• HOME
  • ブログ
  • 副業
  • 覆面調査員が書いたレポートの校正の副業(バイト)をした人にインタビュー

覆面調査員が書いたレポートの校正の副業(バイト)をした人にインタビュー

副業

このページを読むのに必要な時間は約 4 分です。

覆面調査員(ミステリーショッパー)という副業を知っている方は多いと思います。

特定のお店にお客として来店して、お客の目線でお店を調査するメジャーな副業の一つです。

しかし、今回は覆面調査員のインタビューではありません。

覆面調査員が調査して作成した文章を校正するお仕事です。

文章の校正も割とメジャーなお仕事だと思いますが、覆面調査員が書いた文章の校正とはなんてニッチなお仕事なんでしょう!

今回お話を聞かせていただいた方は普段ライターをやっているのですが、現在のお仕事との関連性なども聞いてみたのでぜひ参考にしてみてください。

お仕事をしたきっかけ

–お仕事は求人情報誌とかで探したんですか?

お仕事は求人情報誌と地域のフリーペーパーの両方に同時期に載っていたので、それをみて応募しました。

「在宅の文章の校正の仕事」という説明も書いてありました。

その後、一度説明会があって詳しい説明があって。
その場で契約書を書いて、その後少し経ってから仕事が始まりました。

説明会は大きなホールで、他にもたくさん話を聞きにきている方がいました。

参加して報酬はなかったんですけど、逆に業務委託契約を結ぶための
「手数料」をこちらが負担しました。2千円くらいだったと思います。

–手数料ですか・・・。
二千円くらいならすぐに仕事で取り返せますが・・・。

そうなんです。でも、最初はちょっと「え?」って思いました。
「こういうものなのかな・・・?」って周りと相談しました。

–額が額なら怪しいネットビジネス勧誘かと思いますよね・・・。

そうですよね。ネットビジネスではなくてよかったです 苦笑

詳しい仕事内容

–お仕事の詳しい内容を教えてください。

覆面調査員(ミステリーショッパー)が店舗(飲食店・ガソリンスタンド・コンタクトレンズショップ)等のリサーチをした後に報告レポートを提出します。

その文章を私たちが読みやすいように校正したり、書き直しのお願いをフィードバックしたりするのが仕事です。

覆面調査のリサーチ会社の方が読んで、調査店舗に改善を促すそうなんです。

でも、その前に上がってきた文章を誰が読んでも読みやすい形に統一することが大事とのことで。(調査員によって文章力に差があるから)

私たちがその役割を担っていました。

–今はライター業をされているそうですが、そこから今回のお仕事につながったのでしょうか?

いえいえ、私はその時はライターはしていなかったんですよ。文章力もそれほどなかったです。

先にこちらの仕事をやって、少し経ったくらいからライターを本格的にはじめて何年か後に独立に至りました。

–ちなみに当時校正した文章とか覚えていらっしゃいますか?

ひどい文章と感じるものはそれほどなかったのですが、レギュレーション通りに直す必要があるので・・・

改行がない、句読点がない、乱暴な言葉遣いの方はこちらで全て訂正になるので少し面倒に感じました。

–レギュレーションがあるなら、調査員に直接指導した方が早い気もしますね・・・。

そうなんですよ。調査員さんに伝えた方が早いんじゃないかなって私も思っていました。文章はコツをつかむまで難しいですよね。

–お仕事はお家でやられていたのでしょうか?

お仕事は「家で隙間時間に取り組める在宅ワーク」と書いてあったので、応募しました。

大きなシステムがあるんですけど、そこにログインするとランダムに調査員さんがあげたレポートが出てくるんですよ。

それを校正したら次のレポートが出てくる・・・

という感じで、とくに納期はなく自分がやりたい分だけ取り組めました。

システムにログインすると案件が出てきて、それに1件1件取り組む感じです。

–給料は1件いくら、みたいな感じでしょうか?

1件250円です。1枚すぐに仕上げられるレポートもあれば、時間がかかるレポートもあるので・・・

その時の「運」で1時間あたりに終わる枚数が変わってきます。1時間に4件以上やって最低時給を超えられる感じですね。

事前に説明を受けた感じでは、もっと稼げると思っていたんですけど実際にやってみたらちょっと違いました。

–結構大変そうですね・・・。
元の文章はどのくらいの分量なんでしょうか?

元の文章の量は1,500〜2,000文字くらいです。
(アンケート項目ごとに分かれていて、1項目100文字くらいだったので)

読む時間もあるので、平均して1時間に6件くらいでしょうか。
慣れるまでは3〜4件でした。慣れればそこそこです。

–このお仕事をしてよかったことはありますか?

仕事をしてよかったことは、
指示書(レギュレーション)がとても参考になりました。
読みやすい文章を自分でも書けるようになったのでよかったです。

–これがきっかけでライターやってみたい!と思ったのでしょうか?

確かにライター業に役にたったんですけど、
とくに最初の頃はライター業をやりたかった訳ではなくて・・・

たまたま知識がある分野で書いていたら、
そこから仕事が増えていって、幅が広がって今に至ります。

でも書くことは苦痛ではなく、向いているなとは校正の時から思ってました。

–このお仕事は関係なかったんですね・・・。
逆によくなかったことは何でしょう?

よくなかったことは、レポートをさらに管理する側がいて、うまく訂正できていないと時間帯関係なくこちらにも訂正依頼がくることです。

本業の仕事にも支障が出るほど、スケジュール管理がきつかったです。うんざりでした・・・苦笑

–最後にどんな人に向いてるか教えてください。

向いているのは

  • 指示書を読み込み、その通りの作業ができる人
  • 時間に融通がきく人
  • 訂正依頼をお願いする時に相手目線に立って、言葉をかけられる人

だと思います。

まとめ

というわけで、覆面調査員が書いた文章の校正をするお仕事のインタビューでした。

お話をしていただいた方も筆者自身も、レギュレーションがあるなら校正を雇う必要はあるのか疑問に感じてしまいましたが・・・。

また、仕事をする前に逆にお金を請求されるというのも不思議というか、どうなんだろうという印象を受けてしまいました。

現在のライター業に生きているので結果的には良かったようですが、副業をするにしてもいろいろ注意して探す必要はありそうです。

月に10万以上稼ぐなら絶対本業スキルを活かして副業するのがオススメ!

プロ人材の為の副業紹介サービス「プロの副業」では、皆様のライフスタイルに合わせた副業やフリーランス向け案件を無料でご紹介しております。

あなたのプロフェッショナルなスキル・経験・人脈を活かし、ライフスタイルに合わせて「週1」や「月1」から業務可能。フリーランスはもとより、副業でもできるお仕事など様々な案件を扱っております。

<こんな方におすすめです>
・副業をした方が良いとは言うけれど、何をしたら良いかわからない...
・自分のスキルを活かせる業務委託の仕事を副業ベースで見つけたい...
・本業のスキルを活かして、週1か月1くらいの隙間時間で副業の仕事を見つけたい...
・フリーランスで案件を安定させたい...


こんなことでお悩みの方は、是非プロ人材の為の副業紹介サービス「プロの副業」をご利用ください。

 無料相談はこちらから!

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

東京のベンチャー企業で働くアラサー男子です。好きなものは音楽とウーロンハイ。今を生き抜くためのカギ、“副業”についてのアレコレを発信していきます。