• HOME
  • ブログ
  • 副業
  • ならないように気を付けておきたい「副(複)業うつ」とはいったいナニ!?

ならないように気を付けておきたい「副(複)業うつ」とはいったいナニ!?

副業

本業の稼ぎだけでは足りない、また新たなスキルを身に着けたいなど、様々な理由から副業に挑戦している人もいるでしょう。しかし仕事を掛け持ちするというのは決して楽なことではありません。収入アップを見込むことができるとしても、その分時間や労力を犠牲にすることになるからです。そんな副業に伴って注目されているのが「副業うつ」です。

「副業うつ」とは

副業うつというのはその名の通り、副業を行うことによって精神的に辛い状況に陥ってしまうことを言います。あくまで生活のベースになるのは本業の方なので、サブ的な副業にそこまで疲労感を感じることはないのではと思われがちなのですが、副業ならではの大変さが精神的に大きな負担をかけてしまう場合があるのです。

副業と一言に言っても種類は様々です。アルバイトとして違う企業に属する人もいますし、ネットなどを利用して在宅ワークを行う人もいます。組織に入れば、他者との関わりを持ちながら仕事を行っていきます。

しかし在宅ワークだと誰とも関わらず仕事をすることができます。本業で忙しい人でも、ちょっとした隙間時間を見つけて収入を得ることができるタイプの仕事もたくさんあるので、挑戦している人も多いでしょう。どんな仕事を副業とするのかで副業うつの原因は変わっていきます。では実際にどのようなことが原因でうつ状態になりやすいのか、いくつか紹介していきます。

時間に関する拘束

まずは時間に関する拘束がないということです。これは自分のペースで仕事をすることができる在宅ワークによく見られる原因です。組織に入れば始業・終業時間が決められており、その間は拘束されることになります。時間が決まっているということは時間配分を考えながら仕事をすることができたり、休憩時間とのメリハリをつけることができるなどのメリットがあります。

しかし副業として在宅ワークなどを選択するとなると、自分が仕事をしたいときに行うことができるという自由な環境となります。自分のペースで仕事ができるのだから何の束縛もありませんし、気楽な印象を受ける人もいるでしょう。しかしこれではオンとオフの切り替えが難しくなってしまうのです

人によっては本業が休みの日でも仕事に打ち込んでしまったり、睡眠時間を削ってしまう場合があります。こうなると本業に支障が出てしまう恐れがあるだけではなく、自律神経が乱れて精神的に辛い状態になってしまう可能性が出てきます。時間による束縛は一見面倒なように見られますが、自由があるというのも考えものです

コミュニケーションの減少

次に他者とのコミュニケーションが減るということです。これも在宅で仕事をする人に多いタイプの副業うつです。誰かと関わりながら仕事をするというのは良い面も悪い面もあります。合わない人がいれば仕事に行くのも嫌になってしまう場合がありますし、意見が衝突してしまうこともあるでしょう。

いろんな人が集まるのが社会なので、自分と考え方が違う人間がいるのは当然です。しかし中には自分をサポートしてくれたり、気が合うような人もいます。仕事で悩んだときに相談にのってもらったり、一緒に解決策を考えてくれるような人と出会うことができるのも人と関わって仕事をしていくメリットです

それに対し在宅の仕事は誰かに頼ることができません。1人で仕事をするというマイペースな環境はノンストレスのように感じますが、悩みを共有してくれるような仲間がいないと、その辛さを自分の中に抱え込んでしまうことになります。それによってストレスがたまっていき、うつ状態へと繋がっていくのです。

本業とのバランス

最後に本業とのバランスがとれなくなってしまうということです。これはどのようなタイプの副業でも同じことが言えます。

本来副業は、本業に支障が出ないように行うのが基本的なスタイルです。しかし副業の方にやりがいを強く感じるようになり、本業よりも副業を優先させてしまう人も少なくはありません。

例えば、副業の種類によっては努力次第でしっかり稼ぐことができるものがあります。月々決まった給料が出る本業よりも、貪欲に働くことができるという人もいるでしょう。そうすると優先順位を見失ってしまいやすくなります。中には本業と副業が逆転してしまうというケースもあります

注意点

副業によってもたらされるメリットはたくさんあります。様々な種類の仕事があるので、自分のスキルや生活スタイルに合わせて仕事を探すこともできるでしょう。しかしそこにはいくつかの注意点があります。

自己管理

まずは自己管理をきちんと行うということです。本業も副業も何もしない休日を週に1回は設けるようにしたり、副業を行うのも毎日1時間だけにするなどの決まりを作りましょう。そうすることでメリハリをつけることができますし、休む時間をつくることで副業うつになるのを防ぎます。

仲間作り

次に積極的に仲間を作るということです。1人で行う仕事を副業としていると、何か悩みができても自己解決させるしかなくなってしまいます。それは精神的にも大きな負担となってしまうので、できるだけ仲間を作ることは大切です。

チャットや通話でのやり取りができるような友達を作っても良いですし、家族や友人などの身近な人に副業の相談をしても良いでしょう。事前にはけ口を作っておくことが、自分のマインドコントロールを行う上では必要不可欠です

自分のペースで

最後に焦らず自分のペースで仕事を行うということです。ネットや本などで副業による成功例を知ってしまうと、自分も早くそれを実現させたいと焦ってしまう場合があります。何のために副業をするのかだけを重要視してしまうと、早く目標を達成させたいという気持ちが強くなってしまいます。

そうではなく、何のために本業があるのかということにも目を向けながら副業に取り組むことが大切です。掲げた目標を副業によって実現させようとするのは肉体的にも精神的にも大変なので、自分らしく働くためにはどうすればいいのかを考えながら行うようにしましょう

最後に

副業を行うことは悪いことではありませんが、それによって他のことが疎かになっては本末転倒です。副業うつにならないように、きちんと自己管理を行いながら挑戦していくことが大切なのです。

The following two tabs change content below.
pro

pro

都内のIT系企業に勤めながら副業でライターをやっています。 趣味は始めたばかりのゴルフ。

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

東京のベンチャー企業で働くアラサー男子です。好きなものは音楽とウーロンハイ。今を生き抜くためのカギ、“副業”についてのアレコレを発信していきます。