割引できる?覆面調査員とは?

副業

現在では副業として様々な職業が注目されていますが、そのうちの一つに覆面調査員(ミステリーショッパー)という職業があります。よくテレビショッピングなどで商品を実際に使用し、紹介している方のことをショッパーと呼んでいる方がいますよね。それとは逆に、覆面調査員はミステリーショッパーと呼ばれ、主にショッパーであるということを隠しながら、一般人と同じように商品やサービスを利用、つまりは調査するわけです

仕組み

この覆面調査員という職業ですが、秘密裏に調査するという仕事内容でありながら、求人自体は公の場で募集されています。主に募集しているのは大手リサーチ会社などで、調査報告などがリサーチ会社側で利用される仕組みが多いです。

リサーチ会社が募集をかける案件は、不特定多数の調査員に参加してもらうことを目的としています。大規模な人数に一々面接や審査などを行っていては非効率なので、ほとんどが簡単なネット登録だけで参加できるものばかりです。「今すぐやりたい!」と思えばすぐに案件に参加できるのは、この仕事の特性の一つと言えます

給料に関しては時給制というわけではなく、案件ごとに設定されている報酬が支払われる完全な出来高制になっているので、やればやるほど報酬を獲得できます。時給に換算すると4000円以上稼げるという案件も多く、副業として十分な収入を期待できる面もありますね

調査形態

覆面調査員ですが、調査形態には大きく分けて二つのものがあります。

在宅モニター調査

一つは、家に居ながら行うことができる在宅モニター調査です。他の仕事と比べても、この在宅モニターを選ぶ方も多いのではないでしょうか。多くのサイトで募集されている案件で、自宅に届いた商品を一定期間使用し、効果や使用感などを報告することで報酬が発生します。

自宅にいながらできる」という点が魅力的で、中々家事が忙しくて外出ができないという方や、近くに調査対象の場所がないという地域の方でも利用できます。在宅モニターであればバレる心配というのがほとんどないので、その点もこの形態の魅力でしょう。在宅モニター調査では、主に発売前の化粧品や健康食品などを対象にしていることが多く、一般人であっても利用しやすい内容になっています。

店舗調査

在宅モニター調査とは別に、外出して店舗などを調査する店舗調査があります。こちらは少し難易度の高い形態で、調査項目が多い上に人目を気にしながら調査することが重要です。お店側に覆面調査員だということがバレてしまうと、店側が特別に良質な接客やサービスを行う可能性があるので、一般の接客やサービスを受けるためにバレてはいけません

それだけではなく、募集されている案件の調査項目を全て網羅する必要があります。ですが、店内で紙やスマホで項目を確認しながら辺りを見回していると、覆面調査員だとバレてしまう可能性もあるので、そのような行動は覆面調査を行う際はタブーとされています。

また、料理店であった場合は料理の味を報告するという主旨の案件もあるのですが、店内で覆面調査のレポートを作成するのも望ましくありません。そのため、事前に情報をしっかり確認し、調査した上での所感なども記憶しておく管理能力が必要になる形態です

この二つが主に募集されていることの多い調査形態ですが、在宅モニター調査に比べ、店舗調査の方が比較的高めの報酬が設定されています

メリット

覆面調査を行う上でのメリットですが、多くの方が「商品、サービスをお得に利用できる」と言っています。お得に利用できるというのは、「無料で商品、サービスが利用できる」という意味合いではありません。

これはこの仕事の特性の一つでもありますが、多くの案件は調査員に対して自費でサービスを利用してもらう場合が多いです。ですので、時給換算すれば高所得な副業としてみることができますが、稼ぐという表現をする方は多くありません

例えば、2000円を目安に料理を調査するような案件だった場合、報酬が1600円であれば、「2000円の料理を400円で食べることができた」ということになりますよね。つまり、お得に利用できるというのは、割引の商品やサービスを利用できるという意味なのです

場合によっては、本来買う予定だったものを、かなり低価格で利用できる可能性もあるので、特に主婦から利用されることが多くなっています。もちろん出費に対して報酬の方が高い場合もあるので、「稼ぎたい!」という方の要望に合った案件も存在します

また、覆面調査を募集している案件は様々な種類のものがあり、普段化粧品やエステなどに関心がない方が、この覆面調査をきっかけにハマるようになった例も存在します。普段と違った体験をしてみたい方などにも、おすすめできる職業だと言えます

デメリット

一方でデメリットですが、決して少ないわけではありません。まず、インターネット上に掲載されている案件に応募しても、実際に仕事ができるかどうかは運次第です

企業の直属調査員となれば良いですが、そのような調査員を応募していることはほとんどなく、多数の応募の中から抽選で選ばれて初めて、仕事が行える立場になれます。応募する際に料金や労力を消費しないので、何かを損するわけではありませんが、人気の案件ばかりに応募していると一生調査できないという可能性も考えられます。

また、どの調査形態であっても、インターネットで仕事を引き受けた場合、インターネットを利用して報告をしなければなりません。その際に書かなければいけないのが、調査した商品やサービスに関するレポートです

主に一般人に対して募集がかけられるため、文章が苦手な方でも良いと言われていますが、必要な事項を文章にできる力がなければ、報酬が支払われない可能性があります

「漢字が書けない」なども報酬の対象外になってしまう場合があるので、1つの商品を数行程度レビューできるくらいの文章力が必要です。このレポートは案件の難易度によって書く量も増えるので、無理のない案件選びも重要になります。

覆面調査サイト例

ミステリーショッピングリサーチ

ミステリーショッピングリサーチは、日本で最も多く覆面調査を実施している覆面調査(ミステリーショッパー)のサイトです。日本では16年以上の運用実績があり、月間では最大26,000件の調査を実施しています。

ショッパーズアイ

mixiのグループ会社である株式会社ミクシィ・リサーチが運営する覆面調査(ミステリーショッパー)のサイトです。当サイトでは振込手数料を負担してもらえたり、ランクによって様々な特典が受けられるなどのメリットもあります。

まとめ

覆面調査員は定価よりも安く、もしくは無料で商品やサービスを利用できるので、人気の職業の一つです。普段の生活の中で簡単に行えるものから、専門的な観点から評価しなければならないものまで多数存在します。興味のある方は、一度やってみるのも良いのではないでしょうか。

その他のちょっぴり変わった副業はこちら

 

The following two tabs change content below.
pro

pro

都内のIT系企業に勤めながら副業でライターをやっています。 趣味は始めたばかりのゴルフ。

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

東京のベンチャー企業で働くアラサー男子です。好きなものは音楽とウーロンハイ。今を生き抜くためのカギ、“副業”についてのアレコレを発信していきます。