登録者数2000の底辺ユーチューバー「タロログ」の収入や活動の全て

副業

このページを読むのに必要な時間は約 6 分です。

副業プロをご覧のみなさん、こんにちは。タロウです。

副業には多くの種類がありますが、2019年の今、最も注目を浴びていると言っても過言ではない副業。それが「YouTube」です。

数年前には「モノ好き」のような扱いをされていたYouTuberですが、いまや考えられないほどの人がYouTubeチャンネルを開設し、チャンネル登録を増やすのに必死になっています。

そんななか、僕が運営する「タロログ」はチャンネル登録数2000人を超え、YouTubeの定める収益化ラインである1000人を突破しているので、いくらかの収益が発生し、立派に「副業」と言えるくらいには成長しました。

みなさんが普段みているYouTuberは、チャンネル登録者が数百万とか数十万、数万人かもしれません。そこから比べると「2000人」なんてただの弱小チャンネルと思われるかもしれません。

しかしその2000人が、毎月どのくらいの収益を産んでくれているのか?
そして僕がそこに到達するのにどのような苦労をしてきたのか?その全てをこの記事に書かせていただきたいと思います。

今後、YouTubeを始める人の参考になれば嬉しいです。

タロログの一本目の動画

よく聞かれるのが「なんでYouTubeを始めたんですか?」ということです。

僕はもともとブログとかアフィリエイト、SEOの仕事をしてたので、いわゆる「ビジネス系」とか「自己啓発系」みたいなチャンネルにすると思われがちかもしれないんですが、全然違います。

僕が最初の方にあげたのはいわゆる「やってみた」系の動画でした。

その理由は、そもそも僕はYouTuberたちを見て「めちゃくちゃ仲よさそうで楽しそうだな」って思って「楽しそうなことやってみたい」って思ったのが始まりでした。

で、この時キツかったのが「誰と一緒に撮るか?」でした。

一応僕、社長なので社員に一緒にYouTubeに出るように行ったんですが、社員のみんなは全然乗り気じゃなくて。いくつかの動画には出てもらったんですが、すごくイヤイヤなんですよね。そのうち「嫌がる社員を無理やり動画に出演させるのは『パワハラ』だ!」なんて言われてしまったりしました。

僕の会社は普通の会社ではない(企画系をたくさん行なっている会社)なので、動画に出るくらい覚悟はあるのかなと思っていたのですが、そうはいかなかったようです。そこで、動画の初期の頃からしばらくは、ちょっとお金を渡したり、経費を出したりして「オハラ」「ふじさわ」「マッサー」などの友達とYouTube撮影していました。

だけどかなりの期間、迷走していました。

キャンピングカー時代とふじさわの脱退

それから何本かみんなでキャンピングカーに乗ってそれをアップしたりしてました。

当時はそんなに伸びてなかったんですが、今になると2000再生とかされていて、今振り返ると、あの方向性で行ってもよかった・・・のかもしれませんが、これは本当にわかりません。

そして何本かキャンピングカー動画をあげていくうちに、事件が起こります。「ふじさわ」の脱退です。

実はふじさわさんは、今2人でやっているんですが、この時点で一度ハッキリと「もうタロログの動画には出演できない」と言われたんです。
この時は別にチャンネル登録者もそんなに伸びてない上にこんなことを言われて、けっこうキツかったです。

 

それでもYouTube活動を続けたいと思ったんですが、そこで立ちはだかるのが「お金」の問題でした。
YouTubeって、iPhone一台でもできるって言われますけど、やっぱりいいカメラの方がいいし、いろいろお金がかかります。

そこで思ったのが「出資してもらう」という方法でした。
幸いにも、それまでにブログ含めていろいろ活動していたので、それを見てくれた人たちが応援してくれることになり、50万円くらい集まりました。

このお金でカメラやドローンを買ったんですが(ドローンはほとんど使ってない)、この機器以上に、出資してもらったことで「途中で辞めることはできない!」といういい意味のプレッシャーになりました。

この時だけじゃなく、チャンネル登録1000人になるまではずっとこの「出資してもらったから途中でYouTubeを辞めることができない」というのは活動の動機になり続けました。

