決め手はいつやるか。サラリーマンにお勧めな副業バイト

副業

副業にはいろいろありますが、やはり一般的に知られているのはアルバイトですよね。しかし、本業を持っているサラリーマンは、高校生ではないので、なんでもどんなバイトでもOKというわけにはいきません。

そこで今回はそんなサラリーマンにお勧めのバイトを働く時間で考えてみました。なお、今回は、ネット経由ではなく現場で働くアルバイトに特化してみました

副業禁止と確定申告

まず、副業でアルバイトをする場合、考えておくべきなのは、副業禁止と確定申告です。つまり、あなたが今本業として勤めている会社が、副業をOKしている会社なのかどうなのかという問題です。

ここを考慮せずに、ただ時間が空いているからといって副業を選んでしまうと、大事な本業の方を疎かにしてしまう最悪の事態になりますので、しっかりと把握しておきましょう

副業禁止かどうかの確認

まずは、あなたの会社が副業を認めているかどうかを確認しましょう。就業規則に副業に関しての記載があります。

しかし、副業が禁止されている場合は、ここからはあなたの判断になります。仮に副業を始めて、もしそれがばれてしまった時にどの程度のペナルティーが科せられるかなどをしっかりと認識し、危ない橋を渡るかどうかを決めてください。

注意したいのは、確定申告。これによって本業の会社にばれてしまうケースが多いです。その場合の対処は次に書きますが、たとえば副業を知っている同僚などの密告からばれることもないとは言えません。しっかりと考えて行動することをおすすめします。

確定申告

確定申告による副業ばれのほとんどが、住民税の天引きによって起こります。つまり、住民税の計算式における収入の部分に、本業と副業の収入が合算されるため、本業の収入とは釣り合わない住民税が会社から天引きされることになって、ばれるのです。

その場合、住民税の計算を、本業と副業と分けて行う事が可能です。詳しくは各自治体の窓口で相談する方が正確ですが、基本的には副業分の住民税を「自分で納付(普通徴収)」という形で登録すれば大丈夫です

もちろん、そうすることで本当に会社に情報がいかないかどうかは、しっかりと窓口で確認しておいてください。また、20万円以下の収入は申告が必要ではないと書いてあるものもありますが、それは企業からお金をもらっていない場合に限ります

ですからアルバイトの場合、ほとんどは企業からの給与ということになりますので、申告の必要が出てきます。間違えることなく、しっかりと給与明細や住民税の明細が会社に行かないよう、自治体で相談してください。

サラリーマンにお勧めのバイト 夜編

ではここからはお勧めのアルバイトを紹介していきましょう。まずは、勤務後に働ける、夜編です。

清掃員

つまりお掃除をするバイトです。清掃バイトは、普通事業所や施設が終了した後に行われるものですから、ほぼ定時で仕事を終える事ができるのならばフルに働くことができます。また事業所によっては深夜の物もありますので、遅い時間でもできるのが特徴です。

清掃員のバイトは、基本的に人間関係が希薄で、他人とのコミュニケーションをあまりとりたくない人には最適なバイトといえるかもしれません。また、作業も単調かつ単純で、体力もイメージほど必要ではありません。

ネットカフェ

24時間営業が基本であるネットカフェは、深夜のバイトとしてはかなりおすすめです。基本的にはシフト制を引いている事が多いですので、時間の融通が利き、また24時間営業である為遅くに仕事が終わる人が早朝までという働き方もできます。またネットカフェは、深夜になるとかなり仕事が楽なところがほとんどです。

起きていることが必須条件ではありますが、大規模な繁華街でもない限り、休憩中に漫画を読みながらゆっくりくつろげるようなところが多いのが特徴です。

宿直警備員

基本的に、ただ座っていることが多い宿直警備員はお勧めです。もちろん、いざというときには危険も伴いますが、可能性は低いでしょう。一生に一度も危険な目にあったことのない警備員の方が多いのが現状。設備として、宿直室や仮眠室があるところもありますし、たいていは室内勤務です。

最近はモニターの監視が主な仕事である場合がほとんどで、頻繁な見回りや立ちっぱなしの警備をしているようなところは、まれになっています。逆に、ずっと座っているなどの状態が苦痛な人には向かない仕事といえるほどです

コールセンター

コールセンターも24時間行われている仕事。とくに24時間行っている通販番組などのコールセンターは需要も多く、また、深夜の場合は日中に比べてかかってくる件数もぐんと減りますので、仕事としては楽になります。かつては女性メインお仕事でしたが、男性の募集も最近は増えていますので、ある程度探せば見つかるはずです。

