• HOME
  • ブログ
  • 副業
  • あなたはどっちタイプ!?「副業が向いている人」と「副業が向いていない人」の特徴

あなたはどっちタイプ!?「副業が向いている人」と「副業が向いていない人」の特徴

副業

副業に向いている人

本業だけでは収入が少なく、何か副業をして収入源を増やしたいと考える人も増えています。そこで、まずは自分の性格が副業に向いているのかどうかを考えてみましょう。

意志が固く、自分にストイックである

副業が向いているのは、一体どのようなタイプの人でしょうか?勿論、副業と言えども色々な仕事があります。仕事内容によっても向き不向きはありますが、副業すべてに共通して言えるのは自発的に行わなければ仕事として継続できない点です。

本業とはまた違い、副業はやってもやらなくても自分次第と言えます。つまり、サボろうと思えばいつでもサボれるし、辞めることもできるわけです。その点から考えて、副業が向いている人は「意志が固く、自分にストイックである」という点がまず挙げられるでしょう。

本業を終えて、本当ならゆっくり休みたいところを自分に鞭打って副業に取りかかる。そんな姿勢を継続できるかどうかが副業を続けるためには必要と言えます。

言われなくても、自ら積極的に動ける人

また、与えられた仕事だけでなく、自分で仕事を探せるかどうかも重要です。会社で決められた仕事をマニュアル通りに勤務時間内に行うことはできても、空いた時間にやれる仕事を自分で見つけて行うことは意外と難しいものです。

言われたことしかできない人には、副業はあまり向いていないかもしれません。「あれをしておいてください」と上司に言われたことはできても、言われなければ何をすれば良いのか分からないという人もいるでしょう。そういうタイプの人は、できる副業も職種が限られてしまいます。

「言われなくても、自ら積極的に動ける人」というのも、楽しく副業をしている人に共通している特徴と言えるのではないでしょうか。

時間の使い方が上手

加えて、副業を上手に行っている人は「時間の使い方が上手」という特徴もあります。本業に家事に育児に趣味に、みんな色々と忙しいものです。

そんな中でいかにスケジュール調整を行い、計画を立てて上手に時間を使うかは充実したライフスタイルを送るための大きな課題です。副業をするためには、その作業を行うための時間が必要になります。

もちろん、中には暇をもて余しているという人もいるかもしれません。そういう人は問題ありませんが、多忙な人の場合は段取り良く時間を使わなければ副業は難しいでしょう

例えば、主婦でもシチューや肉じゃがなどの煮物料理を作ることで、煮ている間の時間を上手に使って在宅ワークをしている人も見られます。買い物に出かけている間に洗濯機を回せば、帰って来てすぐに洗濯物が干せて家事に使う時間を節約できますよね。

それと同じように、忙しい人でも工夫次第で時間を作ることができるはずです。副業を行うには、貴重な時間を上手に使う心がけをしたいものですね。

孤独に強い

もうひとつ、副業に向いている人は「孤独に強い」という特徴もあります。在宅ワークやせどりなどの仕事も、副業は1人で行う作業が多いです。ポスティングの副業も、1人でチラシやカタログなどを配達して回ります。

これらの仕事は会社でみんなで行う仕事とは違い、自分の力でやり遂げなければいけません。何かあっても自分で調べて解決することが求められるでしょう。

そして、会話をする相手もいないことがほとんどです。人間関係が苦手な人であれば、1人で黙々と行う副業は向いていると言えます。

しかし、みんなで楽しく働きたいという人の場合は、なかなかその希望が叶う副業は少ないのではないでしょうか。副業は孤独な環境でもやっていく覚悟が必要なのです

仕事の種類別の向き不向き

このように副業には意志の強さや自発性のある人、段取り良く上手に時間を使える人、そして孤独に強い人が向いていることが分かりました。それでは、次に仕事の種類別に向き不向きを考えていきましょう。

体力面

まず初めに、副業を行う際に体力面はどれくらい関係してくるのでしょうか。

例えば、副業のひとつに夜勤の仕事があります。日中本業をして、夜にコンビニのバイトや工場勤務、夜間警備などを行う人も見られます。夜勤の副業は、やはり体力がある人が向いているでしょう

夜起きているのが得意でタフな人でなければ、夜勤の仕事は続きません。夜勤は高額収入を得ることができるのでがっつり稼ぎたい人には向いていますが、健康管理ができるかどうかも大切になってきます。

ポスティングの副業も主婦や学生の間で人気ですが、配る部数にもよりますが体力は必要です。寒さや暑さにも耐えなければいけませんし、紙類は思いのほか重いです。マンションの集合ポストばかりのエリアであればまだ楽ですが、一戸建てだらけの住宅地に配るのは歩く距離も長くなるでしょう。ポスティングの仕事を行うなら、部数や配る環境などを事前によく確認するのがおすすめです。配りやすいエリアであれば、ちょうど良い運動にもなります。

ライティングやテープ起こし、イラストレーターなどの在宅ワークは比較的体力的には楽と言えるかもしれません。体力に自信がない人は、在宅で行える座り仕事を探してみると良いでしょう

スキル面

スキル面で、副業の向き不向きはあるのでしょうか?ライティングやイラストレーターの仕事などは、パソコンスキルや文章力、芸術的な才能なども多少必要になってきます。文章を書くのが好きな人はライターの副業が向いていますし、絵を描くのが得意ならばイラストレーターにチャレンジしてみると良いでしょう

また、せどりという副業があります。これはオークションや通販で売れそうな物を安くで仕入れてくる仕事です。

例えば、フリーマーケットに出かけてブランド品や古本などを安価で仕入れ、それをオークションで売るといった方法です。せどりの場合には、流行りを知ることや検索する能力、目利きなどのスキルが必要になってきます。

「これは売れそうだ!」と目を付けたものをスマホなどで素早く検索してオークションの相場を調べるなど、そこでの見極め力が収入額に関係してくると言えます。流行りに鈍感な人や優柔不断な人には向いていない副業かもしれません

 

最後に

副業をする際は、自分の性格をまず把握して向いているものを慎重に探してみることが大切と言えそうです。色々仕事がありますから、きっと自分に合ったものが見つかるのではないでしょうか。

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

東京のベンチャー企業で働くアラサー男子です。好きなものは音楽とウーロンハイ。今を生き抜くためのカギ、“副業”についてのアレコレを発信していきます。