アンケートで稼ごう。手軽な副業として人気上昇中

副業

街角などでよく見かけるアンケート。
じつは市場調査や動向調査などの目的で行われるあのアンケートは、商売において大きな利益をもたらすものだったりします。
そんなアンケートも、今やその主な舞台はネット上。
しかも、アンケートにこたえるだけでお金がもらえる副
業としての市場ができ上りつつあるのです。
今回はそんな副業として注目のアンケート業界について迫ってみます。

アンケートでお金がもらえるのは怪しい?

とはいえ、アンケートでお金がもらえるなんて怪しい。
そう思っている人も多いでしょう。
しかし、そんなことはないのです。

情報化社会において情報は命

例えば、コンビニでバイトをしたことのある人なら知っていると思いますが、レジで性別や年齢を打ち込みますよね。
あれは、コンビニ業界では当たり前となっているもので、そうすることでいったいどんな層がどんな商品を買っているかの情報を集めているわけです。
そのシステム構築にかかるお値段は、数億円。
時代の変化が早く、また高度に情報化された社会においては、どれだけ多くの情報を手にしているのかが大事だというのはそんなことからもよくわかります。
情報は、大金をつぎ込んででも企業にとって欲しいものなのです。

これまでのアンケートもタダでやっていたわけではない

しかし、とはいえ、これまで街角アンケートなどでお金をもらったことはありませんよね。
一枚こたえるごとに50円もらえるアンケートなんて、街角で見たことはありませんし、聞いたこともありません。
このイメージがアンケートでお金がもらえることに不信感を抱かせているのでしょう。
しかし、じゃぁ企業はアンケートを取ることにコストを払っていなかったかというと、もちろんそんなことはないわけです、というより莫大なコストをかけていました。
例えばアンケートを配る人の給料、アンケートの紙代、印刷代などそれなりにコストがかかります。
しかも、一人のアンケート調査員が集める事ができるアンケートは、そんなに多くないのは、アンケート調査を断わったことがあるだろう人にはよくわかりますよね。
それを考えると、信頼できる数値になるまでアンケート結果を集めるのには、莫大なコストがかかるのもわかっていただけると思います。

ネットならコストが激減、その分の謝礼。

ところがこれがインターネット上ならどうでしょう。
とうぜんアンケート調査員の給料、いわゆる人件費はただですし、そんな調査員を雇用するためにかかる求人広告費もただ、印刷代も紙代もタダ。
しかも、調査員何百人分ものアンケート結果が、一度に手に入るのです。
企業として、ここに、一人当たりいくらかの謝礼を払ってアンケート調査をしたとしても、これまでのやり方に比べればむしろプラスなのは言うまでもありません。
アンケート調査にお金を払う企業なんているの?と思っていた人も、これなら納得できるはずです。
アンケート調査を副業とそしてお金をもらうことは、何も怪しいことでも不思議なことではないのです。

副業アンケート調査の種類

アンケート調査が副業として怪しいものではないとわかっていただけたところで、では一体どんなものがあるのか。
ここからそこに迫っていきましょう。
なお、ネット上で募集があったり登録できるものに限定しています。

WEBモニター

いわゆるネット完結型のアンケートで、最もポピュラーなのがこれ。
アンケートに答える行為やその答える人のことをモニターと呼びますので、WEB上のアンケートモニターという意味になります。
これは、メールによるアンケートやサイト上でのアンケートが普通で、50~300円が相場となります。
なかにはアンケートに答えた瞬間に大量の広告メールがくることもありますが、大手のアンケートサイトなどで登録すればその心配もありません。
アンケートサイトに登録することが普通ですが、その際はセキュリティー状況をしっかりとチェックしましょう。
また大手サイトに登録する方が、アンケート件数も多くて効率的です。

商品モニター

これは実際に商品を使った感想を届けるものです。
企業から商品が家に届けられ、その商品を使った感想などを普通の一般人目線で答えることで企業の情報として活用しようという物。
ネット上のバイトサイトやアンケートサイトから登録でき、実際に新製品がもらえることもあります。
また、ネット視聴モニターやテレビ視聴モニターもこの商品モニターに含まれます、
これは自宅のパソコンやテレビで何を見ているかの調査になり、年契約などを結んで約一万円ほどの報酬がもらえます。

座談会

ネット経由のアンケートサイトで、実際に会場に集まってグループディスカッションをする形式、それが座談会です。
話し合う内容は企業の募集内容によって変わりますが、基本的に名前などのプライバシーは保護されますので、実際に出会うことがあっても最低限のプライバシーは守られます。
しかし、やはりネット内で完結するより参加者に不安がつきものなので、その分謝礼も高くなります。
一回数千円というのが相場なので、頻繁に参加できる環境であれば、それなりの収入が期待できるものでもあります。
また、最近では、通信アプリやソフトを受かったオンラインでの座談会などもあり、地方在住の人でも参加できるようになっています。