長い迷走時代

出資を受けたあたりではチャンネル登録は600くらいなんですが、ここから長い迷走に入ります。

どっちにしても一人では難しいので、オハラくんとか佐藤花太郎くん、渋谷の動画セミナーで出会ったNさん。カルロスさんなどいろんなひとと動画を作りました。

 

渋谷にいって「平成最後の思い出はなんですか?」って聞いて回ったり。
コストコで買ってきた寿司をオハラと食べたり。
カルロスさんと「フリーWiFi」って言って外国人に話しかけたり。
花太郎くんと「神社参拝の旅」をしたりしました。

しかし、それら全部、思いっっっきり滑りまくりました!
めちゃくちゃがんばって作った動画が滑ったときって、ほんとにキツイです。

特に、3本くらいのシリーズものを撮って、1本めの再生数が全然伸びないとほんとにキツイです。そのときの2本め3本めの動画を編集するモチベーションがなくなるんですが、それでもがんばって編集したり、アップせずにお蔵入りになったものもたくさんあります。

そして、オハラくんも花太郎くんもNさんも、動画を編集してあげてくれないんです!なぜか。
このときくらいから悩んでたのが「自分と同じくらいの情熱を持ってYouTubeに取り組んでくれる人がいないと厳しい」と感じていました。

 

時給や日給をみんなに渡してるんですが、それだとどうしても「チャンネルを絶対に伸ばそう!」という熱意が持てないので、ひとりで全部考えたりしてるのがしんどかった思い出があります。

海外ネタに希望を見出す

そんな中、知り合いがタイに古着の買い付けに行くというので同行することにして、ついでにタイのバンコクの動画を何本かアップしたりしました。

その動画のいくつかは今でも再生されてたりしてて「海外ネタならいけるんじゃないか!?」と本気で思いました。

そしてバンコクの後にオハラとマッサーとヴォブさんと台湾に行って、その動画をアップしたりしました。

しかしそれも・・・思いっきり滑ってしまうんですね〜!

こういうロケのときって、できるだけ安い航空券で安いホテルに泊まったりするんですが、それでもかなりコストをかけてるので、再生数が全然伸びないと凹みます。

とにかく撮影してきたものはアップするんですけど、再生数が伸びないのをアップするのはしんどい。
だけど何をアップすれば再生され、チャンネル登録者が増えるのかわからないから、このあたりからかなり迷走というか、停滞しはじめます。

2019年の1月〜3月くらいはほんとに動画も出さずに、ほとんど活動してなかったです。だけどYouTube活動を辞めなかったのは、出資してくれた方々がいたからでした。

出資してもらっておいて、活動しないで、1円も返さないと、それはマジで「詐欺」ですからね。ちょっとずつでも動画を出して。「英語」とか「ダイエット」とか出し始めてました。

このときの「英語」がヒットして今に繋がってたりします。

圧倒的転機!チャンネル登録1000人突破!

そうして、動画をほとんど出さずに腐ってたんですが、圧倒的な転機が訪れます。

それが「チャンネル登録1000人」でした。
本当にこれは嬉しかったです。この頃は毎日管理画面を見る習慣がなかったんですが、ある日「300円」とかが収益画面に表示されてたんです。これは本当に嬉しかったです。

そして、1日に300円でも収益が入ると、人ってやる気が出るんですね。この頃から動画をアップする頻度が増えてきました。

とはいえ、なんのジャンルにするか全然定まらず、ダイエット関連の動画や、ガジェット関連だったり、定まらない動画をアップしてました。

そこでまた一つの転機が訪れます。

ふじさわの加入でジャンルも明確に

運営当初から思ってたのが「相方の必要性」についてです。

相方がいることのメリットはたくさんありますが、「どうやったらチャンネルを伸ばせるか?」を相談できる相手がいるというのはとでも大事なことです。

チャンネル登録1000人いったときも、それを共有できる相手がいなかったのであんまり覚えてません。僕のチャンネルのことなんて、誰一人興味がないんですからw

あとは、動画で掛け合いをするのに、相方がいた方が絶対にいいと思ってました。
以前から動画に出てくれた人、何人かに声をかけてたんですが、なかなか見つかりませんでした。

