副業8選

副業やるならこれをやろう!サラリーマンにお勧めの副業8選

副業がトレンドとなりつつある昨今。
できれば自分も副業にチャレンジしてみたいとは思っても、一体どんな副業に手をつければよいのか悩んでいる方も多いと思います。
そこで今回は、そんなサラリーマンの方にお勧めの副業をご紹介。
ぜひ参考にしてみてください。

クラウドソーシング

やはり今副業を手軽にやるとすれば、このクラウドソーシングが一番のおすすめになります。
クラウドソーシングとはいわゆる自分の特技や趣味の中でお金になるものを、フリーランスとしてクラウドソーシングを仲介するサイトから請け負うという仕事になります。
とは言え、突然特技と言われても難しいと考える人も少なくはないでしょう。
実際自分の特技や趣味というものがお金になるなんて、考えてもみない人が多いのが現実ですからね。
しかし、クラウドソーシングを仲介するサイトなどを、一度見てみるとよいと思うのですが、実にクラウドソーシングで求められているスキルというのは多種多彩。
きっと、自分のスキルが生かせるものが見つかるはずです。
たとえば、記事作成(いわゆるライター)やイラスト作成(イラストレーター)などのある程度腕の必要なものはもちろんのこと、占い・相談・ナレーター、中には恋愛相談なんかもあります。
それこそ、話し相手というものまであって、もはや、お金にならない特技や趣味はそこには存在しないのではないかと思われるものがたくさん存在するのです。
ぜひ一度、検討してみるといいのではないでしょうか。

せどり

昔からよく行われている副業の一つにせどりがあります。
簡単に言えば「転売業」ということになるのですが、ネット社会がここまで進んだ事によって、このせどりという仕事にも幅と自由度が随分と広がってきました。
一応断っておきますが、人気商品を新品で買って高値で釣り上げるような転売をここで進めたりはしません。
またコンサートチケットの転売のような(いわゆるダフ屋行為)も、今ここでおススメする副業ではないことを断っておきます。
そうではなく、ここでお勧めするせどりは、欲しい人のもとに商品を届ける仕事という言い方があっていますね。
どういうことかというと、ここで言うせどりとは、中古販売店や古書店において、安く仕入れることができる商品を買い求め、それをネットを通じてほしい人に販売するというものだからです。
ようは、埋もれてしまって安く買いたたかれている商品を見つけ、欲しい人に適正価格で売る仕事です。
もちろんこれには情報量とネットワークが必要です。
しかし、今や情報とネットワークに関しては、このネット社会によって、どれだけでも取得できる時代となりました。
それにより、今までのせどりの黄金パターンであった「古書店から安く仕入れて高くアマゾンで売る」という方法だけでなく、ネットオークションやフリマアプリなども駆使してかなりの商品を対象にできるようになりました。
仕入れに足を使う必要もなくなり、家に居ながらにしてできる仕事にさえなっているのです。

アフィリエイト

ネットの世界では、もう充分市民権を得てきたと言っても過言ではないアフィリエイト。
つまり、自分で運営するブログなどのサイトを閲覧してもらうことで、そこに掲載している広告から広告料をもらって稼ぐというものです。
とは言え、昔はちょっとハードルが高かったのも事実。
しかし、ずいぶん今ではその仕組みも簡略化され、昔と比べて自由度も高くなってきており、副業としてブログを運営し広告料をとるというのは、また魅力が高まってきています。
しかも、結構儲かる。
1万円くらいの収入なら本当に簡単にできますし、本業を超えてしまうほどの収入を得ることも全くの夢ではなくなっています。
またこれまでは、グーグルの検索上位に掲載されるための手法(SEO)がしっかりと確立されていましたが、度重なる検索アルゴリズムのアップデートで、その絶対的な手法も確立されにくくなっています。
つまり、小手先のテクニックや裏技的な知識が通用しなくなっているんですね。
言い換えればそれは、純粋に掲載している記事の有用性やその質が問われる時代になっているということで、魅力なサイト作りという原点に戻ってきているということ。
それは小手先の技術を知らん場くても、しっかり戦っていけるということですから、ある意味今がチャンスかもしれません。

シェアリングサービス

聞きなれない言葉だと感じる人もいるかもしれませんが、実はこのシェアリングサービスというものも大きく注目されている副業の一つです。
それは何かといえば、いわゆる自分の持ち物を他人に貸すというサービスですね。
たとえば、観光地の近くに使っていない土地があった場合、そこを駐車場として貸し出すなんて言う昔からある商売もシェアリングサービスです。
とはいえ、もちろん、現代のそれはもっと多種多様。
たとえば自分の部屋を外国人旅行客の宿泊施設、いわゆる民泊の場所として提供するというのもそうですし、飲食店経営者であれば、その店舗内に旅行者の荷物預かるなんて言うのもあります。
他にも、ペット・ブランド品・自動車・自転車など、様々なものを貸し出すことでお金を得るサービスが最近増えてきています。
それだけではなく、いわゆる時間や労力のシェアというのもあります。
家事代行やセミナー、英会話レッスンから観光ガイドに至るまで、自分の能力都市間をシェアするという形でも行われているシェアリングサービスは、今後注目の副業です。

