代行業を副業にする人が増加。イメージのしやすさが人気の秘密

副業

今日多くの方々が副業として真っ先に連想するのは、やはり手元のパソコンを駆使する、自宅ベースでの業種でしょう。ただしこれらの大半は、費やした時間と労力に対し、確定報酬額の支給が約束されるとは限りません。

基本自分1人の孤独な作業となるため、時にヤル気を見失ってしまい、継続が難しい状況に陥ってしまうリスクが見過せません。働いて対価を得るのが副業である以上、自身だけの密かな達成感だけでなく、第三者から喜ばれる、感謝を伝えられる「やり甲斐」が感じられる業種に、より魅力を感じて当然でしょう。この「感謝されて確実な収入や約束される」という条件を満たす副業として、代行業が注目を集めています。

 メリット

ちなみに代行業ならではのメリットとして、通常のアルバイトと比較して、時給設定が高めの設定、業務内容が特定の作業に特化していてわかりやすい特徴が見過せません。あくまで本業のサブ的な位置づけでの仕事である以上、自ずと就労可能な時間も限られます。加えて複雑な専門知識や技術の習得が求められるとなれば、心身のオーバーワークから、肝心の本業への悪影響も懸念されます。スタート時点で自身の持つスキルの範囲内で対応可能な職種を選ぶことで、スムーズに副業との二足の草鞋のライフスタイルへと移行する流れがベストでしょう

始め方

何らかの代行業を副業として、まずは1個人で始めるのであれば、やはり仲介業者への登録が堅実でしょう。依頼主との条件面などの複雑な折衝を自ら対応する必要もなく、万一のトラブルに際しても、仲介業者が対応してくれる安心感も魅力です。仲介手数料分の手取りの目減りはデメリットに含まれると解釈できますが、安心して中長期的に継続するための「保険料」と捉えれば、決して収入面のロスではありません。

仕事内容

ちなみに具体的な仕事ですが、これらを「勉学系」「ビジネス系」「イベント系」「ケア系」などに区分すると理解しやすいでしょう。

勉学系

各々を補足説明しますと、学生の宿題や研究論文、卒論などの代行作成や、就活に際してのエントリーシート代行などの需要に応えるのが「勉学系」です。ただし論理的な問題が否めず、良心とどう向き合うかがポイントです。

仕事系

次に「仕事系」ですが、こちらは依頼先の業務を社員になりすます形で代行する副業です。多忙な社員に代わってのセミナーなどへの出席から、クレーム処理でエンドユーザーに謝罪に赴く仕事まで、業務内容はさまざまです。

イベント系

また合コンやお見合いパーティーの参加者として、その場を盛り上げるサクラを務めるのが「イベント系」です。外交的な性格の方であれば、趣味と実益を兼ねた副業と言えるでしょう。

ケア系

そして「ケア系」ですが、こちらはベビーシッターや高齢者のお世話など、専門資格や知識を活かす代行業の代表格です。高額時給が期待される反面責任も重く、相応の心構えが求めれます。

その他

その他身体を使うシンプルな作業として、大掃除代行や庭の草刈り代行なども、コンスタントなニーズで人気の職種です。個人宅内や敷地内での作業のため、礼儀作法や破損事故を起こさぬ注意が求められますが、依頼者の評価が自分自身にダイレクトに伝わる仕事の代表格です。

最初の仕事振りに高評価が得られれば、次回以降もご指名をもらえる期待も膨らみ、将来的には仲介業者を通さず、直接相談を受ける展開も十分想定されます

たとえば長年居住者から信頼されていた、分譲マンションの管理作業員が退任する際、引き続き管理組合の総意として、その人物に残って欲しいとの要望が生じる展開と共通しています。こうした人材が他社へ転職する場合、転職先の管理会社に乗り換えられてしまうケースも見られ、雇用する側の企業としては、対応に窮してしまうパターンです。

代行業

代行業もまた、現地に赴くみなさんご自身が代行業者の顔であり、高評価から紹介が繋がり、個人への仕事依頼が増え続ける可能性に満ちたジャンルです。もちろん一朝一夕で飛躍的に仕事が殺到するとは限りませんが、焦らず現場経験を無理なく積み重ねる中、次第にビジネスのシステムも理解できてきます。

本業の中長期的な未来への展開に希望が持てない、あるいは不安定な状況が否めないなど、副業から本業へのシフトチェンジ、すなわち代行業をメインとする独立起業も、もしかすれば視野に入ってくるかも知れません。実際に現在全国各地の第一線で業績を伸ばす代行業者の経営者自身も、こうした経緯をお持ちと推察されます。

このように代行業者に登録しての副業としての代行業は、困った時には、所属先に速やかに報告相談から対応を依頼することで自分自身を守り、高評価はダイレクトに自身に届けられる、安全面に優れた仕事です

自分自身が得意とするジャンルの作業に特化して継続すれば、現場経験を通じてのスキルアップにも繋がり、その効果をプライベートの色々な場面でも活かせることでしょう。そしてさまざまな現場の依頼者との円滑なコミュニケーションと真摯な仕事振りを通じ、評判と人脈が自然に広がれば、プラスアルファのビジネスチャンスも膨らみます。

もちろん敢えて未経験未知の業務にチャレンジするのも選択肢のひとつですが、こちらはあくまで副業を通じて自身の視野や見聞を広げたい方にマッチした、副業スタートのスタイルでしょう

最後に

代行業は働く自分自身の姿をイメージしやすく、その後の展開にも大きな可能性が期待できる、副業におすすめの職種です。ただしこちらの仕事が順調に広がりを見せ、独立起業が視野に入り始めた際には、一旦深呼吸してから冷静な現状分析と、中長期的なビジネスプランを見据える作業が不可欠です。

それまで所属先の代行業者がフォローしてくれていた、全ての作業プラス各方面への対応も、全て自身で担うことになります。単純に手取りの時給計算と楽天的な見通しから、見切り発車でこちらに仕事のウエイトを移行してしまう、あるいは抱える仕事量を急増させてしまうのは危険です。

あくまで堅実な副業としてキープしつつ、本業を疎かにしない基本姿勢がベースになってこそ、代行業のメリットをより確実に実感することができるでしょう。ベストマッチな副業との出会いを叶えて、経済的のみならず金銭的にもより豊かな毎日を過ごしましょう。

The following two tabs change content below.
pro

pro

都内のIT系企業に勤めながら副業でライターをやっています。 趣味は始めたばかりのゴルフ。

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

東京のベンチャー企業で働くアラサー男子です。好きなものは音楽とウーロンハイ。今を生き抜くためのカギ、“副業”についてのアレコレを発信していきます。