プログラマー・デザイナーは副業でどれくらい稼げるの?

副業

プログラマー・デザイナーは副業で稼げるのか

スキルや知識を活かして、本業以外に副収入を得ることができたら嬉しいですよね。各企業でも副業解禁の動きが広まっていることから、副業に興味を持つ方も増えています。

プログラマーやデザイナーの仕事は自宅でもできる為、副業としてはぴったりです。中には、本業以上に副業で稼いでいる方もいます。

プログラマーの副業

まずは、プログラマーの副業についてご紹介します。

アプリの開発

プログラマーの副業で注目したいのは、アプリの開発です。一人一台が当たり前になったスマホのアプリは需要が高くなっています。クラウドソーシング等でアプリ開発を請け負うのもいいですが、大きい収入を得るためには自分で企画したアプリを開発しましょう。

日常生活の中で「こんな機能があればいいな」「これができれば、もっと暮らしが便利になるのに」と思うことがあれば欠かさずメモしておきます。自分で企画して開発すれば、収入はすべて自分のものになります

もちろん、開発したアプリが売れなければ1円にもなりませんが、良いアイディアを思いついたら作ってみると思わぬ副収入を得ることができるかもしれません。ダウンロード数が伸びれば一つのアプリで10万円単位の副収入を得ることも可能ですし、開発したアプリが認められれば数十万円で企業に売ることもできます。

アプリ開発の副業だけで本業の収入を超える人もいて、その場合は月に20万円~30万円の副収入を得ていると予想されます。アプリ開発は楽しみながらプログラミングの技術を勉強することもできるため、副業初心者にもおすすめです

プログラマー関連のライター

他にもプログラマーの副業として簡単に収入を得ることができるのは、プログラマー関連のライターになることです。ライターと言うと、プログラマーとは全く関係がないように感じる方も多いかもしれません。

ですが、Web媒体のライターは常に不足しており、特に高い専門性を持ったライターの需要は高まっています。プログラミング分野はかなり専門性が高いことから、素人のライターでは読み応えのある文章を短時間で書くことは難しいでしょう。

その点、プロのプログラマーであれば、プログラミングのいろはからプログラマーの仕事の裏事情にまで精通しており、読者の満足度の高い記事を書くことが期待されます。通常、Web媒体のライターでは1文字1円程度の収入があれば、プロとして食べていけると言われています。

しかし、プログラミングライターのように専門性の高い分野のライティングであれば、1文字2円~3円も夢ではありません。1文字2円で1500文字の記事を月に10本書けば、それだけで3万円の副収入です。慣れれば1時間程度で1500文字書くことは充分可能ですから、時給換算すると3,000円の副業は稼げると言ってもいいのではないでしょうか。

更に、プログラマーの中にはオンラインのプログラミング講師の副業で稼いでいる方もいます。プログラミングが小学校の授業で必修化されるなど、プログラミングの知識の需要はとても高いです。そのため、オンライン講座の講師で月に10万円程度の収入を得ているプログラマーもいます。

デザイナーの副業

次に、デザイナーの副業についてご紹介します。

クラウドソーシング

デザイナーの副業では、クラウドソーシングサービスの利用がおすすめです。クラウドソーシングサービスは、依頼主が不特定多数の人に仕事を依頼する形式です。クラウドソーシングサイトを利用すれば、簡単に案件に応募ができます。

バナーのデザインやロゴの制作等、多種多様な案件があります。本業ではあまりしないデザインに気軽に挑戦できるのも、副業ならではの魅力と言えるでしょう。クラウドソーシングでのデザインの仕事は、多くの場合がコンペ方式です。

つまり、たくさんの応募されたデザインの中から依頼主が一番希望に合ったものを選び、選ばれたデザインの制作者に報酬が支払われる形式です。コンペで選ばれないと収入に結び付きませんから、モチベーションを保つのが難しいかもしれません。

しかし、応募できる案件は豊富にあるので、たくさん応募してみると良いでしょう。大体一つのロゴ制作で2万円~5万円程度の報酬が得られます。月に2つ採用されれば、副業として10万円得ることも可能になります。

スキルを売る方法

クラウドソーシングでコンペに落選し続けるという方は、ココナラ等に代表される自分のスキルを売ることができるサイトの利用もおすすめです。デザイナーと一概に言っても、得意分野は様々です。

イラストが得意な方もいれば、ロゴやバナーのデザインが得意な方もいるでしょう。Webデザインも需要が高い分野ですから、そのような自分の得意分野に特化してスキルを売ることができます。得意分野を売るため、仕事に対してモチベーションが下がったり、仕事をすることが嫌になることもないでしょう。本業では、自分がしたくない仕事をしなければいけないことも当然あります。

ですが、副業なら自分がしたい仕事にだけ集中することが可能です。このようなサイトでは比較的単価が安いのが実情です。そのため、簡単にできる作業をたくさんこなすことができる工夫が必要です。単価1,000円の仕事でも、月に10回の依頼を受ければ一万円の副収入になりますから数は重要になります。

coconala(ココナラ)

ココナラは、知識・スキルを売買できるオンラインマーケットです。簡単なお願いを500円から発注・受注できることが当サイトの特徴です。また、匿名での発注・受注が可能なので、ネットを介してのやり取りですが安全です。

最後に

プログラマーやデザイナーが副業をする時は、副業に割ける時間を考える必要があります。副業に割ける時間と作業量を概算して、自分なりの時給を算出してみましょう。時給で1,000円以上稼ぐことが期待できるなら、副業としては成功ではないでしょうか。

初心者のうちは時給も低いかもしれませんが、副業に慣れてくると日々の生活も副業の為に効率化するようになってきます。そうすれば、副業に割ける時間が増えるはずです。副業を通してスキルがアップすることで、作業速度も速くなるでしょう。

そうすれば、自然と時給はどんどんアップしていきます。副業が本業の収入を超えることも当たり前になるかもしれませんね。また、副業をすることでアップしたスキルは、本業でも力を発揮します

本業の仕事能力も上がれば、給料アップにつながるでしょう。副業と合わせれば、全体としてかなりの収入アップが望めます。プログラマーやデザイナーの方は本業と副業のバランスを取りながら、収入をアップさせていけるといいですね

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

東京のベンチャー企業で働くアラサー男子です。好きなものは音楽とウーロンハイ。今を生き抜くためのカギ、“副業”についてのアレコレを発信していきます。