まだまだ伸びしろが大きなシェアリングエコノミー!多くの人を豊かにすることができるのがポイント

シェアビジネス

シェアリングエコノミー

シェアリングエコノミーという言葉を聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。日本でも徐々に定着化の様相を呈しています。シェアリングエコノミーという名前だけを聞くと「何だか難しそう」というイメージを持つ人も多いかもしれませんが、その内容は至って簡単なものです。個人が所有するありとあらゆるモノを必要とする人に貸し出すことを仲介するサービスともいえます

メリット

シェアリングエコノミーが大きく取り上げられているのは、さまざまなメリットがあることに起因しているからといえるでしょう。貸し出す側から見れば、今まで使うことがなかったモノなどを必要とする人に貸すことで収入を得ることができます。また、資源の有効活用という点でも妙味があります。エコや省エネルギー社会に向けての取り組みが盛んに行われる現代社会にとっても極めて有意義といえます。

実際に、シェアリングエコノミーによってモノやサービスを利用する側にとっても、利点はたくさんあります。部屋や車を借りるにあたっても、従前とは比較にならないほど安価な金額でサービス提供を受けることができるようになります。例えば、部屋を借りるにしても、従前であれば、敷金や礼金、紹介手数料などの費用負担もさることながら、煩雑な手続きが必要となっていました。

しかしながら、シェアリングエコノミーを活用することで、極めてリーズナブルな価格帯で部屋を借りることが可能です。いわゆる「民泊サービス」が大きく注目を集めることになっているのも、費用負担を大幅に軽減できることや入居するための面倒な手続きが少なくて済むということが理由になっています。

普及した背景

ここまでシェアリングエコノミーが普及するようになった背景として挙げられるのが、ネット社会の浸透であることについては、容易に理解することができるのではないでしょうか。「手軽さ」や「利便性」がより大きく求められる時代になったことが、シェアリングエコノミーへの興味関心へとつながっているといっても過言ではありません

自宅のパソコンはもとより、出先や移動中でもスマホやタブレットを使えば、容易に情報収集ができます。ネットワークを活用すること自体は決して難しいことではないのも、多くの人がシェアリングエコノミーに参加することを可能にしています。

実際にシェアリングビジネスの当事者になるための高いハードルや条件などはなく、誰でもビジネスを始めることができるといっても過言ではありません。企業や法人である必要はなく、個人であっても、ビジネスに乗り出すことができるのもシェアリングビジネスの特徴といえるでしょう。普通のサラリーマンや主婦、シニアがあくまでも合法的に収入を得ることができるのも魅力の一つです。

理由

でも、なぜシェアリングエコノミーがここまで存在感を大きくするようになってきたのかという疑問を持つ人も多いかもしれません。この点については、時代のニーズにマッチしているという点が大きいといえます

世界的にもシェアリングエコノミーの考え方が定着を見せていますが、日本においても決して例外ではなく、むしろ、日本発というビジネスさえ登場しているほどです。ビジネスモデルとして成功をおさめるためには、当然ながら、サービスが行われる国や自治体の法令に従う必要性があることはいうまでもありません。いくら大きな収益をあげていたとしても、法令やルールを無視したものであってはいけません。

一時的には儲けることができても、やがて淘汰されることになるのは火を見るよりも明らかです。シェアリングエコノミーについては、むしろ、国や自治体が後押ししているというのも大きな特徴であり、そのことがビジネスの規模を大きくさせているのです

自治体の中には規制緩和に乗り出すところもあるなど、シェアリングエコノミーの拡大に協力する動きも多く見られます。国民が豊かになることは、国や自治体にとっても重要なことではないでしょうか。もちろん、一部の人だけが巨額の儲けを手にするような状況や多くの人の平穏な日常生活が脅かされる事態が起こるようなことがあっては元も子もありません。全ての人に恩恵がもたらされるような社会を作り上げていくことが求められます

安全や安心、安定といったことがより一層求められる中では、シェアリングエコノミーがよりその求めにマッチしているといえるのではないでしょうか。「無駄を省く」や「現存するモノを有効活用する」ということがより強く求められる時代において、まさに理にかなっているのがシェアリングビジネスです

以前のような型にはまった取り決めや固定概念などに凝り固まってしまうことが、成長や飛躍を妨げることはいうまでもありません。いわゆる中間マージンが大幅にカットできるのもシェアリングサービスの良さの一つです

サービス提供者と利用者が直接的にやりとりすることで、無駄な費用負担がなくなります。利用者にとっては、この上ない利点といえるでしょう。何の苦労もなく、中間マージンを手にしていた企業や個人が淘汰されることは当然のことであり、結果としてプラスです。

今後の働き方

少子高齢化による生産労働人口の減少傾向の問題は、日本の経済界にとっても大きな懸念事項となっています。ありとあらゆる面において、効率化が求められていることはいうまでもありません。シェアリングエコノミーを国や自治体が推し進めているのも、働き方を根底から見直していかなければならないという危機感が背景にあることも理由です

以前のように「朝から晩まで世帯主が働く」というような取り組みでは到底人手が間に合わないのが実態です。主婦やシニア、サラリーマンの副業も含めて、「空いた時間に働く」ということができるような取り組みへの着手も求められているのです。ワークライフバランスや働き方改革などという言葉が度々のように取り上げられるようになってきました。

在宅ワークやテレワークを導入する企業が大きく増えるなど、社会全体が大きく変化を見せています。シェアリングエコノミーに対する期待感が増しているのも、ある意味では自然の流れといえるのかもしれません。以前には考えることすら出来なかった「サラリーマンの副業」なども多くの企業が認めるなど新たな動きも見られます。民泊ビジネスなどに見られるような近隣から多発する苦情への対応など、課題はあるものの、サービスへの期待は高まるばかりです。

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

東京のベンチャー企業で働くアラサー男子です。好きなものは音楽とウーロンハイ。今を生き抜くためのカギ、“副業”についてのアレコレを発信していきます。