妊婦におすすめの内職を紹介と賢い選び方・注意点まとめ

主婦

内職(副業)をしたい妊婦さん向けの記事です妊娠中でも内職やアルバイトをして収入を増やしたいと考える妊婦さんが増えています。でも、どんな内職をすれば良いか、どうやって求人を探すのか分からないという妊婦さんも多いようです。

そこで本記事では、妊婦さんが明日からでも始められるおすすめの内職と、開始までの手順などを紹介します。専業主婦の妊婦さんにも、休職中の妊婦さんにも役立つ内職の情報をまとめました。

妊婦さんでも内職は可能?

妊婦さんが内職(副業)をすることは本当に可能なのでしょうか?

仕事内容によっては充分に可能

妊婦さんでも内職でちゃんと稼ぐことは可能です。ただし、どんな内職でもできるというわけではありません。

前提となるのが、妊娠中で予期せぬ場合にも途中で辞められる仕事や、臨機応変な対応をしてもらえる仕事を選ぶことです。もちろん、採用側の企業にはあらかじめ妊娠していることを伝えておきましょう。

この点をクリアしていれば、妊娠中でも健康状態を優先しながら働くことができます。

妊婦さんは内職でどれくらい稼げるの?

一般的に内職とは、パソコンなどを使わずに手作業で製品の加工や組み立てを行う仕事のことをいいます。完全出来高制となる場合がほとんどで、時給に換算すると200~600円くらいの仕事が多く、賃金が安めです。

したがって、内職でガッツリ給料をもらうのは難しいといえますが、自宅で好きな時に仕事ができるというメリットがあるため、妊婦さんにも人気です内職以外にも、パソコンを使用した在宅ワーク、ブログ運営なども視野に入れると、妊婦さんができる仕事の幅はさらに広がります。

妊婦さんにおすすめの内職3選

ここでは、妊婦さんにおすすめの内職を紹介します。在宅ワークなど、パソコンを使用するものも併せて紹介しています。

シール貼りなどの手作業

妊婦さんにおすすめの内職は、シール貼りや袋詰め、梱包作業などの簡単な手作業です。特別なスキルがなくてもすぐに取り組める仕事が多く、初めて内職をする方でもやりやすい仕事です。他に、裁縫が得意な方なら縫製の仕事などもあります。

クラウドソーシングサイトでの在宅ワーク

妊婦さんには内職だけでなく、パソコンを使った在宅ワークもおすすめです。内職よりも求人が多く、より仕事を見つけやすいといえます。

初心者が在宅ワークを始める時に便利なのが、「クラウドワークス」などのクラウドソーシングサイトを活用するやり方です。簡単な無料登録をすればすぐに利用できます。

クラウドソーシングサイトには、データ入力や文章作成など、内職とは異なるさまざまな仕事があります。中でも妊婦さんには、ノルマのない単発の仕事から始めてみることをおすすめします。

クラウドソーシングサイトのメリットは、簡単な仕事から慣れて実績を上げ、徐々に難易度が高く、単価の高い仕事にもチャレンジできるという点ですそのため、専業主婦の妊婦さんなら、妊娠中は簡単な仕事に慣れておき、子どもが保育園などに入園したら、より高度な仕事にトライして収入アップを狙うというやり方も可能です。

ブログ運営

他に、自分のブログを運営し、アフィリエイトで稼ぐという方法もあります。ブログ運営は、アフィリエイトの知識をつければ、妊婦さんでも内職より効率的に稼げる可能性が高くなります

自分のサイトなので、自分のペースで無理なく続けることができます。専業主婦の妊婦さんと休職中の妊婦さん、どちらの場合も、出産してからも続けやすいのが魅力です。

地域密着型の内職もおすすめ

内職は、地域密着型のものもおすすめです。地域によって力を入れている産業の分野や特産品は異なるため、自分が住んでいる地域の特産品に関わる内職なら、仕事を見つけやすくなります。

また、特産品は生産量が多く、ブランド力もあるため、安定して長期的に働ける、出産後も継続しやすいなどのメリットもあります。

地域ならではの内職の例

1.今治タオルの内職

今治タオルの生産で全国的に有名な愛媛県今治市では、タオルの縫製や裁断、袋入れと箱入れなどの内職があります。今治タオルは品質が高く、地元だけでなく全国的にも需要が高いため、内職の求人も見つけやすいといえます。

2.丸亀うちわの内職

江戸時代から続くうちわ作りで有名な香川県丸亀市では、うちわ貼り(表裏両面、仕上げ)の内職があります。丸亀市は全国のうちわ生産量の約9割を占めています。最盛期は6~8月なので、特にこの時期の求人は見つかりやすいといえます。

