ブロガーで副収入を得るための手順やコツ

副業

ブログで広告収入を得る

ブログに広告を掲載して収入を得る方法はいくつかありますが、初心者でも取り組みやすいのはASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)を通じて広告主と提携する方法か、Amazonや楽天と提携する方法です。ASPは広告主とブログの運営者を仲介する役割を担う企業で、株式会社ファンコミュニケーションズが運営する「A8(エーハチ).net」はその一例です。

仕組み

広告主と提携することができると、広告をブログに掲載するためのタグを発行してもらえます。その広告を通じ、訪問者が所定のアクション(広告をクリックして商品を購入するなど)を起こすと報酬が発生します。

そして、それが広告主から承認されると収入になるという仕組みです。ブログの運営で得ている収入の規模は個人差が大きく、まったく収入のない人もいれば、本業を超える規模の収入を得ている人もいます。中にはブログの運営により得た収入だけで生活している人もいるというのが実態です。

報酬の違い

なお、ASPが仲介する広告は1件あたりの報酬が高いですが、掲載できる商品やサービスは限られます。これに対し、Amazonや楽天は1件あたりの報酬が安いですが、販売されている商品のほぼすべてが対象になるので取り組みやすいという特徴があります。

それぞれに一長一短がありますし、提携することは無料でできるので、ブログの運営が軌道に乗ったら両方を試して自身に合うものを見つけましょう。

ブログを始める手順

ブログを始めるのはとても簡単です。

サービスを選ぶ

インターネット環境さえあれば無料で利用できる、ブログサービスを提供する会社が多くあるからです。ただし、単にブログを運営したいというだけならどのサービスを利用しても良いですが、広告を掲載することが認められていないものがありますので注意してください。

副収入を得たいのであれば、広告の掲載が認められているサービスを選びましょう

内容

ブログを運営するときは、特定のテーマを決めて運営する方法と、自身の書きたいことなら何でも書く方法の2種類があります。初めからテーマを絞ってしまうと書く内容が限られてしまい、ブログの運営そのものが続かなくなる可能性があるので、ブログの運営が初めてなら何でも書くのがおすすめです

そして、ブログに書きたいことがはっきりしてきたらそのテーマに特化したブログに変えてしまうか、新たに特化したブログを立ち上げれば良いでしょう。

WordPress(ワードプレス)を利用

ブログの運営に慣れてきたら、自身でサーバーを借りてWordPress(ワードプレス)というシステムを利用するのがおすすめです。無料で利用しているブログサービスは、運営会社の都合で運営が突然、終了するリスクがあります。しかし、サーバーを借りて運営する場合はそうしたリスクがありません。

WordPressの魅力はそのカスタマイズ性です。WordPressは世界中で利用されているシステムのため、デザイン(テーマといいます)が豊富に用意されています。こだわりの機能を持つ有料のテーマも数多く販売されており、WordPressを利用するブロガーは多くいます。

そのため、本格的な副収入を目指すのであれば、最初からWordPressを利用してブログ運営を始めても良いでしょう

ブログを運営するコツ

まずは続ける

ブログを運営したことがまったくないのであれば、まずは続けることだけを目標とするのがおすすめです。文章を書くのは労力がかかるので、慣れるまでは苦労する人が多いからです。

まずは広告のことは忘れ、何でも好きなことで構わないので3カ月、続けることを目指してみましょう。ブログを書くようになると、日々の生活がすべてコンテンツに見えてきます。

そのうち、生活しながら気づいたことをどのように記事として書くか、自然に考えるようになります。そうなったらブログ運営の第1関門は突破です。

広告掲載

ブログの運営に慣れてきたら広告の掲載を始めても良いでしょう。ASPの登録やAmazon、楽天との提携を済ませ、自身の書いた記事に合う広告を探してみてください。報酬が発生するのは記事の内容と広告がマッチしているときが多いです。

なお、Amazonや楽天なら広告がクリックされていれば、記事に掲載した商品以外のものが売れても報酬が入ります。報酬を得ることをなるべく早めに経験したいのであれば、Amazonや楽天の広告を中心に利用するのがおすすめです

キーワードを選ぶ

記事を書くことに慣れたら、次はその記事を必要としている人に対し、どのようにして届けるのかを考えてください。インターネットの利用者が、それまで知らなかったウェブサイトに訪問するきっかけの多くは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンによる検索です。検索エンジンを利用するときは検索窓にキーワードを入力しますので、記事を書く内容を思いついたときは、その記事を読んでほしい人がどんなキーワードを使うだろうかと考えるのです。

たとえば、ロボット掃除機である「ルンバ」という商品を利用した感想について記事を書くとします。利用してとても満足したのであれば、満足した理由やおすすめの使い方、どこで買うと安いのかといった情報を書きますよね。それらは、これからルンバを買おうかどうか検討している人にとって役立つ情報です。そうした情報を必要とする人が使いそうなキーワードは「ルンバ 感想」「ルンバ 価格」などいろいろあります。

こうしたキーワードのうち1つあるいは2つを選び、記事の主題とします。そして、記事のタイトルをつけるときにはそれらの言葉を入れましょう。たとえば「ルンバを買ったら家がピカピカに!ルンバを使った感想と価格や機能などの情報まとめ」のように、キーワードをタイトルに入れると情報を必要としている人に伝わりやすいです。また、検索されたときに、その記事が上位に表示されやすくなるといわれています。

ブログの運営を通じて副収入を得たいのであれば、自身の書きたいことを書きたいように書くだけではうまくいきません。情報を必要とする人が使いそうなキーワードを意識して記事を書き、検索エンジンから多くの訪問者をなるべく多く呼び込んで記事を読んでもらう必要があります。読んだ人の全員がルンバを購入するわけではありませんので、まとまった収入を得たいのであればニーズのある記事を書き、必要としている人に提供することが必要です。

最後に

ブログを始めること自体は簡単でも、長続きせずに挫折してしまう人も少なくありません。また、1円も報酬が得られなくてモチベーションが落ち、それでやめてしまう人もいます。そのため、まずはブログ運営に慣れて続けられるようにしたうえで、Amazonや楽天など、報酬を得るハードルの低い広告を利用することを主にこの記事では紹介しました。

本業をもちながらブログ運営に取り組む場合、半年で報酬ゼロから脱出することを目指すのが1つの目安です。もちろん、個人差はありますので早い人なら3カ月、遅ければ1年くらいかかる人もいるでしょう。しかし、報酬を得る体験をすると、人の役に立ちながら副収入が得られるので、きっとブログ運営が楽しく感じられるはずです。迷っているならまず、ブログサービスを探すことから始めてみてはいかがでしょうか。

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

東京のベンチャー企業で働くアラサー男子です。好きなものは音楽とウーロンハイ。今を生き抜くためのカギ、“副業”についてのアレコレを発信していきます。