バイト稼ぎ時の年末年始!魅力的な期間限定のバイトとは?

副業

年末年始には期間限定で募集しているバイトが多数見受けられます。
年末から年始にかけてのまとまった時間を効率よく使うことによって年収を上げつつ、楽しみも増やすことが可能です。

年末年始は全体的に相場よりも時給が高めに

年末年始は休みたいという人が多いからですが、サービス業については年末年始であっても営業をしなければならない場合がほとんどです。
そのため、やや時給を上げて人材不足を補えるようにしている傾向があります
通常は、人材が間に合っている現場で短期バイトとしての募集か、もともと単発でのバイトが稼ぎやすい選択肢です。
全般的な特徴として、期間が一日から数週間に限定されていて、給料の支払いがその期間が終わったときか週払い、さらには日払いといった形ですぐにお金が手に入りやすいことが挙げられます。
スポット的に働かせてもらえるものもあるので、年末に数日間だけ働いて年始は遊んだり、逆に年末はしっかりとお金を使って遊び、減ってしまったお金を年始に働いて取り返すといった形で、年末年始の休みの使い分けも可能です。

年末年始のセール時期は、多くの店舗が人材確保に急ぐ

臨時募集のバイトとして、早いところでは一ヶ月ほど前には募集が行われていて、普段よりも高い時給で働けるように設定されています
年末年始には大売り出しを行うため、デパートでは大勢のバイトを募集しています。
規模が大きいデパートほど多くのバイトを雇っていて、各売り場の担当を割り当てられて長時間のシフトに入ることになるでしょう。
セール期間中はほとんど連日働き続けることになるため、まとまった収入を得やすいのが特徴です。
レジ打ちや品出し、お客様への基本的な対応など普段から雇われているスタッフと同じように働く場合も少なくありません。
しかし、むしろ売り子として雇われることが多く、セール品の販促が重視されます。
デパートの地下にある食品街での呼び込みをするというのが典型例です。このような売出しはファッションやアパレルの業界でもよく行われていて、スタッフの増員のためにバイトが募集されています。
家電量販店やパソコンショップ、自動車メーカーなどの比較的高価なものを取り扱っている店舗でも大売り出しを行うことが多く、店頭でのお客様への対応をする人材確保のために臨時募集を行っているのが一般的です
デパートに限らずスーパーなどの惣菜を作っている店舗や飲食店などでは、クリスマスケーキやおせち料理の販売や仕込みなどに関する仕事も登場します。
店頭で製造販売している場合には、デパートなどの惣菜担当の臨時スタッフとしてバイトを雇うことがありますが、予約販売をしていて、工場で生産しているケースが多くなっているのが現状です。
食品工場での軽作業としておせち料理を重箱に詰めていったり、クリスマスケーキのパッケージングを行ったり、検品作業をしたりするのが主な作業になっています。
販売系のバイトに関連して、そもそも店に来てもらわなければならないという都合があることから、販促のためのスタッフを確保するためにバイトが雇われています。
店頭でのビラ配りやティッシュ配りもありますが、駅前や商店街などの街頭でのティッシュ配りも年末年始にはよく募集されていて時給や日給もやや高めです。
また、ポスティングのバイトも増える傾向で、特に年末に近くなると年末年始のセールを告知するためのチラシやビラを配るバイトが増えます。
この他にも販促イベントを実施する企業もあって、そのための人材確保を行うバイトが単発で募集されている場合もよく見受けられます。

シーズンのバイト募集が多くなるのも年末年始の特徴

年賀状やお歳暮を送る人が多いからですが、これに伴って臨時のバイトが募集されているのが特徴です。
高い場合には2000円クラスの時給で働けることもあります。内容としては仕分けと配送の二種類があって、郵便局や宅配業者が主になります。
また、運送業者や宅配業者の倉庫での仕分け作業だけでなく、トラックの運転をして中継倉庫の間を運搬するドライバーとしてもバイトが募集されていることがあり、この時期にはかなり相場が高くなるので魅力的です。
冬休みにあたる年末年始は旅行に行く人も多くなります。
観光地ではバイトを集めて人材不足を補っていることが多く、日本全国で観光業界からの臨時募集が行われているのが現状です。
ホテルや旅館で接客を行うのが主なもので、フロントでの受け付けや日中の清掃やベッドメイク、さらには厨房での調理など現場によって多岐に渡る仕事があります。
駐車場の警備員なども代表的なものになっていて、ホテルや旅館だけでなく博物館やイベントホールなどでもバイトの募集が豊富です。
また、スキーやスノーボードのシーズンでもあるため、その販促や会場運営のためのスタッフもよく増員されています。
季節柄、雪まつりなどを地域で行っている場合も多く、観光客の交通整理のためにバイトを使っていることも珍しくありません。
このようなバイトではしばしば住み込みで働けたり、宿泊場所を手配しておいてもらえたりするので、効率よく稼げるというのが注目されています。
年末年始にはライブなどのイベントを行うアーティストも多く、年末年始にかこつけたイベントを地方自治体や各種団体、企業などがよく実施しています。
イベントスタッフのバイトの募集が多いのもこの時期の特徴です
人気のあるアーティストのイベントスタッフは人脈で確保されてしまって、一般に出回ってこないことが多いですが、地元で活動を始めたアーティストのイベントなら見つかる場合もあります。
地方自治体や企業などからの募集は多く、会場の設営や当日の案内担当、会場や駐車場の整理などが主な仕事です。
長時間働けてまとめて稼げるバイトが多くなっています。

一方、冬休みが明けると受験シーズンのピークに入ります
その影響で塾講師のバイトも臨時募集を行うことがしばしばあり、各家庭でも家庭教師を今から付けて学力を上げようと躍起になることも珍しくありません。
教育系のバイトもこの時期に大きく需要が上がります。
もともと時給が高い職種ですが、受験が近づいている影響でさらに高めの時給で雇ってもらえることが多いのが魅力です。
また、時給を上げたいというときに注目すると良いのが夜間の作業です。
販促のためのティッシュ配りや、配送系の仕分け作業やドライバー、工場での軽作業やイベントスタッフなどは夜間に仕事をすることもできます。
昼間に働くよりも時給が高めになっているからです。
普段は夜にバイトを募集していない企業でも年末年始の忙しさゆえに募集していることが多いので、夜に強い人は探してみると効率良く稼げます。

おわりに

このような様々なバイトがありますが、サラリーマンのように本業を持っている場合にはあくまで副業として行うことになります。
副業の許可を得る必要がある場合には予め手続きをしておかなければなりません。
また、年末までに稼いだ分についてはその年度末の確定申告に適用し、年始になってから得た収入については次の年度末に確定申告することになります。
両方にまたがってバイトをした場合には、二度、確定申告の手間が生じることは覚えておくと良いでしょう。

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

東京のベンチャー企業で働くアラサー男子です。好きなものは音楽とウーロンハイ。今を生き抜くためのカギ、“副業”についてのアレコレを発信していきます。