仮想通貨

大儲けとリスクは背中合わせという常識。副業としての仮想通貨取引

いわゆるビットコインへの注目で今や世界のトレンドともなった仮想通貨。
最近では、持つと儲かるという意見が大半を占め、年末来暴落したと言われるビットコインも、それでもそれもまた一つの幅としかとらえられていません。
仮想通貨取引を副業として考えたとき、果たしてやって行けるのか。
そこに危険はないのか。
今回はそのあたりに迫ってみましょう。

ビットコインは氷山の一角に過ぎない

仮想通貨というと脊髄反射的にビットコインの名前が出てきます。
もちろん、現在世界で取引されている仮想通貨はその大半がビットコインであるのは間違いなく、主流と考えて間違いありません。
しかし、現在アルトコインと言われるビットコイン以外の仮想通貨も無数に存在します。
たとえば、リップルやライトコイン、イーサリアムや、2チャンネル発祥の国産仮想通貨モナーコインなど、玉石混交の様相を呈してきています。
となると、これまで仮想通貨の話題と言えば、ビットコインの高騰や暴落でしたが、これからは変わります。
たとえば、第二のビットコインの誕生や仮想通貨戦国時代に生き残る仮想通貨の発見など、不確定要素の多い群雄割拠の時代に突入するというわけなのです。

ビットコインとアルトコイン

ビットコインはもはや低リスク商品と言えるかもしれない

現在、群雄割拠の様相を呈してきた仮想通貨の世界。
そんな中、現在勝ちを続けるビットコインの存在は、仮想通貨というものを取り巻く現状の中で、その中心にあるのは間違いありません。
もちろん、最近でも高騰や暴落のニュースは存在します。
しかし、これまでのビットコインの歩みから考えれば、先ごろの暴落もその前の高騰も、たいしてことはないと言っても間違いはありません。
むしろ安定して価格変動しているとさえいえるレベルです。
しかも、これからも出てくるであろう現在も多く存在するアルトコインは、多くの取引所でビットコインを使って取引されています。
つまり、すでにネットの世界、つまり仮想現実の世界ではビットコインは安定した通貨になりつつあるのです。
もちろん、投資に安定は存在しません。
しかし、現在においても仮想通貨の中ではビットコインは低リスク商品と言えますし、このまま推移すれば普通の為替取引や株取引程度の安定商品となって行く可能性もあります。

これからの大儲けはアルトコインで考える

そうなってくると、もはやビットコインは一獲千金の夢を託せる仮想通貨ではありません。
そんな中、新たにそんな一獲千金の夢を託せる仮想通貨こそが、アルトコインと言われる、いわゆる第2第3のビットコインたちになるのです。
たとえば、純国産の2チャンネル発祥モナーコインは一時グンと高騰しネットの世界に衝撃が走りました。
現在は、これと言って急騰や暴落を繰り返すアルトコインはありませんが、ビットコインが安定化してくれば、一獲千金を狙う人たちがアルトコインに鞍替えするのは想像に難くありません。
そうなれば、あとは運と情報収集が物を言う、ある意味ギャンブルの世界。
ネットという広大な世界を考えれば、そこで流通する基本的な価値と安定的な存在感を持つ通貨がビッコインだけで終わるというのは考えにくい事です。
となれば、次なるビットコインはどれなのかを当てる競争は必ず始まります。
そう言う点で言えば、ビットコイン単発の高騰や急落に一喜一憂していたころよりも、よりギャンブル性は高まっていると言えます。

仮想通貨のリスクとは

ハッキングクラッキングなどのセキュリティー

仮想通貨のリスクとして一番に大きいのは、それがネット上の情報であるということです。
ブロックチェーンという画期的な方法によって支えられている仮想通貨は、それこそがその利点の大きな一つではあるのですが、とは言え人間のやることです。
ブロックチェーンは単一の管理者を持たないことが、公平性と透明性の担保になり仮想通貨の人気を支えてきました。
しかし、それは同時に、そのシステムが何らかの悪意ある攻撃にさらされた時、だれもその責任をとってはくれないということでもあるのです。
昨年末韓国の小規模取引所がハッキングを受け、倒産するという事件も起きています。
決して楽観視できる状況とは言えないのです。

