• HOME
  • ブログ
  • 副業
  • 【未経験でも大丈夫?】コンビニ商品開発のバイト(インタビュー)

【未経験でも大丈夫?】コンビニ商品開発のバイト(インタビュー)

副業

このページを読むのに必要な時間は約 3 分です。

24時間どんなときでも利用できるコンビニエンストア。それほど広くない店内ながら、食品から日用雑貨、雑誌など幅広く取り揃えていて大変便利ですよね。

またコンビニには、お弁当やスイーツなどそのお店オリジナルの商品もたくさんあります。最近では、コンビニスイーツがテレビ番組などで特集が組まれることも増えましたよね。

今回の記事は、そういったコンビニ商品にまつわる副業のお話です。

実は、そういったコンビニ商品の開発を担当する副業があるって知ってましたか?

「えっ!?コンビニの商品ってそのお店の社員さんが考えてるんじゃないの?」とビックリされた方もいると思います。初めてお話を聞いた筆者もビックリしました。

そして何と、コンビニの商品開発の副業を実際に経験したことがあるという方にお話を聞くことができました!

商品開発ってどんなことするの?ビジネスセンス高い人じゃないと無理そう・・・など、気になることをたくさん聞けたのでぜひ読んでみてください。

コンビニの商品開発に参加したきっかけ

–まずは、このお仕事(コンビニ商品開発)をしたきっかけを教えてください。

週1回自宅に届く地域のフリーペーパーに掲載されていたのを見たことがきっかけです。
新聞社とコンビニエンスストアが共同で求人を出されていたのですが、書類選考があり、そのあとに電話があって面接をして採用されました。

詳しい仕事内容

–詳しい仕事内容を教えてください。

仕事内容は、コンビニエンスストアで発売される新商品(弁当やスイーツ)の企画です。

試作品やパッケージなど作る工程以外のすべての部分を任されていました。

    • コンセプト
    • 材料
    • 価格
    • パッケージデザイン
    • 素材
    • 試作品の試食
    • 改善案の提案
    • 売り出し方
    • 名前付け

といった仕事のほかに、新作発表会への同行などにも行きました。

契約社員という形ではなく、副業の回数が月2回だったので、業務委託という形になるかと思います。

–それ以前にも同様のお仕事をされたことがあるのでしょうか?

その時は企画も販売の経験もありませんでした。
プレッシャーもすごいですが、やりがいが大きかったです。

–具体的にどのような商品を開発しましたか?

具体的には、6月のジューンブライドにちなんだ純白のミニケーキや抹茶とあずきのプリン、九州の食材を使ったお弁当などいろいろ作りました。

2年間で8個くらい開発したと思います。
「季節ごとに1つ作る」という感じだったので、発売時期に合わせて商品を考えていました。

–メンバーの方は何人くらいいたのでしょうか?

メンバーは20〜30代の女性10人くらいです。

試作品の試食があったり、メーカーさんがお土産を持ってきてくださったりして、それを食べながら思ったことを言い合う和気あいあいとした雰囲気でした。
女子会みたいで楽しかったです笑

1年後にもう1度面接を受けて、私は継続採用になったのですがその時にメンバーの入れ替わりがありました。

–2年間でどのくらいの収入になりましたか?

1回2時間で5,000円、それを月2回で2年間、計算してみたら2年で24万円でした。
ちなみに交通費は出ませんでしたね。
交通費がない分、少し多めに現金を包んでいただけていたのかもしれません。

報酬に関しては満足度も高かったです。

–このお仕事をしてみて良かったことは何ですか?

普段あまり関わることができない新商品開発に携われたことです。
商品が完成してコンビニに並んでいるところを見たら、毎回とても愛おしい気持ちになっていました。

それから新聞社、メーカー、印刷業者、他職種の方など人脈が広がったことも嬉しかったです。

–逆に悪かったことはありましたか?

毎回顔を合わせるので共通の話題も増えていきました・・・。

最後の新作発表会への同行はちょっと気が重い感じでしたね。
皆さんへのお披露目会なので気を遣います。

あとは、せっかくリリースした商品の「売れ行きが良くない」と聞いた時ですかね・・・。
各店舗の売り上げの集計表が出るのですが、あまりに売れないと発注がかからなくなるみたいなんです。
売れない=置いてもらえないのでプレッシャーを感じました。
自分たちで開発した商品だから、我が子のように感じてしまって・・・。

–どんな人がこのお仕事に向いていると思いますか?

まずは「食」に興味がある人でしょうか。
食べることが好きで、甘いものも食べられる人ですね。
「自分のアイデアを活かしたい」と思っている人にも適していると思います。

流行に詳しいことも重要ですね。
市場の流れをつかんでいる方が有利かと思います。

10人くらいで話し合いをするので、協調性もあると良いと思います。
メンバーと話し合いながら、会議を円滑に進めることができる人はピッタリじゃないでしょうか。

コンビニの商品開発まとめ

コンビニの商品開発を社員ではなく、こういった普通の人がやっているというのにビックリしました。商品開発未経験でも2年間勤め上げることができたというのもすごいですね!

また、商品開発と聞いて難しい会議のようなものをイメージしていましたが、実際のところはもう少しフランクな印象を受けました。

ただ、やはり猿でもできるような簡単なお仕事ということでもなく、日ごろアンテナを張って情報収集をしているなど、ある程度センスが問われる要素はあるようです。

あとは作り上げた商品が売れなかった場合の精神的ダメージは、人によってはなかなかキツい印象を受けました。1年ごとに継続するかどうかの審査があるとのことだったので、その査定にも少なからず影響があると思われます。

しかし、その分やりがいがあるそうなので、ものづくりが好きな方や興味がある方はピッタリな副業と言えそうです。

また、商品開発をすることで得るものも大きいと思います。

この方の場合は人脈が広がったとのことでしたが、商品開発を通して世の中と向き合うことで新たな気づきを得られることもあるかもしれません。そして、この経験を元に自分の新しい未来が見つかる可能性もあります。

普段からコンビニをよく利用するという方、流行には敏感という方も、もし募集をしていたら挑戦してみてはいかがでしょうか?

月に10万以上稼ぐなら絶対本業スキルを活かして副業するのがオススメ!

プロ人材の為の副業紹介サービス「プロの副業」では、皆様のライフスタイルに合わせた副業やフリーランス向け案件を無料でご紹介しております。

あなたのプロフェッショナルなスキル・経験・人脈を活かし、ライフスタイルに合わせて「週1」や「月1」から業務可能。フリーランスはもとより、副業でもできるお仕事など様々な案件を扱っております。

<こんな方におすすめです>
・副業をした方が良いとは言うけれど、何をしたら良いかわからない...
・自分のスキルを活かせる業務委託の仕事を副業ベースで見つけたい...
・本業のスキルを活かして、週1か月1くらいの隙間時間で副業の仕事を見つけたい...
・フリーランスで案件を安定させたい...


こんなことでお悩みの方は、是非プロ人材の為の副業紹介サービス「プロの副業」をご利用ください。

 無料相談はこちらから!

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

東京のベンチャー企業で働くアラサー男子です。好きなものは音楽とウーロンハイ。今を生き抜くためのカギ、“副業”についてのアレコレを発信していきます。