• HOME
  • ブログ
  • 副業
  • 不良在庫のリスクがないネットショップ、ドロップシッピングとは?

不良在庫のリスクがないネットショップ、ドロップシッピングとは?

副業

インターネットを利用した比較的人気のあるインターネットビジネスとして、ドロップシッピングがあります。最初は本業の合間に副業として始める人もいますが、本格的に利益が出てくれば起業ができるほど稼げることもあるんです。もちろん成功するかしないかはかける時間やノウハウが必要になるでしょう。

「ネットショップ運営」の副業・ドロップシッピングについて詳しくご紹介していきます。

ドロップシッピングにトライしてみよう

ドロップシッピングとは、ネットショップ上で商品等をユーザーが購入した時、製造元や卸元が商品の発送を直接行う取引方法のこと。商品提供業者の卸値に自由に上乗せをして売るので、その差額分がネットショップの利益となります。

通常ネットショップ運営ではインターネットのサイト上に商品を掲載します。そして注文があれば自分で商品を買い手に送付します。もちろんその商品がいるので仕入れもしなければいけません。

客から注文をもらったのに送れない状態だと困るので、サイトに掲載する商品はある程度在庫として持っおかないといけないでしょう。実店舗は必ずいるわけではないものの、在庫を抱えるリスクがあります。ドロップシッピングはサイトに商品を掲載するところまではネットショップ運営と同じです

それ以降は利用する業者によって異なりますが、ネットショップのように仕入れや発送などは不要です。買い手からの注文が自動的に卸の業者に行き、その業者が商品の発送もしてくれます。ネットを運営している本人は発送も不要ですしもちろん仕入れもしなくて済みます。

実店舗を持って商売をするにもネットショップ運営をするには、まずは在庫を考えないといけません。在庫を持つには在庫を購入する資金がいり、さらに在庫を保管するスペースの資金もいります。さらに考えないといけないのが在庫が無価値になる問題でしょう。せっかく売れると思って仕入れても売れなければどんどん価値が下がります。

いくら値引きしても売れなければ、0円でも引き取り手がなくなり、現金化が難しくなります。不良在庫は商売をするときには少なからず発生します。しかしドロップシッピングでは在庫を持たないので、不良在庫が発生しないのです。サイト上に商品を掲載するだけなので、売れると思った商品を掲載して売れないものは削除していけば済みます。

削除したからと言って在庫が残るわけではありません。在庫がないなら仕入れもありません。商品販売のビジネスでは運転資金が重要なポイントになります。ドロップシッピングでは仕入れも商品保管も不要なので、基本的に運転資金は不要です

ネットショップ運営に似た副業

ネットを利用した商品販売の仕組みとして、ネットショップ運営とドロップシッピング以外にアフィリエイトと呼ばれる仕組みがあります。こちらも非常に人気があるので、ドロップシッピングとの違いを知らずにしている人もいるかもしれません。アフィリエイトは、インターネット上のサイトやブログで商品を掲載しておき、それを見た人がその情報を元に購入した時に広告料として利益をもらえる仕組みです

両者に共通するのは仕組みを提供する業者との契約をする点でしょう。どちらもインターネットに掲載するだけなので、空いている時間を利用してビジネスが行えます。違いは、ドロップシッピングはあくまでも販売の利益がもらえます。売りたい商品を掲載し、それに対する利益から手数料を控除した金額が振り込まれます。

アフィリエイトは広告料なので、販売額に対してもらえる金額があまりありません。1パーセントから数パーセント等に設定されているので、1万円のものが売れたとしても100円程度しか利益が得られません。もちろん多くの人に来てもらえるブログなどを作れば、閲覧者やクリック数などを増やして広告料もたくさんもらえるようになりますが、商品以外の部分で魅力あるサイトを作らなければいけません。

利益率は高いが、リスクもある

ネットビジネスの中でも手軽で、利益率も高いとされるのがドロップシッピングです。となると誰でもやってみたいと思うかもしれません。しかし、デメリットもあるのでそれを認識しておきましょう。行うにはまずサービスを提供する業者との契約を行います。その業者が用意する商品をサイト上に掲載するので、まずは売りたい商品を持っている業者選びをしましょう。その選定が少し難しいかもしれません

得られる利益の割合も業者によって異なるので、たくさん利益がもらえるところもあれば、手数料としてたくさん引かれてしまうところもあります。利用しやすいところは手数料が高めになっていたりするので、適度に業者を見直す手間が出てくるかもしれません。表向きはネットショップの運営になるので、それなりにネットショップ作りをする必要があるでしょう。

その時に必要なツールなどを業者から購入しないといけない場合があります。これは最初の契約などで決められているので、初期費用の一つになるかもしれません。手軽に始められるものの、最初にコストが発生する可能性があります。うまくいかなくてすぐにやめると、最初にかかったコスト分が損になってしまうことも考えられます。業者によっては急にサービスを停止するときもあるため、その場合は別の業者を使うなどの判断をしましょう。

ドロップシッピングで必要な作業

ドロップシッピングを行う上では、どのような作業が必要になるのでしょうか。まず、ネットショップを作ります。沢山のネットショップの中から自分のサイトを選んでもらわないといけないので、それなりに特徴のあるサイトを作る努力をしましょう。見やすさなども考えないといけないので、サイト作りの知識を多少は持っていないといけないでしょう

掲載する商品選びも重要になります。通常のネットショップのように在庫リスクはありませんが、売れなければ利益が得られません。いかに売れる商品を掲載できるかが儲けるための鍵になります。ショップを運営するにあたってはある程度テーマなどを決める必要がありますが、その中から何が売れ筋になっているのか、死筋になっているのかを把握して掲載商品を決めていきます

利用する業者によっては販売情報などを提供してくれます。クリックされている件数などの情報なども教えてくれます。それらが分かれば、そのまま掲載を続けた方がいいものや、削除した方がいいものなどが分かります。

業者から売れやすい商品の提案をしてもらえることもあるでしょう。商品を選ぶ時は利益率ではなく、自分の得意分野を優先した方がトータルの利益が得やすくなるでしょう

The following two tabs change content below.
pro

pro

都内のIT系企業に勤めながら副業でライターをやっています。 趣味は始めたばかりのゴルフ。

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

東京のベンチャー企業で働くアラサー男子です。好きなものは音楽とウーロンハイ。今を生き抜くためのカギ、“副業”についてのアレコレを発信していきます。