今からでも遅くない!? 50代からはじめる副業ライフ

副業

50代になると、定年が近づいてくるため老後を心配しているという方も増えてくるかもしれません。そのような方の中には、定年後に年金だけで生活をしていけるのか不安になる方もいるでしょう。もしも老後資金に何らかの不安を感じているのであれば、50代から副業を始めてみるのも1つの手です。何らかの副業を始めることで、年金だけに頼らずに生活できる老後を迎えることにつながります

副業の選択肢は1つではない

副実は副業にもさまざまな選択肢があるため、どのような種類があるのか把握したうえで何を始めるか考えていくようにしましょう。いくつか種類のある副業の中から自分に合ったものを選ぶことで、スムーズに老後資金を貯めることにつながります

多くの方がイメージする副業は、アルバイトをすることです。本業の合間にアルバイトをすることで、時給1000円前後のお金を稼げます。しかし50代だと、ダブルワークは肉体的に負担が大きくなるので注意が必要です。特に初めて働く分野だと、覚えることが多くて精神的にも負担になるかもしれません。特に長く続けることを考えた場合、これから体力が落ちていく可能性も高くなります。そのため50代から始める副業であれば、アルバイト系以外の選択肢を探っていくことも大切です

ダブルワーク・ダブルインカムについてはこの記事がオススメ!

今ある資金や財産を活用した副業

本業の合間に無理なく始められる副業の選択肢の1つに、投資があげられます。不動産投資や株など、今ある資金の状況に合わせてお金を運用して老後のための貯金を殖やすようにしましょう。ですが不動産投資などを始めたくても、資金も少ないし知識もないから無理だとあきらめる方もいるかもしれません。

そのような場合には、不動産クラウドファンディングのような形なら10万円前後から不動産投資を行うチャンスもあります。この仕組みは不動産クラウドファンディングを取り仕切る会社が物件の管理を行うため、不動産の管理の手間を最小限に抑えられるというメリットがあります。また投資にかかる手間を省きたいなら、投資信託などを利用するのも1つの手です。

今までとは異なる分野の副業を始めてみたいと考えているのであれば、ネットショップの開業を検討してみましょう。副業で自分の店舗を持って開業しようと思うと、ある程度のまとまった資金が必要です。ですがインターネット上で開業する場合であれば、自分のお店を持つための費用を最小限に抑えられます。ネットショップにおけるポイントの1つが、自分が好きな商品を販売できる点です。

自分のスキルを利用した副業

例えば手芸などが趣味の場合には、自分で作った小物を売ることもできます。自分のお店を持つのはリスクが高いと考えているのであれば、インターネット上のフリーマーケットのサイトやアプリを利用するのも1つの手です。このようなサイトやアプリでは、使わなくなったものを売ってお金を稼ぐことも可能です。いらないものを売る場合なら、家の中を整理することにもつながります。

パソコンが利用できる環境が整っている方であれば、インターネットを利用した副業に注目するのも1つの手です。インターネットを利用した副業といっても、さまざまな選択肢があります。例えば文章を書くのが好きな方であれば、アフィリエイターやウェブライターに挑戦してみましょう。アフィリエイターは、自分のブログへのアクセス数を増やすことで大きく稼げるチャンスがあります。

ブログのアクセス数を増やすまでに時間がかかりますが、読者とのやり取りを楽しむこともできます。人とのつながりを楽しみながら副業で稼ぎたいという方にも、アフィリエイターは向いている選択肢です。一方でウェブライターの場合には、インターネット上の記事投稿サイトなどを利用するのも1つの手です。そのようなサイトに自分が書いた文章を投稿することで、副業とすることも可能です。

ウェブライターは、各文章の難易度に応じて収入に差が出ます。1文字の単価が0.2円ほどのライターもいれば、1文字あたり2円以上の単価になるチャンスも存在しています。自分の持っている知識を活かせるというのも、ウェブライターにおけるポイントの1つです

イラストを描くのが得意、もしくはプログラミングができるような方であればクラウドソーシングに挑戦してみましょう。クラウドソーシングというのは、インターネット上で何らかの仕事をしたい方と案件をやってほしい方をつなぐ仕組みです。インターネット上で仕事をすると言われても、需要は低いと考えている方もいるかもしれません。ですがインターネット社会が広まるにつれて、クラウドソーシングの分野は広がりを見せています。

特にプログラミングやイラストなどの分野は仕事が多いので、自分のスキルを活かして稼ぐことが可能です。新事業のネーミングを募集しているような案件もあるので、スキルがない方でも手軽にチャレンジできるという特徴が見られます

 

重要なのは自分をとことん分析すること

このように50代から始められる副業には、さまざまな選択肢が存在しています。実際に何を始めるか考える場合には、副業に使える時間や稼ぎたい目標金額を踏まえたうえで決めることも大切です。副業を始めたくても、本業や家の事情で忙しくほとんど時間がさけないという方もいるでしょう。

そのような場合には、不動産投資を始めて物件の管理は業者に任せきりにできる仕組みを作るのも1つの手です。1日1時間ほどのまとまった時間を確保できるのであれば、クラウドソーシングで自分のスキルを活かして稼ぐことも可能です。

また副業を考える場合には、選択肢ごとのメリットやデメリットなどの特徴を把握することも忘れてはいけません。例えばウェブライターにおけるメリットの1つが、インターネット環境があれば場所を選ばずに仕事ができることです。インターネット環境があるカフェに、自分のノートパソコンを持っていって仕事をすることも可能です。

一方注意しなければならないのが、書いた文章が採用されるとは限らないという点です。一生懸命書いた文章でも、不採用になるケースも見られます。そのようなリスクも把握したうえで、副業を始めることを忘れないようにしましょう。

おわりに

50代から副業を始めて老後資金を貯めるための方法は1つではありません。実際に向いている副業というのは、1人1人の状況によって異なります。友達が上手くいっているという理由だけで始めるのではなく、自分にとって良い副業を見つけましょう。

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

東京のベンチャー企業で働くアラサー男子です。好きなものは音楽とウーロンハイ。今を生き抜くためのカギ、“副業”についてのアレコレを発信していきます。