コールセンターというとある程度のトークスキルが必要だと思っている人もいるかもしれませんが、実際はほとんどマニュアル通りの受け答えしかしませんので、慣れてしまえば難しくはありません。苦情やクレームも、対応係がいることもあるので、対応の必要がない場合もあるのです。

サラリーマンにお勧めのバイト 土日編

それでは今度は、土日に働けるアルバイトでお勧めの物を紹介します。

覆面モニター(ミステリーショッパー)

お店の評判やその営業情報を、お店にばれないように査定する仕事、それが覆面モニターです。仕事の内容はクライアントから指示されるものですが、一般的には清掃の様子や店員の態度、料理の良しあしなどが中心で、主に飲食店が対象です。この場合飲食費などはクライアントから支払われるのが普通で、食べ歩きが好きな方にはもってこいです

また女性限定で、エステの体験などもありますので、ただでエステができた上に報酬までもらえるというのはありがたいアルバイトといえるかもしれません。

試験監督

資格試験や、学生の模擬試験など試験監督のアルバイトもおすすめです。ほとんどの場合、こういった仕事は土日に行われることが多いうえ、ほとんど座ったままの仕事ですので疲労もなくそれなりの報酬も期待できます。しかも試験時間はあらかじめ決まっているので、特殊な場合を除き残業などの心配もありません。

もちろん仕事内容も答案用紙を配ることと回収する帰途が主で、特別なスキルも経験も全く必要ないのが特徴ですあまり募集がかけられることはありませんが、国認定の試験などの場合は、かなり報酬も期待できるバイトになります。

医薬品治験

いわゆる治験バイトといわれるアルバイトで、報酬が高いことでも有名なバイトです中には長期の経過観察や入院を必要とするものもありますが、数時間や1泊の入院で終わるもののありますので、土日だけという働き方ももちろん可能です。治験バイトはそもそも副作用が起きないことがわかっているもので行われます。

これは、いわゆる法律上の医薬品認定のために行われるもので、本当に副作用が起こるかどうかわからないものを試されることはありませんとはいえ身体を使いますので、報酬は期待できるバイトです。

代行業

クラウドソーシングシェアリングサービスに登録して代行業を行うのも、土日のバイトとしては最適です。たとえば家事の代行業などは、独り暮らしの高齢者や富裕層、忙しい兼業主婦の方にとても重宝されている業態でもあります。代行内容も、家事だけではなく、買い物やペットの世話など多岐にわたり得意なものを選択できます。

基本的に、何を代行するかによってそのメリットやデメリット、報酬なども変わってきますが肉体労働でもありますので、その報酬は消して安くありません。得意を生かして働くのであれば、こういった選択肢もおすすめですね。

講師

講師といっても塾などではなく、あなたの得意なことを講座として開設するお仕事です。この仕事をするには、いわゆるポータルサイトなどに登録して、ネット上で仕事を受けていくことが基本となりますが、実際の講座はネット上でなくてもOK。もちろんネットを介してもできますが、その選択は自由。

講座の内容は、投資やビジネスなどの本格的な知識がいるようなものから、サッカーや野球といったスポーツ、IT系やクラフトハンドメイドに至るまで様々です。中にはバク転だけを教えるなどといった、一発芸的な講座もあります。なにか人より秀でたものがある場合は、土日だけ先生になってみるのもいいかもしれません

紹介したのはほんの一部、働き方は無限大

かつては、サラリーマンのバイトといえばこれとこれの様に決まりきったものがほとんどでした。しかし、いまや日本人の生活様式は、個々人のニーズも含めて多様化し、その選択肢は普通に平日の昼間に行うバイトと変わらないほどになっています。しかもそこにネットが入ってくると、もはや、サラリーマンに適さないバイトを避ける時代ともいえます

ですので、あくまで本業に負担がかからないことが全体のため、そこまで過酷ではないバイトを選びましたが、体力と持久力に自信がある人は、もっと高収入のバイトに挑戦してもいいでしょう、ただ、常に本業のことを考えて、副業のせいで本業をだめにするような本末転倒な事態にならないよう、体力も含めてしっかりとした自己管理が必要です

無理をしないで、的確な選択をしたいですね。

The following two tabs change content below.
pro

pro

都内のIT系企業に勤めながら副業でライターをやっています。 趣味は始めたばかりのゴルフ。

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

東京のベンチャー企業で働くアラサー男子です。好きなものは音楽とウーロンハイ。今を生き抜くためのカギ、“副業”についてのアレコレを発信していきます。