副業ネットアンケートの稼ぎ方

では実際、ネットアンケートでの稼ぎ方について説明します。

まずはセキュリティーをチェック

まず大切なのは、アンケートサイトのセキュリティー。
個人情報を登録し、しかも口座やクレジットナンバーなども登録することがある以上、セキュリティーの確認は欠かせません。
さらに言えば、アンケートの内容まで含めれば、個人情報は普通のサイトよりも多くなります。
そんなサイトのセキュリティーは、そのサイトがどういうセキュリティー認証を受けているかで判定しましょう。
その基準は4つ。
「プライバシーマークの取得」「SSL/TSL暗号化通信採用」「プライバシーポリシーの明記」「JMRAやJMA会員であること」の4つです。
これら一つ一つの内容にまでは触れませんが、少なくとも3つ、出来れば4つすべてを満たすサイトが最適です。
何事も安全第一です、しっかり確認しましょう。

サイトは複数登録する

ひとつのサイトからくるアンケート依頼は、それほど沢山ではありません。
また、ネットで完結するWEBアンケートは単価がそれほど高いわけではなく、副業として考えるだけのものを稼ぐには、数をこなす必要があります。
ですので、本格的に稼ぐには、それなりの数のサイトに登録する必要があるのです。
上記のセキュリティーをしっかりと把握したうえで、2~3のサイトへの登録は必須です。

稼いだお金はこまめに換金

アンケートサイト大手と言えども、突然停止や閉鎖ということが考えられます。
換金には当然手数料を取られますので、その手数料を節約するためにある程度たまるのを待って換金しようと考えていたら、換金前にサイトがなくなるということもないとは言えません。
こまめな換金をして、しっかりと手元に現金化して残しておくことが大切です。

アンケートにうそをつかない。

顔の見えないアンケートモニターだからといってアンケートにうそは禁物。
これまでの履歴や、またアンケートの内容から嘘であることがわかれば、あなたは信用に値しないモニターとして今後アンケートの依頼が減るということもあります。
また、サイトによっては強制退会を迫られることもないとは言えません。
いくら手軽にできるとはいえ、これはれっきとした仕事です。
きちんとしたアンケートを積み重ねることで、あなたの信頼度をあげていくことも重要であることは言うまでもないのです。

アンケート募集はこまめにチェック

アンケート募集は、いつまでもあるというわけではありません。
人気のアンケートや簡単なアンケートなどは、数時間で締め切りになることもありますし、たいていのアンケートは期限が切られています。
まめにアンケートサイトをチェックして多くのアンケートに答えられるようにしましょう。

副業であることを意識してアンケートに答えよう

アンケートという物はそれ細難しいものではなく、その気になればかなり手を抜いて答えられます。
しかし、この情報は企業があなたに対価を払って募集しているものであり、そのアンケートを書くという作業も間違いなく仕事であることを忘れてはいけません。
きちんとした誠意をもって、真面目に答えるのは社会人として当たり前のことですし、仕事と考えれば言うまでもないことです。
そして、仕事として考えるならば、それなりの手間と時間をかけるのも重要です。
片手間に短時間でできるというのがアンケート副業の良いところですが、時間を変えないようではそれは副業というよりお小遣い程度の収入しかありません。
しっかり時間をかけて、たくさんのアンケートをこなしてはじめて、それなりの額がもらえる結果になるのです。

怪しいアンケートには注意

ここまで何度か触れてきましたが、怪しいアンケートにはしっかりと注意をしてください。
とくにアンケートサイト(セキュリティーのしっかりした)以外でのアンケートや、ネットの広告などでよく見る独立型のアンケートなどは手を出さないことをお勧めします。
なかでも、どこのサイトも経由せずリンク先に直接アンケートが存在する独立型のアンケートは、あなたの個人情報狙いであったり、下手をするとウイルスサイトだったりします。
またそういうサイトに限って、表示されている報酬が高いのが特徴です。
金額に騙されることなく、怪しいものには手をださないように気を付けてください。

情報はお金になる

いかがでしたか、アンケートでもしっかりと副業になるということがわかっていただけたでしょうか。
いまや情報は企業にとって最も欲しいものであり、それ自体が十分価値のあるものです。
とうぜんあなたの情報にも価値はあるのですから、その価値をお金に変えてみるのもいいのではないでしょうか。

The following two tabs change content below.
pro

pro

都内のIT系企業に勤めながら副業でライターをやっています。 趣味は始めたばかりのゴルフ。

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

東京のベンチャー企業で働くアラサー男子です。好きなものは音楽とウーロンハイ。今を生き抜くためのカギ、“副業”についてのアレコレを発信していきます。