• HOME
  • ブログ
  • 副業
  • 副業で行うアフィリエイトで気を付けるべき法律は!?6つ紹介!!

副業で行うアフィリエイトで気を付けるべき法律は!?6つ紹介!!

副業

自分のブログやサイトの記事に広告を貼りつけて、その成果報酬で収入を得るというアフィリエイト!!会社員をはじめ、主婦など多くの人が副業として行っていますが、じつはアフィリエイトに限らず、副業には法律がつきもの。

もし何かトラブルが起きてしまった場合、「知りませんでした」では済まされませんそうならないために、今回はアフィリエイトに関わる法律を解説!!始める前に是非一度チェックしてみてください!!

アフィリエイトとは?

ブログやサイト内に広告を貼って、その広告の商品やサービスが購入されたら自分に収入が入るという、広告主体のビジネスのことです広告数はとにかく幅広いジャンルがあり、自分でどの広告を貼るのか選択できます。

また、その広告にクリックして貰えるように、サイトやブログのアクセスをアップさせるスキルも身に付けて、それを実践していく必要があります。現在、目まぐるしく情報の需要も変わっているので、常に新しい情報に目を光らせて、それを発信していく意識を持つことも大切です

アフィリエイトは、会社員の仕事とは異なり、時間的には自由度が高いので、子育て真っ只中の主婦の方や、会社員の副業としても大きな人気を集めています。

アフィリエイトをする上で気を付けるべき法律

そんな、アフィリエイトですが、気を付けるべきことがいくつかあります。これを破ってしまうと、民事責任や場合によっては刑事責任を問われてしまうものまであります。

それでは、アフィリエイトを続ける上で、守らなければならない大切な法律を1つずつ説明していきます!!

著作権法

アフィリエイターなら、最も気を付けるべき法律ですアフィリエイトは広告を紹介するビジネスですが、その過程で記事を書いたり、写真を載せたりします。

例えば、自分がまったく知らない未知の業界の記事を書く場合。知識がない、分からないからと言って、他サイトの記事や本の内容をそのままコピーして使用してはいけませんその著作権を持っている権利者から訴えられた場合、損害賠償などの民事責任だけではなく、刑事責任も負うこともあります。

また、著作権に触れると、広告主からも厳しいペナルティーを受けることもあります。グーグルアドセンスという最大手の広告配信サービス会社は著作権に厳格です。著作権に触れる動画や写真、文章などを掲載すると広告を利用できなくなる可能性もあります。

しかし、記事を書く中で自分が分からない知識に触れることもあるでしょう。その時はその文章を一度読んで、自分の言葉で書き換えて記事を書くようにしましょう書き終った後に「コピペリン」等を使用して、似通った文章がないかどうかをチェックした上で掲載するのが一般的です。

肖像権

現在はSNSなどの普及により、誰でも簡単にスマホで写真を撮れるようになりました。街中で有名人を見かけて思わず撮影して載せたり、ブログ掲載用に勝手に通行人を撮影したり…。

日常的にしているかもしれませんが、こういった本人の許可なく載せると行為は、肖像権に触れますもし、撮影された本人が気づいてクレームを出してきた際は、訴訟に発展する可能性もあります。

アフィリエイトを通して、もし人物が入り込んだ画像を使用する時は、本人からきちんと許可を得るか、無料の画像提供サービスを利用するようにしましょう

名誉棄損

違反すると著作権と同じく、刑事責任に繋がる可能性がある法律です。名誉棄損とは事実とは異なり、またその対象者を貶めるような情報を流すと、触れてしまう可能性があります

例えば、飲食店で晩御飯を食べに行った場合。店が混んでいて晩御飯が提供されるまで時間がかかったことに腹を立て、「出された食事に髪の毛が入っていた。スプーンも汚れていて不衛生だ。もう二度と来ない。」などと、事実とは異なる投稿をしてしまった場合、名誉棄損に触れる可能性があります。

もちろんアフィリエイトでも、相手を貶めるような内容の記事を書くと大きなペナルティが発生するので注意が必要です批判のような内容の記事を書く時は、その中身が名誉棄損に触れないか、一考してから投稿をするようにしましょう。

侮辱罪

一見、名誉棄損との区別が難しいように思いますが、簡単にいうと、侮辱罪は事実を伝えていなくても、公然と相手を侮辱することだといわれています

例を挙げると、何に対して言っているのかは不明ですが、本人に対して「バカ」とか「クズ」など罵倒するような言葉を書きこんだ場合はこれに当てはまります。

芸能人のトレンド情報などでアフィリエイトサイトを作ろうとしている方は要注意。こういった言葉は芸能人関連のサイトやブログに多くみられる傾向にあるので、こういった乱暴な言葉や人を貶めるような記事を作成しないと、しっかり肝に銘じておきましょう。

薬事法

美容・健康・育毛など、アフィリエイトでは人気が高いジャンルですが、ここでも注意が必要です。広告へ興味をひきたいという一心で、「このサプリを飲んだら絶対に痩せます!」とか「この美容液を塗ったらニキビは1日で治ります!」などという断定的な言葉を使用してはいけません

そして、健康グッズでありがちなのが「使ってみました」という名目で使用前と使用後の写真を投稿すること。これも実は禁止されていますもし美容系や健康系のアフィリエイトを考えているなら、こういった点にも十分注意をして行う必要があります。

金融商品取引法

アフィリエイトで人気が高いジャンルのひとつが、株やFXなどの投資関係。これに関しても「絶対に儲かります!!」などと書いてはいけません簡単に、確実に利益が出るというような誇大表現を行うと、この法律に触れてしまいます。

また、間違った情報サービスや古いサービスの掲載にも気を付けましょう。当たり前ですが、投資には必ずリスクが伴います。金融や投資系でのアフィリエイトを考えている方は、リスクについてもきちんと記載して、正しい情報を発信していくことが大切です。

年間20万円以上アフィリエイト収入がある場合

アフィリエイトでの副業収入で、1年を通して20万円以上になる時は、必ず確定申告をしなくてはなりません面倒でも、必ずしなければ所得隠しとなってしまうので注意してください。

また、公務員は原則としてアフィリエイトをはじめとする副業が禁止されています。会社によっては副業自体が禁じられている会社もあるので、会社員の方は副業を思い立った時、必ず就業規則をチェックしておくようにしましょう。

これも、法律同様、「知りませんでした」では済まされません。事前にきちんと確認をしてから副業を始めるようにしましょう

まとめ

アフィリエイトは、誰でも簡単に始められるという入口の広さも魅力ですが、何も知らずにブログやサイトを続けていると、思わぬトラブルが発生することもあります。まずは、ご紹介した法律への知識を少し持って、アフィリエイターとしてルールを守って健全にビジネスをしていくという意識が何よりも大切です

是非、アフィリエイトを始める上での参考にしてみてくださいね!!

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

東京のベンチャー企業で働くアラサー男子です。好きなものは音楽とウーロンハイ。今を生き抜くためのカギ、“副業”についてのアレコレを発信していきます。