プロボノとは?余暇時間の活かし方

副業

毎日同じ職場へ出て、決まり切った仕事を黙々とこなしている時、ふと「自分って社会の役に立っているのかな?」と思う人もいるのではないでしょうか?自分の能力をもっといかしたいと思うのなら、「プロボノ」という選択肢があります

プロボノ

プロボノとは、社会人が余暇時間を利用して、自身の持つ職業上の専門知識やスキル、経験をいかして社会貢献活動に参加することを言います。プロボノとはラテン語の「Pro Bono Publico」の略で、「公共善のために」ということを意味します。社会のために無報酬で働くという点はボランティア活動と変わりません。

しかしプロボノにおいては、基本的には参加に際して能力の有無を問われないボランティアと違い、「自分がこれまで仕事をしてきた中で培ってきた能力をいかす」という点が重視されます。ボランティアでは、例えば経理の得意な人が広報に従事するということがありますが、プロボノではそのようなことはありません。

プロボノでは、自分の持っているスキルを発揮して、生産性を意識した活動ができますので、「ボランティアよりもプロノボをしたい!」というビジネスパーソンも増えています。プロボノ活動に従事する人のことを「プロボノワーカー」と言います。プロボノワーカーとして自分のスキルを発揮することは、本職の能力向上にもつながると考えられるので、プロボノ活動に参加することは社会だけでなく自分の大きな利益にもなります

発祥地

プロボノの発祥地はアメリカで、アメリカの法律関係の仕事に従事する人々が、貧しい人々のために無報酬で行った法律相談や弁護士活動に由来します。アメリカの弁護士は50時間以上のプロボノ活動を行うことが推奨されています。イギリスでも、弁護士事務所やロースクールはプロボノ活動を推進するための「プロボノ週間」が毎年設定されています。

日本でのプロボノ

日本においても、多くの弁護士会は所属する弁護士の公益活動を義務化していて、それとは別に独自でプロボノに参加する弁護士も多くいます。そして、日本では、弁護士業界から中小企業診断士やコンサルタントなど、多くの職業へプロボノは浸透しました。

2009年はプロボノに対して注目が高まり、2010年は「プロボノ元年」と言われたことは、プロボノが世間に十分に浸透したことの表れであると言うことができます。東日本大震災の復興支援のために多くの中小企業診断士が手弁当で東北へ駆けつけて、地元企業の事業再生や商店街の再興に尽力しました

ITやシステム、デザインの分野でもプロボノ活動に励む人が多く出てきています。様々な分野でプロボノに興味を抱く人々が増えてきている一方で、企業においても社会貢献活動の一環として、社員にプロボノ活動を推奨するところが増えてきています。

見つけ方

プロボノに参加したい人はどのようにして活動の場を見つければ良いのでしょうか?まずは、自分の勤務している会社がプロボノ活動を行なっているか確認しましょう

プロボノ活動を行なっていない会社に務めている人や会社に属していない人はインターネット上にあるマッチングサイトを利用すれば、プロボノワーカーを募集している団体を見つけることができます。マッチングサイトに登録して、自分のスキルをいかせそうな団体の募集があれば、応募してみるといいでしょう。

プロボノマッチングサイト例

ShareWorks



専門スキルを活かしたボランティアであるプロボノのマッチングサイトです。同サイトでは、ボランティアしたい人と依頼したい人をマッチングさせます。また、説明会や面接は不要で今すぐボランティアを始めることが出来ます。

サービスグラント

非営利組織とプロボノワーカーが協同する「プロジェクト型助成」を提供しています。お金ではなく、スキルや専門性で支援するこを斡旋しており、支援先は東京・関西を中心に日本全国を対象としています。

一日だけプロボノ活動

「いきなり本格的なプロボノ活動に参加するのは不安だ」という人や「興味はあるが、とりあえず一日だけプロボノ活動をやってみたい」という人のために、体験型のプロボノ活動を企画している団体もあります。プロボノの説明会を定期的に催している団体もありますので、それに参加してみることで、プロボノの実際の様子がわかるかもしれません。

プロボノワーカーを募集している団体は多くあり、プロボノワーカーとして活躍できる人は広く求められています。しかし、プロボノ活動はボランティア活動と異なり、「自分のスキルを生かす必要がある」という点を留意しておいてください。

ある程度高い能力を持っていることが求められるので、プロボノ活動はボランティア活動へ参加することよりもハードルは高いです。学生がボランティア活動に参加するのとは異なり、プロボノ活動は社会人が社会貢献するためにスキルを発揮する場であるという意識を持つ必要があります。

そして、プロボノワーカーには受け身でなく積極的に行動できる姿勢が求められます。指示を待って行動するという姿勢では、社会貢献どころか受け入れ先の団体に迷惑をかける恐れがあると注意してください。もちろん、「参加したからには最後までやる」という心構えも必要です。

プロボノワーカーを募集している団体のほとんどは、資金がなくて組織力の弱いNPO法人です。一般的な企業のように、職員を複数配置できていないので、一人の職員が複数の業務を兼ねてやっているということは往々にしてあります。

そのため、プロボノ活動に参加したいという人からの申し込みが多くあると、職員の少ないNPO法人であれば、一人一人に返事をするのは難しくなるかもしれません。「応募したのに返事がない」ということもあり得ます。

「とりあえず応募だけして、いざとなったらキャンセルすればいい」という考えで、いたずらにプロボノ活動へ応募することは、プロボノワーカーを募集している団体にもプロボノワーカーとして活躍したいと強く思っている人に対しても迷惑をかけることになるので、絶対にやめてください。

最後に

プロボノへ参加するにあたっては、「無償で自分の能力を社会貢献のために使う」ための覚悟が必要で、組織の基盤がない状態で働くことは容易ではありません。

しかし、プロボノに参加することで、組織力を差し引いて、「自分が本来持っているスキルはどの程度なのか」ということを図ることができます。企業が大手になればなる程、ビジネスパーソンの能力値は実際よりも企業のブランド力や組織力で底上げされていることが考えられます。

プロボノを通して自分の不足しているところを知って、能力を向上させていくことができるので、余暇時間をプロボノに充てることは、大いに意義があると考えられます。専門職同士の新たなつながりができることも期待できますので、会社以外に人脈を作りたいというビジネスパーソンにも、プロボノはおすすめできます

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

東京のベンチャー企業で働くアラサー男子です。好きなものは音楽とウーロンハイ。今を生き抜くためのカギ、“副業”についてのアレコレを発信していきます。