに手助けをするのが、今回のような代理出席のアルバイトです。

親族などから難しい質問をされると少し困惑はしてしまいそうですが、そこはお祝いの席、笑ってごまかせばなんとかなってしまうのもいいですね笑

結婚式は2~3時間くらいかかるので、その拘束時間に対して5,000~6,000円という報酬はまあまあな金額かもしれません。

ただ、いくら赤の他人とはいえ結婚式、男性であれば礼服、女性であればドレスなどしっかりとした服装が求められます。

それにともなってクリーニング代もかかったりするので、実際に手元に残るお金はそれほどではないかな〜というのが個人的な印象でした。

とはいっても、結婚式という非日常的な空間、豪華な料理や引き出物など、結婚式ならではの旨味もたくさんあります。

豪華な料理を食べつつお金が欲しい人、結婚式という空間そのものが好きな人はやってみてはいかがでしょうか?

月に10万以上稼ぐなら絶対本業スキルを活かして副業するのがオススメ!

プロ人材の為の副業紹介サービス「プロの副業」では、皆様のライフスタイルに合わせた副業やフリーランス向け案件を無料でご紹介しております。

あなたのプロフェッショナルなスキル・経験・人脈を活かし、ライフスタイルに合わせて「週1」や「月1」から業務可能。フリーランスはもとより、副業でもできるお仕事など様々な案件を扱っております。

<こんな方におすすめです>
・副業をした方が良いとは言うけれど、何をしたら良いかわからない...
・自分のスキルを活かせる業務委託の仕事を副業ベースで見つけたい...
・本業のスキルを活かして、週1か月1くらいの隙間時間で副業の仕事を見つけたい...
・フリーランスで案件を安定させたい...


こんなことでお悩みの方は、是非プロ人材の為の副業紹介サービス「プロの副業」をご利用ください。

 無料相談はこちらから!

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

東京のベンチャー企業で働くアラサー男子です。好きなものは音楽とウーロンハイ。今を生き抜くためのカギ、“副業”についてのアレコレを発信していきます。