NISAとはなにか。副業とどんな関係が?

副業

一昔前までは、定年まで働けば定年後の退職金と年金で、十分暮らしていけるだけのお金が確保できていました。しかし現在ではその時の状況とは一変しています。少子高齢化の影響によって高齢者を支える若者の数が著しく減少しています。高齢者が増えればそれだけ支払う年金の金額は膨大になっていきます。

政府は国民に年金を支払う義務があるので、完全に無くなるという事はありませんが、支給額を削られたり支給を開始する年齢が遅くなったりすることは十分考えられます。老後の資金は国任せにしてはいけない時代に入ってきているのは間違いありません。

そこで、今まで全く興味を持たなかった投資に興味を持ち始めている人がとても増えてきています。投資でお金を増やす事によって老後豊かに暮らしていける資金を自分で生み出そうというわけです。

株式投資で得た利益にも税金がかかる

投資の中で最もメジャーなものに株式投資があります。株式投資とは自分が買いたいと思う会社の株式を購入し、その株が上昇すれば購入したときのお金と上昇した金額の差額がそのまま利益になるという仕組みです。

株式の価格の変動は予測はできませんが、急成長をしている企業を上手く見つけ、その株を購入すれば普通に働いていては決して手に入れることが出来ない莫大な利益を得られる可能性があります。

ところが、株式投資の場合は国の制度で運用金の20%が税金として差し引かれることになっています。つまり100万円で購入した株が200万円になったとしてもアップした分100万円がそのまま利益になるわけではなく、国から税金として20万円が差し引かれ、残った80万円が利益として手元に入るというわけです。

NISAは120万円までなら税金がかからない

一般家庭であれば、はじめのうちはそこまで大きな金額を投資には回せないでしょう。そこで今注目されているのがNISAという制度です。特に投資を始めようと思っている人にとってはNISAには株式にはない大きなメリットがあるので、正に副業として始めるにはとても向いている制度です。

NISAのどのあたりが副業として投資を始める人に向いているのかというと、120万円までの投資金額であれば差額によって得た利益を確定申告で報告する必要がないという点です。つまりもっと簡単に言うと、120万円までの投資金額での利益であれば税金が一切かからないという事になります

再び例を出すと、例えばNISAを利用して100万円を株式に投資したとしましょう。そして運用がうまくいって200万円になったとします。通常の株であればここで利益から税金分20万円が差し引かれるのですが、NISAを利用して投資をしていれば100万円をそのまま受け取ることが出来るのです。

20万円の利益の差はとても大きいのは言うまでもありません。そして確定申告をしなくても良いというのも、確定申告を会社側の年末調整で済ませている会社員にとっては地味に大きなメリットの一つです。

知っておきたいNISAのデメリット

しかしながら、メリットがあればもちろんデメリットもあります。NISAを始めたいのであればデメリットについても知っておく必要があります。

まず、NISAには色々と制約があります。通常の株式や外貨運用の場合は複数の口座を持つことが出来ますが、NISAを利用する場合は原則一人につき一つまでしか口座を持つことが出来ません。

そして、忘れてはいけないのが非課税となる上限が年間合計120万円までと定められているという点です。株式というのはずっと所持しているものではなく、買ったり売ったりを繰り返すから問題ないと考えている人も居るかもしれませんが、例えばNISAを利用して50万円分株を購入したとします。上限額120万円との差額で残り70万円が非課税になります。

そして50万円分の株を売却したとします。すると購入した50万円分が無くなるから再び120万円が非課税になると思いがちですが、そうではありません。購入した50万円分は売却をしたとしてもリセットされるわけではなく、その年に非課税になるのは残りの70万円のみです。リセットされて再び120万円になるのは次の年になってからになるので間違えないようにしてください。

また、NISAを利用して購入した株や外貨などの資産については非課税になる期限が定められていて、購入してから5年間となっています。つまりある株を購入して価値が上がるタイミングをずっと待っていて、所持している期間が5年間を経過した時点で非課税の恩恵はなくなります。以後は売却によって得た利益からしっかり税金が差し引かれるのです。

とはいえ、これらの点にさえ気を付けていれば、やはり120万円以内であれば非課税になるメリットはとてつもなく大きいので、投資によって副業を始めたいと考えるのであればNISAほど適しているものは無いのではないでしょうか。

なんといってもリターンが大きいのがNISAの利点

NISAを副業として行うことの利点として忘れてはいけないのが得ることが出来る収入の多さです。家計の足しにと、空いた時間で副業をしようというのは誰もが思いつくことですが、特に自宅で行うことを前提としている仕事の場合、時間当たりでの単価が安いものばかりですし、いくら長期的に仕事をしていても単価は決して上昇しないものがほとんどです。

しかし、NISAであればもちろん原価を割るという大きなリスクが生じるものの、上手く運用することが出来れば同じ時間で自宅で出来る副業ではとても追いつかないような利益を一瞬で上げられる可能性があります。

大きな利益を得るためにはそれなりにNISAについての知識を持っておくことが必要ですが、時間を割いただけの見返りを十分得られる可能性があるのも副業でNISAをすることの大きな魅力の一つです。

更にNISAをおこなう上で特別な道具というものは一切必要ありません。あえて必要なものといえばインターネットを使うことが出来る媒体です。パソコンはもちろん今では携帯電話でもNISAの口座を開設することが出来ます。

インターネットを繋げる環境がないという人は現在ではほとんど皆無でしょう。自宅に居ながら誰でも思い立ったらすぐにでも実行できるという手軽さも自宅で副業として行う上での大きなメリットの一つだと言えるでしょう。

そして、インターネットが使える環境にあればNISAをはじめ、株式や投資信託などについて勉強できるサイトが無数にあります。情報の取捨選択をする必要がありますが、基本的な事を勉強することに限定すれば教材を購入する必要もありません。

もっと知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてください。

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

東京のベンチャー企業で働くアラサー男子です。好きなものは音楽とウーロンハイ。今を生き抜くためのカギ、“副業”についてのアレコレを発信していきます。