注意!! 副業がばれると本業に支障が起きることもある

副業

副業は本業とは別に空いた時間や自宅などで行い、収入を得るものです。その形態はさまざまで、アルバイトのように他の企業や商店などに直接出向いて行う場合もあれば、自宅で企業から依頼された製品を作ったりDMなどを作成したりするものもあります。また最近はインターネットのブログを利用したアフィリエイトなどもあります。自分のプライベートな時間を利用して行うのですから、本業に支障が起きない限りは自由に行える感覚がありますが、実際は少し違っています。

アフィリエイトに関してはコチラをどうぞ。

まずは社内規定を確認しよう

社内規定として副業を禁止している企業は多く存在しています。理由は、副業を行ったことで本業の業務に問題が生じることを避けるためです。ここでいう問題とは、多くは副業をして怪我などをすることによって本業の仕事に出られなくなることを言います。どんな大手企業でも、プライベートの時間まで就業規則でがんじがらめにしているようなことは有り得ません。

しかし長期休業などで遠方に旅行に行く場合には、その滞在先や連絡先を事前に申請するようにしている企業は少なくありません。その意味は旅行先ではどんなトラブルが有るか分からないため、もしトラブルが起きて本業の業務に穴を空ける事態になった場合の事前の処置なのです。

それほど本業の仕事というのは重要であり、給料が安いと感じていても副業を認めていないのは、このように副業として別の仕事をすればどんなトラブルが起きるのか分からないからです。もちろん副業をしていることがばれないで本業にも全く穴を空けなければ、本業でも副業をしているとは分からないかもしれません。しかし他の企業で副業として働いてしまうと、税金から副業をしていることが発覚する場合があります。

日本では企業から給料をもらっている給与所得者が殆どです。そこには所得税として最初から天引きされている税金がありますが、この所得税は保険料といった本来は収入から控除して税金の計算に充てるものまで、総収入として含まれた形で算出されています。所得税は多く徴収されている形式となっているため、給与所得者は年末調整として一年に一度、多く徴収された所得税の還付申告を会社が行ってくれるのです。

この年末調整は、二か所以上の企業から収入を得ていると自分で税金を申告する確定申告を行う必要があります。今はマイナンバー制度が導入されているので、副業として本業以外の企業で収入を得ていると年末調整が行えなくなっています。そこで副業を行っていることが本業の企業に発覚してしまい、社内規定から何かしらの懲罰を受ける可能性があるのです。

もちろんそれ以外にもあなたが副業をしているところを本業の同僚に見られたりすれば、そこで副業をしていることが発覚してしまいます。最近は副業を了承している企業も出ていますので、他の企業での副業をしたいのであれば、まずは社内規定を見て自分が本業として働く企業が副業を認めているのか確かめる必要があります。

少額の副業であればたくさん選択肢がある

では他の企業で就業せずに副業をする場合はどうでしょうか。まず副業で得た収入ですが、その殆どが雑所得となります。これは年間で規定された金額までは控除されるもので、給与所得者で年末調整を行っているのなら、年間で20万円以下の収入ならば申告は不要になります。これならば本業にばれないので、継続することも可能でしょう。

しかし企業から業務委託の形式を取っている内職という副業ではどこで本業に発覚するか分かりませんし、やはり本業の仕事を疎かにする可能性があるとして難色を示すかもしれません。ですから副業で月に数万円程度の収入があればいいという人には、インターネットを利用した副業がオススメとなります。

近年はインターネットを介したお小遣い稼ぎといったサイトも多く、少額でいいのならたくさんの選択肢があります。アンケートに答えて謝礼を受け取るものや商品の批評をしてサイトから収入を得るものも有りますが、これは少額過ぎて物足りないという人もいるでしょう。

また株式投資やFXを副業と考えている人もいると思いますが、こちらは確実に収入を得られるものではなく、最悪の場合には収入を得るどころか借金となって跳ね返ってくる可能性もあるので、副業として選ぶには問題があります。また以前はネットを使ってブログに広告を掲載し、そこから収入を得るアフィリエイトという副業がもてはやされたこともありましたが、これは広告を見てくれなければ収入が発生せず、今のようにブログが氾濫している時代ではアフィリエイトで本当に収入が得られるのか難しくなっています。

確実に副業で収入を得たいなら

ネットの知識があってネット環境が整っているのなら、インターネットを使ったデータ処理や文筆業で収入を得る方法がいいでしょう。インターネットを使ったデータ処理は企業に就職して委託という形式で自宅で行う場合がありますが、これは本業にばれないで行う副業には向いていません。

しかしネットを検索すると、ネットだけのやり取りで会社に行かなくてもデータ処理の業務を委託してくれるところがあります。ただしデータ処理という内容から、いつまでに終了しなければいけないといった制約が発生することがあるため、副業に使える時間が一定でない人にはあまり向いていないと思われます。

そこで副業として注目されているのが文章を書いて収入を得るライティングという仕事です。これは一つの案件に対して収入が発生する場合が殆どであり、時間があればたくさん行い、時間が無いなら行わないといったメリハリをつけた業務が行えます。もちろんあまりに稚拙な内容であったり、書いて欲しいテーマと無関係な内容では収入は得られません。でも安心して下さい。別に文章の能力が高度である必要はなく、自分以外の人が見ても分かるような内容を心掛けた文章を書いていけばいいのです。

このライティングというのは、一般の人に見てもらうために作成する文章になります。そのため自分だけが理解できたのでは意味がありません。また自分が見ても興味が湧かないような内容では、他の人も当然興味を持ってくれるわけが有りません。このように文章を書いて収入を得るというのはそんなに簡単な作業では有りませんが、ある程度の失敗を繰り返して経験を積んでいけば、どうすればいい文章が書けるのか自然と分かっていくものです。

ライティングについて参考になる記事をアップしましたので、是非読んでみてください。

企業の考え方にもよりますが、自宅で文章を書いて収入を得ていたとしても趣味の範囲として見られるので、例え本業にばれたとしてもそれほど大きな問題にまで発展することはないでしょう。もちろん収入が控除できる金額を越えたら自分で確定申告を行わなければいけませんが、それが煩わしいのであれば、収入がその金額を超えないように調整すればいいだけです。

おわりに

本業の給料とは別に毎月一万円でも収入があれば、生活というのはかなり違ってきます。この副業で得た収入は自分の思いのままに使えるのですから、自分へのご褒美として少し高い食事をしたり、欲しかった商品を購入するのもいいでしょう。副業とは本業に迷惑をかけてまで行うものでは有りません。

まずは本業を中心として、そこから自分が自由に使える時間内で何ができるのか考えてみて、それによって導き出された答えから副業を行うのであれば何も問題はありません。どちらにしても収入を得るというのは、そんなに簡単なことではありません。他の人に認められてその対価として収入を得るというのを心掛け、副業であっても相手に迷惑をかけないで行うことが大切になります

The following two tabs change content below.
pro

pro

都内のIT系企業に勤めながら副業でライターをやっています。 趣味は始めたばかりのゴルフ。

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

東京のベンチャー企業で働くアラサー男子です。好きなものは音楽とウーロンハイ。今を生き抜くためのカギ、“副業”についてのアレコレを発信していきます。