Youtuber

はい、もはや説明不要の人気職業。
というよりも現在に至っては、それを本業として目指す人が多く、一気にスターに上りつめることができるほどに夢のある職業と言ってもよいものとなりました。
しかし、そこまで目指さないのであれば、なかなか魅力的な副業になり得ます。
動画撮影や編集なども、かつてと違って専用の機材やソフト、もしくは知識が必要とされなくなってしまい、スマホさえあれば誰でも簡単にできる時代となりました。
ただ、ライバルが多いのは言うまでもありません。
ですから、もちろん安定的な収入が得られる職業ではありませんが、副業にそれほどまでに大きな収入を望んでいないのであれば、趣味として楽しみながらお金が稼げるものでもあります。
そして、うまくいけば、一獲千金の夢もある。
ちょっと楽しみながら、そして一攫千金も夢見ながらできる、そんな副業だと言えますよね。

FX

FXとはいわゆる外国為替証拠金取引、つまり、通貨トレードです。
簡単に説明するならば、円やドル、ユーロやポンドと言った通貨を買ったり売ったりすることで、その利ザヤを稼ぐという仕事になります。
もちろんこれは投資取引のジャンル。
確実に稼げるですとか絶対に儲かるということは言えませんし、言ってはいけないのですが、無茶をしなければ結構安定的に儲けの出るものでもあります。
もう一度言いますが、無茶をしなければ、です。
たとえば、数年前のブレグジットやアメリカ大統領選挙、そしてもっと前のギリシャ危機などの時に、FXで大損をして人生を台無しにした人もいます。
副業として考えるならば、投資額がゼロになってもいいくらいのライトな感覚での参加が望ましいですね。
副業は本業どころか人生に害をなしたのでは、本末転倒となります。
社会情勢や政治経済、そして国際情勢にきちんとした理解と知識があるのであれば、手を出してみてもよいかもしれません。

不動産

これいわゆる不動産売却益の話ではなく、マンション経営などの話です。
もしあなたに、先祖伝来の余っている土地や、転勤したことによって空き家になってしまっているマイホームなどがあるならば、賃貸経営を試みるのもいいかもしれません。
長いスパンで物を考えるならば資金をためて物件を購入し、その経営に乗り出してもいいでしょう。
しかし、そのためには不動産投資に関する知識など勉強が不可欠となってきますし、現在人気のエリアではなく今後人気になるだろうエリアの選定など、各種先見の明も必要となります。
もちろん、失敗すれば、負債は大きくなります。
ただ、ネットの発展により、やはりこれもその場所の選定などに大きな情報を得ることができるようになったため、昔ほどリスキーでもなくなりました。
しかし、もしうまく当たってしまえば、あとはセミオート。
自分の管理する物件からは、毎月のように不労所得が入ってくるわけですから、何もしなくても副業をしているということになるのです。
副業はしたくても忙しい人や、休みはしっかり休みたいという人にはうってつけの副業になることは間違いありません。
昔から不労所得の代名詞のようなこの方法は、今でも間違いなく、人気の不労所得系の副業になっているのです。

ソーシャルレンディング

これもまたネット社会の進歩によって注目を浴びている副業。
いわゆる投資ビジネスということになるのですが、銀行預金のように元本保証がないのが普通ですが、いわゆるクラウドによって少額の投資を集める形ですのでリスクはあまり大きくないのが特徴です。
それは、よくミドルリスクミドルリターンの投資と言われるものです。
これについても、要は投資の話ですので確実にもうかるとは言えませんが、ミドルリスクミドルリターンなのは確かですし、仲介に入る企業もしっかりしているものが多いので、危険性は少ない副業になります。
また、お笑い芸人のキングコング西野氏が絵本作成をしたときに話題になった投資型クラウドファンディングもこれと同じようなもので、様々なジャンルの投資が存在するのも特徴の一つとなっています。
ネットによるリスク分散を果たしていることにより、利用者も増える傾向ですし、今後発展の余地が大いにあるものでもありますので、情報を仕入れておくのもいいかもしれません。

まとめ

いかがでしたか、サラリーマンにお勧めの副業8選
気になるものはありましたか?
今やネットの発達で、副業の概念も大きく変わりつつあります。
ぜひ情報を大切にして、自分に合う副業を選んでみてください。

ABOUT

東京のベンチャー企業で働くアラサー男子です。好きなものは音楽とウーロンハイ。今を生き抜くためのカギ、“副業”についてのアレコレを発信していきます。