起業のアイデアを出す5つの発想法

起業

起業をする際には、資金など重要なことはたくさんありますが、最も大切なのは何をビジネスにするか、です。そのアイデアがないと、起業はできませんし、確固たる考えがないとビジネスは続きません。起業のアイデアは、今後を左右する重要な事柄であると言えます。本記事では、起業のアイデアを出すための5つの発想法を紹介します。

自己分析をする

起業のアイデアを考える際、外の情報を求めることも大切ですが、まずは自分についてきちんと整理する必要があります。あなたの好きなことは何か、あなたのもつスキルは何か、あなたの強みは何か、思いつく限りノートに書きだしてみます。自分がどういった人間なのか、今までの人生を振り返ります。

とは言っても、自分でやるのには限界がある、という人もいます。そのような場合は、家族や友達、会社の同僚に自分はどのような人間なのか、尋ねてみるのも一つです。他者から評価してもらうことで、自分では気づかなかった新たな一面に気づくことができるかもしれません。また、他者から得られる評価は、今後のお客様から得られる評価にも類似します。自分が他者からどう思われているかも含め、自己分析をします

自己分析で見つけた好きなことや得意なことがビジネスにならないかを考える

自己分析を行ったら、自分の好きなことや得意なことがビジネスにならないかを考えます。起業をするにあたって、自分が全く興味のないことや知識のないことを一から始めるのには無理があります。ずっと雇われる側だった人には、好きなことを仕事にする、という感覚がありません。

しかし、起業の成功への近道は、自分が好きなことや得意なことを行うことです。自分ひとりではじめるのであれば、確固とした気持ちがないとできません。その仕事が全く知識のないことや嫌いなことだとなおさら難しくなります。好きなことやすでにスキルのあることから、起業のヒントがないか考えましょう

自分が抱えている課題について考える

2をやっても、いまいちビジネスのアイデアが浮かばない、という場合は、今一度自分の生活に意識を移します。自分の生活の中で、○○があればいいのに、○○が不便だという経験を思い出してみましょう。

主婦であれば、一日の家事の流れを思い出してみたり、サラリーマンであれば、自分の抱えている仕事について考えてみましょう。起業するためには、何らかの商品(サービス)の提供が不可欠です。商品(サービス)を考える際には、使う側がどんなニーズを持っているのかを考えることが必要です。

売りたいものを売るのではなく、買いたいと思わせるものを売る必要があります。自分自身の課題を考えることで、当事者意識を持つことができます。与える側ではなく、与えられる側として、自分の生活への不満や課題を考えます

現行のビジネスについて調査する

ある程度、自分の抱える課題や自分のやってみたいことが見つかったら、それについてすでに始めている例がないか調査します。もうやっている人がいるからといって、諦める必要はありません。

車の会社はたくさんありますよね。同じ商品を扱っていても差別化をすることができればそれはビジネスになります。サービス業であれば、地域が違うだけでも強みとなります。

起業において、必ずしも誰もやっていないことをする必要はありません。全て真似るのはいけませんが、すでに先行する例を尊敬してオマージュすることはビジネスの成功への近道です。すでに成功している方法があるのであれば、それに乗らない手はありません。その起業家に連絡を取ってみるのも一つの手です。

ライバルになるのにいいのか、と考えるかもしれませんが、すでにビジネスを行っている人は、その分野について深い知識があります。実際に話してみることでさらにアイデアを深めることができ、良いビジネスパートナーになれる可能性もあります。同じような商品やサービスを扱っていても、ターゲットや質、価格が異なれば棲み分けをすることも可能です。自分と似たアイデアでどんなビジネスが行われているかを知ることは必要不可欠です

アイデアをブラッシュアップする

必要な情報を集めたうえで、自分は何をしたいかをブラッシュアップします。一番大事なのは、どんなお客様をターゲットにするか、です。結婚生活について悩んでいる女性は、「あなたの悩みをなんでも解決します」という相手より、「あなたの結婚生活の悩みを解決します」という相手に興味を持つでしょう。

広いターゲットを持つことは、多くの人を相手にできるように見えて、実は誰に対しても深く響かないものになります。ニッチであればあるほど、数は少ないかもしれませんが、その分ニーズも強くなります。最低限、お客様の性別・年齢・解決したい悩みを絞ることが絶対条件です。

次に何を売るかを考えます。しかし、これについては難しい作業ではありません。先程のお客様の解決したい悩みを解消するためにはどうしたらいいか、を考えることです。この時必要なのは、売ることを意識して作るのではなく、自分がお客様ならば何が欲しいかを考えることです

誠意がないと、それはお客様にも伝わり、信頼を獲得することはできません。起業でお金を稼ぎたいというのは当然の発想ですが、ここでは一旦外に置きます。またその悩みを解決できるならいくら払えるかを考えます。そして最後にそれを形にするためには、どのような作業や費用、時間が必要かを考えます。ここまで考えられれば、起業の下準備が整ったも同然です。

最後に

以上が、起業のアイデアを出す5つの思考法です。まずは自己分析をして、自分のできることで何かできないかを考えます。それが見つからない場合は、自分の抱えている課題や悩みを探します。なんとなくアイデアが浮かんだら、前例がないか調査します。そしてそのアイデアを商品レベルにまで落とし込みます。

起業において、自分の商品やサービスに絶対的な自信を持つことが必要です。自信がなければお客様からの信頼を獲得することはできません。その自信のためには、商品やサービスのアイデアが深く考えられていることが不可欠です。まだアイデアがない人も、すでになんとなくアイデアがある人も、今一度5つの発想法を試してみるのがいいでしょう

The following two tabs change content below.
pro

pro

都内のIT系企業に勤めながら副業でライターをやっています。 趣味は始めたばかりのゴルフ。

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

東京のベンチャー企業で働くアラサー男子です。好きなものは音楽とウーロンハイ。今を生き抜くためのカギ、“副業”についてのアレコレを発信していきます。