起業ってだれにでもできる?資金面や手続き、0円で起業する方法!

副業

「起業」という言葉をそのまま聞いたら、何となくハードルが高いイメージがありますが、実際は難しいことなのでしょうか。今回は、起業を思い立った時に考えるべきこと、するべき行動などを解説していきます!是非読んで、参考にしてみてくださいね!

起業しようと思えば、だれでもできる

結論から書くと、今の時代、起業はだれでもできます!だれでもというのは、今まで働いていた会社員などはもちろん、定年した方や子育て真っ只中の主婦の方、または大学に在学中の大学生など、あらゆる方達を指します。起業がだれでも可能になった理由は、ネットが大きく普及しているからです。

パソコンひとつあれば、自分で製作したイラストや服をネットショップを開設して販売することもできます。クラウドソーシングを活用して、ライター業やウェブデザイン業をより幅広くこなしていく人もいます。

一昔前は、「会社で勤め上げるのが常識」という考えが色濃かったように思いますが、現在は「自分の好きを仕事にできる」時代。自分が好きなことやスキルを身に付ければ、工夫次第で新たなビジネスを生み出し、生きていくことも十分できるのです。

起業を思い立ったら、まず何をするべきか?

自分の得意なことがあれば、「これを活かして仕事にできないだろうか…。」と思うこともありますよね。そう思い立った時、具体的に何を考えるべきなのでしょうか?まずは、自分が主軸としたいビジネスの発想をもっと広げていきます

例えば、「イラストを描いて売る」だけだとひとつの仕事ですが、「イラストを描いて、カフェに営業に行く→カフェ内で展示して貰えないか交渉する」とか、「自分でイラストを手掛けたポストカードやマグカップを、ネットショップを開設して販売していく」など、考えればどんどん発想も広がって、楽しくなってきますよね。

このように、思いついたビジネスはどんどん紙に書きだしておきましょう。頭も整理できますし、書くことで一層アイデアも思いつきやすくなります。もし、具体的なイメージが湧かないなと思った時は、本屋や図書館でマーケティングや起業に関する本を読むのがオススメ!情報をたくさんインプットした分だけ、自分に合った形でどんどんアイデアとしてアウトプットされていくでしょう。

自分らしいビジネスを展開していくためにも、好奇心旺盛になって色々リサーチしていくことが大切です!もうひとつのポイントは、自分のスキルや強みをしっかりと頭に留めること起業をすると、次第に自分に自信が無くなってくる時もあります。そんな時、自分を励ましてくれる存在がいつも傍にいてくれるとは限りません。

自分の自信は、自分でつくるもの。自分のスキルにプライドを持ってブレずに仕事を続けていくことが、安定して頑張れる原動力になります。まずは、「起業する!」と決めることができた自分自身にプライドを持って、堂々と仕事をこなしていく心構えを身に付けることが大切です。

起業に必要な事柄をひとつずつ整理していく

起業にはいくつか避けては通れない必要な事柄があります。

①資金集め

起業する内容にもよりますが、資金が発生することもあります。立ち上げや運営などでどれくらいの資金が発生するのかを、まずはしっかり計算してみましょう。大まかな金額が分かったら、今度は自分のお財布と相談です。事業は自分の貯金だけで立ち上げられて、最低3ヶ月間は運営が可能かどうか、しっかりと熟考してください

この段階を疎かにしてしまうと、後々大変なことになりかねないので、確認しながらお金の計算をしていきましょう。
そして、起業するための資金が足りないと思った時は、資金調達をしなくてはいけません。家族に借りる、銀行の融資を検討したり、助成金、補助金を得る…。

資金集めに関して考えてみると、色々なことが挙げられますが、個人での起業を考えている場合なら、助成金が最も現実的でしょう。助成金は、厚生労働省の管轄での事業者が受け取れる支援金のこと。条件が合えば、それほど難しくない書類を提出すると受給できるので、気になる方は一度調べてみると良いでしょう。

②個人事業者なら、税務署に開業届を提出する

開業届は、仮に提出しなくても罰則のようなものはありませんが、メリットが多いので、個人で起業を考えている場合は、提出した方が良いでしょう。開業届の主なメリットは、確定申告の時に、より節税に繋がる青色申告で申請ができること。そして、屋号で銀行口座を作ることができるということです。

せっかく申請したなら、事業用の経費は新しい口座で管理するのもオススメ。開業届は管轄内の税務署へ提出しましょう!

③困った時のために相談できる機関をチェックしておく

起業をすると、思いがけないトラブルや困りごとにも遭遇するものです。そんな時、頼りになる人が身近にいたら、とても心強いですよね!他にも起業セミナーや、助成金について相談に乗ってくれる窓口も、調べれば出てくるので、まとめて一覧表にしておくとこれから先、何か起きた時にとても便利です!

今は資金0円でも起業できる

冒頭でもご紹介しましたが、現在はネットがとても普及しているので、お金を掛けずに起業することもできるようになりました。「BASE」というサイトなら、無料でネットショップを開設することができます。イラストを描いたり、ハンドメイドアクセサリーを作っているという方は、無料でショップを開設して、すぐにビジネスを始めることができます。

また、クラウドソーシングもとても普及していて、大手のクラウドワークスやランサーズを中心に個人で仕事を請け負う人がとても増えています。ホームページの作成やWEBデザイン、ライティングが得意、という方はこちらでもすぐに仕事をすることができます。

また、ココナラというサイトなら、自分の得意なことを商品として値段を設定し、販売することができます。クラウドソーシングやランサーズとは異なり、自分で値段を決められるのがメリット。

ハンドメイド作品も販売できますし、自分が持っている知識のレクチャーや、WEB関係の仕事を全般的に受けることが可能。ネットショップとクラウドソーシングの良いところを足したようなサービス展開ができます。

0円起業を考えた時は、こういったWEBサービスのリサーチが不可欠。自分にとって合う、合わないというのが必ずあるので、一通りチェックして、自分に合っているサイトを利用してみるのがオススメです!

そして、こういったクラウドソーシングを利用して起業した方は、ひとつのサイトだと仕事の受注にムラがあるので、できれば2~3個登録して、それぞれで業務をこなしていくのがオススメです

おわりに

起業はだれでもできますが、その事業に対してしっかりリサーチをしたり、場合によっては資金面の計算をしっかり行っていくことがとても大切です。現在は0円でも起業できるため、ハードルも低くなっています。「自分の得意なこと、好きなことが、起業をすることでより幅広くなって、可能性も広がる!」という思いなら、是非この機会に、起業を検討してみてくださいね!

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

東京のベンチャー企業で働くアラサー男子です。好きなものは音楽とウーロンハイ。今を生き抜くためのカギ、“副業”についてのアレコレを発信していきます。