起業の心構えってどんなこと!?押さえておきたいポイント7選!!

起業

起業をするにあたり、大事なのが「心構え」をしっかり持つこと!!
「自分はこういった気持ちでいる」と決めておくことで、仕事を通じて人間的に成長することもできますし、人間力の向上は、結果的に事業にも良い影響を与えるものです。
では、具体的に起業するにあたって、どのような心構えでいるのが良いのでしょうか?
詳しく解説していきます!!

1.目的を明確に持って行動をする

あなたは自分の事業の目的をどう掲げていますか?
考えてみて曖昧だったり、ちょっとまだ分からない…。という回答だとしたら、もう少し自分と向き合ってみると良いでしょう。
目的を明確に持っていると、自分の意志が強く持つことができます。
また、意志を強く持てると、人の意見で心が左右されることが無くなります。
起業をする場合は、もちろん初めて起業をする方も多くいると思います。そんな時、きっと周りは色々なことをあなたへ伝えてくるでしょう。
中には心配して相談に乗ってくれる人もいるかもしれませんが、心無い言葉や、無責任に感じる言葉をかけられることもあるかもしれません。
その時、事業の目的を明確に持っていれば、そんな言葉に気持ちが揺らぐことはありません。しかし、意志がなく自信を持てない時は、人目を気にして自分らしい事業が出来なくなることもあります。
そうならない為にも、一度自分の事業の目的をしっかりと固めておきましょう!!

2.時間に厳しくなる

時間もお金と一緒で、起業したからにはしっかりと管理をしていく必要があります
慣れるまでは、1日のスケジュールでこなす仕事をザーッと紙に書き出して、それをこなすようにすると良いでしょう。
また、その1つの事柄に対して、どのくらい時間が掛かっているのかもある程度把握しておくと先々役に立ちます。
時間に細かすぎると逆にストレスが溜まりそうですが、「この時間をどう有効的に使っていくか?」と考えながら過ごすと、より生産性の高い仕事にも繋がるので、オススメです!!

3.誰に対しても礼儀を尽くし、感謝の気持ちを忘れずに接する

起業家となった時、以前よりも広い視野を持って行動をする必要があります。
広い視野というのは、色々な人たちの視点に立つ、理解しようとするという心構えです。
起業したからと言って、特別偉くなったという訳ではありません。
人に世話を焼いてもらったら「ありがとうございます!!」と感謝の気持ちをきちんと相手に伝えましょう。
気持ちの良い挨拶や感謝の気持ちを伝えられる人は、周りからも好かれます。
人から慕われると、仲間が増えて、仕事が楽しくなってきます。結果的に、自分の事業も成功に繋がりやすくなります!!
また、相手と交わした約束は小さな約束でも口にした以上は必ず守るようにしましょう!!
約束を守るのは当たり前のことですが、一度でも破ると信頼関係を修復するのに時間が掛かることもあります
約束事を守ることは、相手と信頼関係を深めていく上でとても大切なことです。相手と約束を交わした時は、内容を忘れないようにスケジュール表に書き込むなど、今のうちから習慣にしておきましょう。

4.人が嫌がることを進んで行う

掃除や地味な事務作業を嫌う人もいますが、誰かがやらなければ世の中は成り立ちません
「誰かがきっとやってくれるだろう…」そんな甘えを持っているなら今捨ててしまいましょう!!
起業したら、嫌なこともやらざる負えない状況が何度も訪れます。
顧客に失礼なことをしたら、率先して頭を下げないといけませんし、資金繰りでミスをしたら自分の資産を削ることになるかもしれません。
ですが、こうした苦労や努力は、絶対に自分を裏切ることはありません。
むしろ、こういった心構えの元で経験したことは、自分の糧になってくれることの方が多いのです。
今は起業してひとりで仕事をしていたとしても、事業が大きくなれば人を雇うこともあるでしょう。そんな時、下積みの苦労を知っていると相手の気持ちに立って考えることができます。より、仲間を大切にすることができるのです。

5.トラブルに見舞われても冷静に判断する

起業をすると、予期せぬ事態に見舞われることもあるでしょう。
そんな時、冷静に判断することができますか?
もちろん、ある程度の予測を立てて、マニュアルのようなものを作ることはできるでしょう。ですが、現実はいつもそれを越えてくるものです。
そんな時、大事なことは決して焦らないことです
では冷静に判断する心構えをどうすれば身に付けられるのでしょうか。
人は焦ると口調や行動が早くなります。
「今、余裕が無いな…。」そう感じた時は、意識的に口調をスローペースにしたり、行動をゆっくりしてみましょう。
あとは、深呼吸です。鼻から吸って、口から吐く、これを気持ちが高ぶった時は心がけてみてください。
気持ちを一定に保つのも、起業家としての大事な仕事。気持ちが冷静でなければ、判断力も鈍りますし、100%自分らしいパフォーマンスもできません。
また、自分自身を観察することも効果的です。
どんな時に焦って、余裕が無くなるのか?
そんな時どうするか?
こういったことを紙に書き出すと、より冷静な心構えが身に付くのでオススメですよ!!

6.自分の事業にプライドを持つ

事業を主導的に行っている以上、その事業にどれだけプライドが持てるかということも大事なポイントです
特に起業をしたばかりの時は、顧客なども当然いないので不安もあるでしょう。
そんな時に焦って、自分の仕事を安売りしたり、無理な注文を受け続けてしまうと、状況は良くなるばかりか、自分の事業内容の質が一向に上がらないままです。
逆にプライドを大切にすると、取引先ともフェアな関係が築けますし、良いビジネスチャンスに繋がっていきます。
起業したての頃は特に自信がないことが多いので、遠慮しがちに仕事をしてしまうこともあるかもしれませんが、「そうなっているのかも…」と感じた時こそ気持ちを強く、自信を持ってください!!

7.明るく、元気に、楽しく!! 常に成功のイメージを持つようにする!!

成功している世の中の起業家というのは、年齢問わず、いつでも明るく、元気で、楽しんでいます。
一見しても、ネガティブな要素がありません。行動力ありますし、常にアイデアに溢れていて、物事を前向きに考えています。
起業をするにあたり、大事な心構えは、常にポジティブな思考でいることです
世の中には「引き寄せの法則」というものがあって、ネガティブな時にはネガティブな出来事が起きてしまうもの。
ですが、常に前向きにポジティブなイメージを膨らませながら仕事をしていれば、良い結果が必ず付いてきます!!
「笑う門には福来る」という言葉があるように、事業に対して成功のイメージを常に持つように心がけてみてください!!

まとめ

いかがでしたか?
起業の心構えについてご紹介しましたが、大事なのは起業という道を選んだ自分を信じること。そして周りに対して謙虚に、感謝の気持ちを持ち続けることです。
こういった心構えは言葉にするのは簡単ですが、実際に行動して行くのは難しいものです。
心構えとして一番大切にしたいことから、ひとつずつ意識して、身に付けていきましょう!!

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

東京のベンチャー企業で働くアラサー男子です。好きなものは音楽とウーロンハイ。今を生き抜くためのカギ、“副業”についてのアレコレを発信していきます。