フリーランス革命!?今後の働き方の変化

副業

フリーランス革命という働き方の変化

日本では、古くから「働く」といえば特定の企業で一生勤めあげるというケースが一般的でした。もちろん、アルバイトやフリーランスに似た形態の働き方もあるにはありましたが、全体的にみれば少数派です。一度入社した企業に忠誠を誓い、年功序列で定年まで勤めるのが当然かつ理想だという風潮が強くありました。

ところが、現代ではこのような風潮は必ずしも一般的ではなくなりつつあります。従来では考えられなかったような、さまざまな働き方が普及してきたのです。この流れは、まさにフリーランス革命とも呼べるものです。

さまざまな働き方から自分に合うベストなものを選ぶことで、より自由に、より高いモチベーションで仕事に打ち込めるようになるでしょう。時代の流れにうまく乗るためにも、どのように働き方が変化しつつあるのかを知っておくことが大切です

副業の解禁

働き方の変化として、真っ先に挙げられるのが「副業の解禁」です。かつての日本では、就業規則で副業の禁止を規定している企業が一般的でした。愛社精神の構築や情報漏洩の危惧などの理由から、副業を認めていない企業が非常に多かったのです。

ところが、現代では政府が主導して副業や兼業を推進しており、2018年1月には厚生労働省より「副業・兼業の促進に関するガイドライン」が発表されました。厚生労働省がお手本として提示してきた就業規則モデルからも副業禁止の規定が削除され、「副業・兼業」という新たな規定が設けられたのです。これによると、勤務する企業の利益に反しない限り、副業も兼業も原則自由とされています。

副業を禁止していた時代から、真逆に舵を切ったというわけです。この流れにしたがい、大手を中心に副業を解禁する企業も徐々に増えつつあります。誰もが名前を知っているような都市銀行や大手通信会社、大手自動車メーカーなども副業を次々と解禁しているのです。副業を解禁すると、新たな人材の確保が可能になるため、企業にとってもメリットがあります

また、「時代の流れに機敏に反応し、新しい働き方を積極的に導入できる柔軟性のある企業だ」と、イメージアップにもつながります。さらに、働く側にとっても、副業した分だけ収入や経験が増える、ほかの企業の仕事や雰囲気などを体験できるといったメリットは大きな魅力でしょう。

このように、副業の解禁は双方にとってメリットがあるため、多くの企業に広まりつつあります。時間と体力が許すのであれば、積極的に副業という働き方も検討してみると良いでしょう。

ただし、副業する場合は必ず本業の勤務先の就業規則を確認しましょう。いくら副業が広まりつつあるとはいっても、禁止している企業も数多くあります。勝手に副業するとトラブルになるおそれもあるため、注意が必要です。

テレワーク

副業以外にも、さまざまな新しい働き方が登場しています。実際に導入している企業も多いのが、「テレワーク」という働き方です。これは、少子化で労働人口が減少し、優秀な人材の確保が難しくなるであろう将来を想定して考えられたものです。スマホやタブレット、パソコンなどの端末を駆使し、場所や時間にとらわれず労働力を提供するというスタイルになります

テレワークは「雇用型テレワーク」と「自営型テレワーク」の2種類に分けられ、それぞれ働くスタイルが異なります。雇用型はテレワークを導入している企業に雇用されて働く方法、自営型は自分が事業主となって仕事を見つけ、取引先に納品するなどして働く方法です。いずれも基本的には特定の職場に出勤しなくても、端末さえあれば仕事ができるという点は変わりません。

さらに細かく見ると、それぞれのテレワークは「在宅勤務」「モバイルワーク」「サテライトオフィス」という3種類に分類できます。在宅勤務はその名の通り、自宅で自由に働くというものです。移動する必要がないため、育児や介護をしながらでも働けます。モバイルワークは、電車やバスでの移動中、またはカフェなど好きな場所で働くというものです。本業へ向かう道中やお昼休みなど、ちょっとした隙間時間を無駄にすることなく働けます。サテライトオフィスは、本来の勤務先以外のオフィスなど、仕事ができる設備の整った施設で働くというものです。本来の勤務先が遠い場合や支社を置くほどの市場規模がない場合などに、サテライトオフィスが活用されます。

このように、テレワークにも従来の働き方とは異なるさまざまなメリットがあります。企業側から見ると、多様な働き方を認めることで人材流出を防いだり、新たな人材を流入させたりすることが可能です。また、従業員を本来の職場まで出勤させる必要がないため、交通費などのコストも削減できます。

働く側にとっても、自由度の高い働き方ができるため、家族との時間を確保できたりライフワークバランスを向上させたりできます。厚生労働省もテレワークに取り組む企業へ助成などを行っており、副業と同様にテレワークも積極的に推進される新しい働き方になっています

クラウドソーシング

テレワークとは異なる働き方として、「クラウドソーシング」も外せません。クラウドソーシングは、どちらかというと個人事業主に近い働き方で、好きな場所で好きな時間に好きなだけ働けるという手軽なスタイルが魅力です。仕事の種類も豊富で、興味ある仕事だけを選んで働けるという手軽さもあります。

クラウドソーシングの始め方も実に簡単で、インターネット上のクラウドソーシングサイトを見つけ、利用登録をするだけです。サイト内で自己PRから仕事の受注、納品や報酬の受け取りまで一貫して行えるため、特別な人脈や雇用関係がなくても問題ありません。

クラウドソーシングサイトには数多くの企業が参加しており、その企業が発注した仕事の中から自分にできそうなものを受注して納品するのが一般的です。実績を積み重ねていくと、企業から名指しで仕事を依頼される場合もあります。誰でも受注できるような仕事は単価が低いケースも多いですが、指名されるようになれば高額報酬を手にするのも夢ではありません

最後に

このように、専業が当たり前だった時代から、副業など多様な働き方が普及する時代になりつつあります。収入やプライベートの時間、働きがいやスキルアップなど、自分が重視する条件で働けるようになる時代も遠くないでしょう。多様性を受け入れる企業も増えつつあるので、どんな働き方を導入しているかも含めて就職先を選んでみてはいかがでしょうか。

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

東京のベンチャー企業で働くアラサー男子です。好きなものは音楽とウーロンハイ。今を生き抜くためのカギ、“副業”についてのアレコレを発信していきます。