誰でも手軽に始められる副業「ブログ」を軌道に乗せるには

副業

本業の仕事の収入だけでは物足りないと思ったときには、副業を始めてみると良いでしょう

そうは言っても、副業も自分が楽しいと感じることができるものでなくては続けることができません。ただ単に利益を出すことだけを考えてするのではなく、自分が楽しいと思えるような副業を始め、楽しみながら継続していくことで収入を得るようにしましょう。

まずは自己分析から始めてみることをおすすめします自分の性格や得意なことや不得意なことなどをあらかじめしっかりと分析したうえで、自分に合っている副業を探すと間違いないでしょう。

自分がいかにして興味を持って取り組むことができるかということがカギを握ります本業の仕事が終わった後で副業をして、そこでまた体力を著しく消耗しているようでは、継続すること自体が非常に困難になってきます。

いつの間にか嫌になって放棄してしまうことでしょう。それでは意味が無いですし、いつまで経っても副収入を得ることは不可能になります。

ブログは何より継続が難しい

それではおすすめの副業についてですが、初心者でも割と始めやすいのはブログやウェブサイトを運営することです何故なら、記事を書くことを継続して行っていくことによって自分自身の努力が目に見えて積み重なっていくからです。

すぐに利益を生み出すことはなかなか難しいかもしれませんが、継続していれば結果は次第に出てきます少しずつでも結果が出ることで、モチベーションもアップしていきますし、より良いサイトを作ろうと試行錯誤をすることでしょう。

自分の好きなことや興味のあることを副業にすることで、誰かに無理やりさせられていると思うこともありません。自分一人だけで行うので、ときにはモチベーションが下がったり孤独を感じることもあるかもしれません。

しかしながら、基本的には誰にも文句を言われたり指示されたりすることも無く気楽に行うことができます。さらに自宅でできるので、リラックスしながら作業をすることが可能です。

文章を書くなんて自分にはできないと思う人も多いかもしれませんが、文章を書く練習を兼ねてブログを始めてみてはいかがでしょうか。少し本気を出せば、充分な金額を稼ぐことも夢ではありません。
ブログの記事は、3ヶ月継続できる人が少ないということが言われています。

「まずは3か月間、毎日更新することを目標にして、それができたら次は半年、1年間という風にして記事を書くことを続けていきましょう。継続して記事を書いていると、そのうちネタが無いという壁にぶつかることもあるかもしれません。

そんなことにならないように、あらかじめしっかりと心がけておきたいのはブログの記事を書く目的を明確にしておくこと。記事を書き始める前に自分なりのテーマを決めておきましょう。記事を書くことに慣れていなければ、書いている最中に話が脱線してしまいがちです。

最後まで書ききった後に、結局何が言いたかったのか分からなくなることも少なくはありません。そうならないために、最初に「この記事はこのことについて書く」と決めてから執筆を始めていきましょう

リサーチをして時代のニーズを探ろう

記事を書くにあたって次に大切なことは、市場のリサーチをすること。人に関心を持ってもらえるような記事を書くのであれば、市場の動きやトレンドなどを知っておくことは非常に重要です。市場の現状が分かっていないのであれば、読み手に情報が古いと判断されてしまうかもしれませんし、情報を発信する際にも不便になります。

何も知らないままに記事を書き始めてしまうと誤解が生じる可能性も充分にありますし、ニーズがまったくない記事を書き続けてしまう可能性もあります。ニーズが無いことに気づかないままブログの更新を続けていけば、全然アクセスが集まらない人気の無いブログを作ってしまうことになるので、市場のリサーチをすることは必要不可欠です

リサーチをするときのポイントは、情報をたくさん集めるということです。特にブログを始めたばかりのころであれば、右も左も分からないことが多いことでしょう。

そうであれば、自分で勝手に情報の選り好みをせずに、まずは少しでも多くの情報を集めたほうが良いでしょう。市場のリサーチに関しては、自分自身の情報量が少ない最初が最も大変です。

しかし、リサーチを続けていくうちに自分の中の情報量もどんどん増えていくので、いつの間にかリサーチも苦にならなくなってくるでしょう情報も蓄積されてくれば、質の良い記事を書けるようになってくるので最初のころに心が折れないように気をつけましょう。

ターゲットを絞り、カテゴライズしよう

市場のリサーチが終わったら、そこからさらにターゲットを絞っていくことが必要です自分のブログに来る人はどんな人かということを具体的にイメージしてみましょう。

何故このイメージが必要なのかと言うと、同じサービスや商品を取り扱っていてもターゲットが違うと、何が心に響くのか、必要としているのかということがまったく違ってくるからです。もしもアフィリエイトを題材としてブログを作った場合、経験者と初心者とでターゲットを大きく分けることができます。

さらに経験者の中でもまったく利益を出すことができていない人、お小遣い程度の利益を出すことができている人、充分な利益を出すことができている人などに分けることが可能です。このようにして、同じアフィリエイト経験者であっても細かくターゲットを絞ることができます

その中から、どこをターゲットにして情報を発信するのかが重要となるわけです。

人物像を設定したテーマを選ぼう

ターゲットを絞ったあとには、さらに細かく人物像の設定をしていくと良いでしょう。性別や年齢層、就いている職業や生活習慣などをはっきりと想像してみることで文章の書き方や言葉遣いも変わってきます。

同じ20代の女性であっても既婚者か未婚者、主婦か会社員かで生活スタイルもまったく違ってくるからです。専業主婦で子供がいるのであれば家事や育児の合間にアフィリエイトをすることになりますし、パソコンの扱いにも慣れていないかもしれません。

専業主婦をターゲットにするのであれば、パソコンの使い方を細かく説明したり、家事育児の合間でも簡単にできるという内容を盛り込んだりすれば、食いついてもらえる可能性は高くなるでしょう。反対に、会社員などの女性をターゲットにするのなら、仕事から帰ったころにはクタクタに疲れている可能性があります。

よって、仕事終わりの短時間で作業が出来るという内容を書いたり、休みの日を有効活用しようという内容を書いたりすれば、ターゲットの心に響きやすくなることでしょう

大切なのは「下準備」をすること

ターゲットの人物像をハッキリさせたら、今度は自分の知識などを振り返ってみることをおすすめしますそのターゲットに対して、自分のこれまでの経験や知識などから教えてあげられることは無いか、探してみましょう。

市場をきちんとリサーチしてターゲットを明確にしたうえで、自分自身のことも客観的に見ることができているようであれば、より一層内容の濃い記事を書けることでしょう。ほとんどの人は、あらかじめしっかりと自己分析やリサーチなどをせずに勢いで始めてしまいがちです。

しかし、最初は勢いだけで記事を書くことができても、途中でブログを続けることが難しくなるでしょう。下準備はとても大事です。最初は失敗することも多くて大変と思うかもしれませんが、根気強く続けていくと良いでしょう。

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

東京のベンチャー企業で働くアラサー男子です。好きなものは音楽とウーロンハイ。今を生き抜くためのカギ、“副業”についてのアレコレを発信していきます。