国の規制が明けられるかもしれない

今、ビットコインをはじめとする仮想通貨はかなり自由なネット空間で取引されています。
しかし、これが一部の人達のものではなく、一般化されて常識化していくことにより、国家や国際機関による規制はきっと入ります。
というのも、仮想通貨は、その自由度ゆえに犯罪やマネーロンダリングにも使いやすいという面もあります。
また、仮想通貨によって、税制というものの抜本的な見直しは不可避ですし、従来のリアルな通貨の価値を大きく変えてしまう可能性もあります。
そうなったとき、果たして仮想通貨は魅力的な投資の場となり得るのか。
介入による暴落も考えて、リスク管理をする必要は必ず出てくるでしょう。

ネット技術の向上はリスクにもなる

ネット上の通貨である仮想通貨にとって、ネットの世界や情報技術の向上は歓迎すべきことです。
しかし、逆に、この技術の向上により、安全性を保ってきた仮想通貨のセキュリティーや存在の根拠が、簡単に解読されてしまうことも考えられます。
特に量子コンピューターを利用した量子ゲートが実用化されれば、かなり危険です。
この先、量子ゲートが一般に流れるようなことがあれば、ネット上の暗号化技術など、もうほとんど意味をなさなくなるという専門家もいます。
そうなれば、もうそこにあるのはただの危機リスクではなく、仮想通貨を財産として持つ人間を巻き込んで起こる、完全なる崩壊と言ってもいい状況なのです。

副業と仮想通貨

先行きの見えない投資は副業に向かない

このように、仮想通貨というのは、うまみはあるもののリスクが多すぎる投資です。
そして、このようにリスクの大きい投資は、副業やパラレルワークの一翼を担うものとしては、個人的には不適格なものだと考えています。
今のところ仮想通貨は、あくまでギャンブル要素の高い、一獲千金を夢見る投資用の商品です。
一方副業やパラレルワークの一翼となりうるのは、ある程度の安定性と将来性が低リスクで認められるものです。
そのため副業としての投資で、仮想通貨に手を出すのは早計かもしれません。

ビットコインなら”なくはない”

ただし、すでに価値が安定しつつあるビットコインならあり得ます。
まだ完全に安定しきっているとは言えませんが、少なくとも近い将来にはうまみも少ないけれどリスクも少ない投資用の商品と変わってくるでしょう。
とは言え、仮想通貨自体の信頼度も知名度もまだまだ低いのも現実。
不確定要素は確かに少なくはないのですが、仮想通貨の中では一番その取引が副業に向いていると言えるのは間違いありません。

仮想通貨ビジネスを起業する

ある意味、副業やパラレルワークの一翼として期待値が高いのは起業かもしれません。
というのも、これから、どの仮想通貨が覇権を握ろうとも、またビットコインの安定化がどれくらいで訪れようとも、仮想通貨そのものの時代がある程度続くのはほぼ確定です。
となれば、安定した収入が見込め、需要が存在するのは、仮想通貨を使ったビジネスです。
現在副業としてプログラマーをしている人や、ネットを介したビジネスを始めようとする人にとって、この未開拓のフロンティアはかなり魅力的であると言えるでしょう。
仮想通貨取引所のビットフライヤーが、先見の明を発揮して高収益を記録しているのもまさにそれ。
可能性とうまみがあるという点で言えば、仮想通貨を投資としてではなく商材として考える方がいいのかもしれませんね。

副業としてなら様子見で十分

ギャンブル的投資や一獲千金の夢を狙うなら、仮想通貨の世界にはいち早く飛び込まなければいけません。
出遅れは致命傷です。
しかし、副業として安定した投資を考えているのであれば様子見で十分。
また、仮想通貨を商材と考えたビジネスを見据えているのであれば、これもまたある程度推移を見る必要があります。
つまり仮想通貨は、投資ではなく副業やパラレルワークの一翼として考えるならば、今は情報収集と勉強をしておくくらいでいい物なのだと、個人的には思っています。

ABOUT

東京のベンチャー企業で働くアラサー男子です。好きなものは音楽とウーロンハイ。今を生き抜くためのカギ、“副業”についてのアレコレを発信していきます。