3.丹波の栗の内職

丹波の栗で知られる兵庫県丹波市では、収穫した栗の皮むきをする内職があります。ただし、8~10月頃の栗の収穫シーズンに限られる仕事になります。また、作業には刃物を使います。産前産後休暇中の妊婦さんはすでにお腹が大きい方も多いと思いますが、安全のため、お腹の大きな妊婦さんにはおすすめできません。

地域密着型内職の求人の見つけ方

地域密着型内職の求人情報は、大手の求人サイトに掲載されることもありますが、より見つけやすいのは地元が発信する求人情報です。以下のような求人情報をこまめにチェックするのがおすすめです。

・地元の求人情報サイト
・地元の求人雑誌やフリーペーパー
・地元のハローワークの求人

求人サイトはスマホさえあれば、妊婦さんができる内職を探すことができます。

ハローワークで相談をする時は、妊娠していること、妊婦でもできる内職の求人を探していることを伝えましょう。また、妊婦の間だけ短期間で内職をしたいのか、あるいは出産後も続けたいのか、といった希望も整理しておくと良いでしょう。

自分で求人を探す時にも、妊婦でも可能かどうかを第一に考えましょう。中には「妊娠中の方可」などと明記されている求人もあります。このような求人だと分かりやすいですね。

休職中の妊婦さんが内職する時に注意すべき点

ここでは、産前産後休暇などを取得して休職中の妊婦さんが内職をする時の注意点を確認しておきましょう。

公務員の場合

公務員は基本的に企業への就職と自営は禁止されていますが、自営の中でも禁止されている職業とそうでない職業があります。近年は地方公務員の副業を後押しする自治体も出てきています。法律や自治体の内部規定をよく理解し、さらに産前産後休暇や育児休暇中の扱いにも注意しましょう

また、公務員は「信用失墜行為の禁止」が法律で定められているため、休職中の行為についても特に気を付ける必要があります。

民間企業の場合

近年は副業を認める企業が増えていますが、副業を認めている企業でも、会社の就業規則などをよく読んで、規定や条件を正確に理解しておく必要があります。産前産後休暇や育児休暇中の扱いについても注意しましょう。

こんな内職はダメ!妊婦さんにはおすすめしない内職

最後に、妊婦さんにはおすすめできない、やったらダメな内職や、内職詐欺・トラブル対策についてチェックしておきましょう。

ノルマのある仕事

クラウドソーシングサイトの求人には、たとえばライターの場合、「週に10本以上の記事を納品できる方限定」などの条件が決められている求人もあります。

母子の健康状態を最優先すべき妊婦さんにとって、こうしたノルマのある仕事はおすすめできません。妊娠中は予期せぬ事態が起こり得ることを想定し、無理のない範囲で働くことができ、もし途中で辞めても差し支えのない仕事を選びましょう

罰則制度がある仕事

仕事によっては、「ノルマを達成できなければ罰金を支払う」など、罰則制度を課している場合もあります。こうした制度が過度なプレッシャーとなり、無理をして仕事をこなしていると、妊婦さんの体に障ってしまう危険があります。罰則制度のある仕事は避けましょう。

内職詐欺・内職トラブルに合った時の対処法

求人の中には内職詐欺を行っている悪徳業者もいます。もしも内職詐欺や内職トラブルに合ってしまったら、国民生活センターへ相談しましょう。内職詐欺は、内職の仕事を募集しておきながらパソコンやソフトを売りつける、データ管理料を請求する、報酬を支払わないなどの手口があります。

国民生活センターへの相談は無料です。被害に合ったと思ったら、1人で抱え込まずに必ず相談してください。

未然に被害を防ぐには、募集企業の住所や電話番号など、身元をよく確認することです。住所を見てネットで地図検索をする、電話をかけて会社が実在するかどうかを調べるなどの方法もあります。

まとめ

妊婦さんにおすすめの内職について見てきました。

妊婦さんが内職をする時は、体調を最優先できる仕事を選ぶことが大切です。ノルマや罰則がなく、途中で辞めることが可能で、臨機応変に対応してもらえる仕事を選びましょう。自分のペースでできる手作業や、在宅ワーク、ブログ運営などはおすすめです

空いた時間を有効に使って、無理なく収入アップにつなげましょう。

 

The following two tabs change content below.
pro

pro

都内のIT系企業に勤めながら副業でライターをやっています。 趣味は始めたばかりのゴルフ。

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

東京のベンチャー企業で働くアラサー男子です。好きなものは音楽とウーロンハイ。今を生き抜くためのカギ、“副業”についてのアレコレを発信していきます。