なぜならYouTube自体は儲かるんですけど、僕は「まだ」儲かっていません。

儲かってないことに本気になるのって、「大人」はかなり難しんですよ。

生活しなきゃいけないですからね。
大学生がやるのとはあらゆる条件が違います。

そんな中で何人かに声をかけたんですが、ふじさわさんに声をかけるのは正直ためらいました。過去に一度キッパリ断られてるというのがその大きな理由でしたが、何度も誘ってるうちに首を縦に振ってくれて、、、あの時は嬉しかったです。

ふじさわさんが入っていろいろミーティングするんですが「タロログはほんとにこれでいいのか?」とか言ってくれるわけです。

オモシロ、旅、ダイエット、英語、副業、キャンプ、旅、ガジェット、、、などなど、ごちゃまぜのチャンネルなので、そう思うのも無理はありません。

今のYouTubeを伸ばすセオリーは「チャンネルのジャンルを絞る」なので、ジャンルを絞ることにしました。そこで「副業」に決めて、そこからちょっとずれて「副業と英語」になってます。

あとは、ふたりになることでお互いにケツを叩き合えるというか。「この日には動画あげよう」って約束したら、絶対にそれを守らないといけないので、いい緊張感があっていいですね。一人だと絶対にだらけちゃうので。

正直、今もまだ完璧に定まってるとは言えないですけど。これからまだまだ伸ばしていって、いずれはチャンネル登録10万人になりたいですね!

YouTubeの収益、分配は?

ふじさわさんと一緒にやり始めたのが2019年9月の半ば。その時は登録者1400人くらいでした。

10月の終わりに2000人になって、いまは2500人くらいです。

ここまでほとんど収益の話には触れなかったんですが、今の登録者2000人前後でYouTubeからの収益が「月6万円」くらいです。だいたいですが。

それを、ふじさわさんと完全に折半(半分こ)。

ふじさわさんは、明らかにこの条件と、チャンネル登録1400人というところを見て、タロログに入ってくれた感じはありました。

この6万円/月の収益もチャンネル登録1400人も僕の実績なので、それをいきなり折半するのはどうかと思ったんですが、僕はこれでいいと思ってます。

いまの目の前の2,3万円を追いかけるよりも、将来月50万円、100万円稼げるようになるのが目的

いま折半にしてふじさわさんのモチベーションが上がってくれて、大きな収入とかチャンネル登録10万人が少しでも近くなら、折半でも構わないと考えました。

才能なくてもとにかく頑張った

正直、今のYouTubeってちょっとしたセンスや才能で、一気に登録者1万人、10万人いく人ばかり目につくと思います。それはそれで素晴らしいと思います。

そんな中、30も近いおじさんが必死にがんばって2000人です。けどこの2000人は、ポッと出の2000人とは、重みが違うはずなんです!

もちろん特別な才能やセンス、専門知識があればそれを活かした方がいいです。だけど僕にはなにもありませんでした。

なにもなかったけど、もがいてもがいてここまできました。

試行錯誤しながらいろいろ試していけば、見る人は見てくれるし、応援してくれる人も現れました。そしてこれからどんどんチャンネルを伸ばして、1000人くらいの頃からのファンに胸張ってもらえるようにがんばりたいです。

月に10万以上稼ぐなら絶対本業スキルを活かして副業するのがオススメ!

プロ人材の為の副業紹介サービス「プロの副業」では、皆様のライフスタイルに合わせた副業やフリーランス向け案件を無料でご紹介しております。

あなたのプロフェッショナルなスキル・経験・人脈を活かし、ライフスタイルに合わせて「週1」や「月1」から業務可能。フリーランスはもとより、副業でもできるお仕事など様々な案件を扱っております。

<こんな方におすすめです>
・副業をした方が良いとは言うけれど、何をしたら良いかわからない...
・自分のスキルを活かせる業務委託の仕事を副業ベースで見つけたい...
・本業のスキルを活かして、週1か月1くらいの隙間時間で副業の仕事を見つけたい...
・フリーランスで案件を安定させたい...


こんなことでお悩みの方は、是非プロ人材の為の副業紹介サービス「プロの副業」をご利用ください。

 無料相談はこちらから!

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

東京のベンチャー企業で働くアラサー男子です。好きなものは音楽とウーロンハイ。今を生き抜くためのカギ、“副業”についてのアレコレを発信していきます。